スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「YouTubeからアニメが消えてる」 

[2006/06/17] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

「YouTubeからアニメが消えてる」──6月15日未明ごろから、こんな報告がネットで相次いでいる。
リンクなどをたどってアニメ作品にアクセスすると、「著作権を侵害しているため削除した」などと表示され、視聴できないケースが多発している、という。サンライズやGDHなど、アニメ会社からの要請で削除したことを示すメッセージが現れる作品もある。アップロードしたユーザー自ら削除しているものも多いようだ。
ITmedia News:YouTubeからアニメが消えた?)


というニュースを目にしました。だいぶ流行ってましたから、来るべきものが来たと言う感じでしょうね。「自ら削除」というのは「ヤバイ」と思った人たちがいたということか。
 このニュースの感想を読んでいると、「ちょっと前までは著作権NGのサイトへリンクを貼るのは堂々とやるようなことではなかった」という指摘があって、なかなか耳が痛かったです。

 この記事に関する取材で、フジテレビジョン著作権課の担当者から意外な話を聞いた。「YouTubeにも困っているが、それ以上に困っているのはYahoo!オークションだ」という。
 「当社が権利を持つ番組などをDVDに焼き、Yahoo!オークションで販売する人が跡を絶たない。ヤフーに告知してアカウントを削除してもらっても、また別のアカウントを取って販売されてしまう」といい、自社の著作権侵害品を毎日チェックするのは「苦行のよう」とぼやく。
ITmedia News:テレビ局がYouTubeより手を焼いているのは……)


 なるほど。このまま行ったら隣の国を笑えないような海賊版大国になってしまいますね。
 you tubeのほうも実際には、削除される端からアップロードするユーザーもいるんだそうで、現状いたちごっこ的状況なのだそうですが、そういう行動が先行きに何をもたらすのかを、もう少し考える必要があるような気がしますね。著作権制度が崩壊したらクリエイターはどうなるのかとか、この種のサイト自体の存続のこととか。
 そこへリンクした過去記事を削除すべきかな、ということも含めて少し考えています。(あくまで個人的な気持ちの問題ですけど)

ブログランキング
 日記的なグダグダはあまり書かないようにしようと少し反省しました。
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(1)

[tag] WEB fc2ファビコン アニメ fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 製作者の利益

気になったのは、どこかへ動画をアップロードしても映像の製作者には収入がない=自分の好きな作品を作っている人の利益にならない、ということへの無理解が多すぎないか?という問題です。

面白くても難解でシリアスなドラマは必ず視聴率が低迷しますし、その点からいえば「料金を支払って見る権利を購入できる」今の正規の動画配信という形態は僕にとっては非常にありがたいです。富野作品『リーンの翼』も高橋作品『FLAG』も、これがなければ成立しない映像ドラマです。見る人を選ぶ映像作品であっても製作者に利益が還元されるということがもっと注目されてほしいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/379-53813abe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。