自分の「普通の人」度を再認識 

[2006/06/30] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 takkunKiba483さんとの「薄いよ!」話を、もう少し皆さんにも分かるように説明しますと、こちらの∀ddict - [アニメ感想] 見た方がいいかもしれないアニメ20本という記事が面白かったんですけど、20本目の候補まで含めて27作品中、8作品が富野アニメで、「富野成分がやたら多いですが」と書いてあったので、つい、「え?これなら富野分は、まだまだ薄いですよ。」とコメントしてしまったという経緯であります。
 あ、追記を発見!「富野分と言うよりはガンダム分が多い」ですか。(とはいえ7作品。)

言い訳をさせてもらうとあれは他の人に薦める用なので、あそこに挙げた以外の富野作品は「見づらい」と言う人がいるだろうなと思ってのことです。私いち個人としては富野作品を偏愛していますが、ある程度客観的に見ると他のものに比べて一段敷居が高いように感じるというのも理由の一つでしょうか。
∀ddict - はてブコメント返し


 ぐは!他の人にオススメするなどという視点をまったく欠いた自分がここにいました。(笑)
 しかし20に絞るというのは面白そうだと思い、「アニメスタイル」の元記事を少し探索。

WEBアニメスタイル_もっとアニメを観よう 第15回 湯浅政明の「僕的ベスト20」(1)
 なんてマニアック!・・・と思ったら、「かなりバランスのいいセレクション」「普通だなあ」なんだそうで、作画にこだわる人ってのは見てるところが違うと痛感。

WEBアニメスタイル_もっとアニメを観よう_第17回_うつのみや理のベスト20(1)
 アートアニメーションが入るのですね。(私も好きなんですけど、なかなか目にする機会がなくて。)

もっとアニメを観よう - 中澤一登の「衝撃を受けたアニメ10本」
 やっと「作画系」じゃないのが来た・・・かと思ったけど、やっぱ誰の作画パートか指定とかじゃん。(笑)

中澤 じゃあ、「発動篇」ね! 泣きましたね。単純に、あの頃の富野(由悠季)さんと他の演出さんの差がありすぎたんですよ。動きに関しては「発動篇」で感心した部分って、ミサイルくらいなんですよ。ただね、目が綺麗だった印象があるんですよね。
── 目?
中澤 それは、『めぐりあい宇宙』のララァの時も思ったんですよね。真似てやってみても、あの印象と同じにはならないんですよね。やっぱり、難しいですね。
── 目って、バッフ・クラン側のキャラクター?
中澤 バッフ・クラン。凄い透明感があるんです。今観ると、また違うのかもしれないですけどね。


 やっと、富野さんが出てきたよ。ずいぶん「部分」限定ですけどね。(笑)

WEBアニメスタイル_もっとアニメを見よう - 第20回_神山健治の「監督をやるなら観ておきたい20本」
 やっとメジャーな名前が並んでます。(ほっ・・・。)
 ガンダム論はよくまとまっていますね。『母をたずねて三千里』の普遍性という話も傾聴に値する。『フランダースの犬』の一点突破論、『ルパン三世』のデフォルメ論も面白い!

神山 (笑)。「しかも限りなくオリジナルだ」とかですね。今も26本で1パッケージにするシリーズって多いと思うんですが、毎回敵が出てきて倒すっていうかたちじゃないアニメを、連続もので、26本1パックにして、しかもオリジナルでやりきっている。これは初監督だし、勢いがあって若さもあって、やりたかった事も山ほどある。監督のデビュー作でしかできないようなものが、全てが詰まっている。


 『未来少年コナン』はやっぱり奇跡なんですねー。(しみじみ)

 ナウシカ、トトロ論で「本当に目の前にいたら気持ち悪いようなものを、気持ちよさそうに見せるところが、宮崎さんの素晴らしさというか、マジックというか」というところは、ある意味では諸刃の剣なんでしょうけど。「アニメである以上ね、そういう事はやってもいいんじゃないか。」という意見は正しいと思います。(では何がひっかかるのか?・・・うーん・・・。)
 銀河鉄道999!(思わず反応してしまった。)「少年が旅立って成長するという、極めて普遍的なテーマを見事に成功させている。」まさにそれに尽きますねー。
 普通の人みたいな感想で何が悪い!「最近のアニメは、普通の人を、そういう目に合わせてくれないんだよ。」まさにそうそう!(笑)

『うる星やつら』の『ビューティフル・ドリーマー』は「映画」だなと思った。


 これも納得ですね。演出の可能性ですか、なるほど。

 こういう「普通の人」の感覚を理解できる人に、「『ガンダム』である程度完成してしまったリアルロボット路線で、その壁を突き破ろうとした作品は、アニメ史の中で『ボトムズ』と『パトレイバー』しかない」とまで言われると、ボトムズは当然として、いつかパトレイバーも見たいかなぁと思いました。(ビューティフル・ドリーマーにはクリティカル・ヒットしたのに、私はどうして押井監督の作品にあまり食指が動かないんだろう。これも自分で謎。)

 こうして見てきてしまうと私って、とっても「普通の人」!(笑)

 作画・・・かぁ。アニメは好きなんですけどね。プロのアニメーターでもなんでもないから、そこまでよく分からないです。
 「アニメスタイル」はそっち系が強いから。takkunKiba483さんが、これを目にしながら作画ではイタいことが多く、「普遍性」も弱い富野アニメを多く挙げたと思った気持ちは理解できました。

 私がやれるとしたら・・・「独断と偏見によるマイベストアニメ10――あえて人にはオススメできない――」にしか、絶対ならへんわ・・・。

ブログランキング
関連記事

コメント

> 食指

ですね。動くのは。「触手が動く」じゃないですよ~~。「触手を伸ばす」とは言うらしいのですがね。

パトレイバーはね、劇場版は「ダメ」。つまらないから(笑)。オススメはテレビシリーズ。色んな話があるので「パトレイバーの世界」を堪能できると思います。後はコミックス。
劇場版を見て「これがパトレイバー」と思っていると、テレビシリーズに足をすくわれます(笑)。

>

あはは、本当だ。「食指が動く」ですね。まるでエロアニメな話になってしまった。(ぇ?
ふーん、テレビ版のほうがお勧めですか。ますます何かのきっかけがないと見そうもないなぁ。

> まぁ

本当に普通の人は、自分が普通かどうかなんて気にしないんですがね(笑)。

> パトレイバー

純粋に『パトレイバー』という物語を見るのであれば原案者のゆうきまさみの漫画版が一番だと思います。その次が後期OVA→TV版でしょうか。

劇場版、特にIIは『パトレイバー』の世界を使った押井守作品(『うる星やつら』に対する『ビューティフル・ドリーマー』のような感じと言ったらいいのかな?)の色合いが濃いので、押井作品と肌が合わない人はダメだと思います。カメラワークや独特の都市論など、見るところは色々あると思います。

> パトレイバー劇場版は

3作目は押井作品じゃないし、案外原作の雰囲気に近いかも。でもイングラムが活躍してるわりに本来の主人公がほとんどでてこないです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/395-a4e8d867