『千と千尋』の隠し味? 

[2006/06/02] | ネット巡遊記 | トラックバック(1) | コメント(3) | TOP ▲

 今日はネットをうろついていて、ちょっと興味を引かれた話を。

ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
「千と千尋」はなぜ「湯女」なのか

宮崎駿の『千と千尋の神隠し』に関しては柳下毅一郎の対談本『映画欠席裁判』その他で書いてきたとおり、娼館を舞台にした物語である。
しかし、そう指摘されると怒る人が多いんだ、これがまた。


 宮崎さんの作品には全然詳しくないんで、素直に「へぇー」と思いました。言われれば、ナルホドっていう気がします。

「今の世界として描くには何がいちばんふさわしいかと言えば、それは風俗産業だと思うんですよ。日本はすべて風俗産業みたいな社会になってるじゃないですか」
 以下、えんえんと日本の性風俗について語るのだが、要約すると、『千と千尋』は、現代の少女をとりまく現実をアニメで象徴させようとしたので、性風俗産業の話になった、と監督は言っている。


 ふむふむ。「少女が娼婦に身を落として、自分や親の罪を贖うという物語」を象徴的に描いたわけですか。言われると納得なんですけど、全然気が付いてなかった自分がここにいますですね。そこがなんとも複雑です。
 「人は、たとえ監督本人が作品のテーマを説明しても、それが自分の考えていたものと違っていれば、受け入れないものなのだ。」というのは、富野さんの話で慣れていますけど、それでも「国民的大ヒット」になるのだという。考えてみましたら不思議な現象なのですね。

性も含めて、陰影なく何でも等価に商品へと還元してしまう(そのことに対する倫理的歯止めの根拠を失った)現代において、自分を売りながら生きる少女に向かって、「正当な対価以上のものを受け取ると、身の丈を見失って欲望に食われてしまうよ」「刹那的な欲求に流されるだけで、自分の来歴を見失ってしまうと、自分を失ってしまうよ」といった、見る人が見ればモロ分かりな宮崎さんのメッセージ、ほとんどのお客さんには届いてないのが現実だと思います


 上記はコメント欄に書かれているのですが、うまくまとまっているなぁと感心しました。しかし私もそういうふうにメッセージを読めていませんでしたから、「見る人」の数に入っていないんですねー。(笑)
 ご存知のとおり、私は『イデオン』以来の富野アニメ大好きっ子ですが、『未来少年コナン』もこよなく愛していたので、別に宮崎さんは敵視してないし、むしろそれほど積極的ではなくとも注目して見続けているつもりなので、『千と千尋』も相応に一生懸命見ていたつもりだったんですけど。

 「人は証拠や論理よりも、自分の信じたいことだけ信じる」という話はよく分かりました。言われるとおりだと思います。
 でも私が宮崎さんのテーマに気づけなかったってのは、「性風俗と国民的アニメを結びつけるなんて!」というのではなかったと思うし、そうすると単に見る目がないってことなのかな。
 だけど、言いたいことも伝わらないんじゃ世間から支持されてたって駄目なんじゃないんだろうかとも、つい思ってしまったり。(と言うのか、作品としては駄目じゃないかもしれないんだけど、世間の支持には意味はないのかと思ったり。)

ブログランキング
 ところで、これもコメント欄で紹介のあった『千と千尋』評なのですが、

http://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/hondat/view/sen.htm

 これはあまりにひどい言われようだなぁ・・・。(苦笑)
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(1) | コメント(3)

[tag] 千と千尋 fc2ファビコン 宮崎駿 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 千と千尋には

淫靡さのかけらも感じないので、少女が身を売っているというよりは、頑張って仕事をしている部分しか見えなくなるからなんじゃないかなぁ。

宮崎作品はどちらかと言えば好きな方ですが、なんか客観的に観てしまうところがありますね。

あとコナンの頃は、バラクーダ号とかフライングマシンとかファルコとかギガントとか、メカが凄くよかった。

> っていうか

あんな女の子が「体売る」って言っても「こっちが欲しくない」し・・・。あんなヒラメ顔、イラネー・・・。

> 宮崎アニメと性

言葉遣いにせよ仕草にせよ、宮崎アニメの登場人物というのは、いささか時代遅れと呼ばれかねないくらいに行儀がいい。というと言い過ぎかもしれませんが、悪人はいてもいわゆる「クソヤロー」は登場しない。そして、良き行いは必ず報われる。彼は、悲劇を書きませんね。
俺も含め、そういう世界観に共感を覚える人は決して少なくはないのだと思います。

もちろん、そういう部分を「作り物臭い」と言って忌む人もいるでしょうし、「押し付けがましい」と感じる人もいる。それはある意味、正しい。好意的なファンと同じ受け取り方を、違う言葉で表現しているにすぎない。

アニメに親しみが深い人たちには宮崎アニメの評価が低い、というのは興味深い事です。同人でも、フィギュアでも、ガレキでも、これほどコンスタントに出ている作品群にしては不思議な程引用例が少ない。
これは、善くも悪くも第三者が勝手に弄ぶことの困難さの指標のように思います。富野作品も含め、多くのメカやキャラは実に頻繁にそういう「娼婦的な」扱いを受けている。親しく、距離が近い事の裏返しでもありますが、作り手の想いとは隔絶した世界が、そこには確かにある(そしてそれは「芸能というもの」の宿命かも知れない)。
もちろん、このことは「宮崎作品がより正確に受け止められているか」を示すことにはなっていません。好例がナウシカです。

「可愛くて優しくて聖女のような」ナウシカ、というのが多数派の視点ではあるようです。そして、こういった視点を保つ人の大多数は映画版でのみ彼女を知るというケースが殆どだ。
>そう指摘されると怒る人が多い
にも対応した「固定化された視点」が、確かにそこにはあるのですね。

宮崎作品と娼婦性というのは、元来とても相性が良くないのかもしれません。「もののけ姫」にせよ、「千と千尋」にせよ、性の道具として扱われる弱者としての女達を(主題とは言えないにせよ)真正面から描いたものです。富野氏を始め、こういう局面を描いた、または描く事を(世論的にも商売的にも)許されまたは機会を得た作家は殆どいない(勿論ゼロではないけど)事から考えると、これは実に皮肉です。

そもそも「大人の見るものじゃない」ものとしてアニメが今なお成り立っている(エロ同人やアダルトアニメというのは、本当にアンダーグラウンドなものだというのは自覚して然るべき事です)事を考えると、そして風俗を含めた「性」という視点についてはまだまだ禁忌(という事は無自覚の温床であると同時に安全弁であるのかも知れないが)である事を考えると、
アニメというジャンルでこの問題を取り上げる事、問題を提起する事の困難さを改めて感じます。

オタク的アニメ界での主流が上記のような「アンダーグラウンド」的なもので成り立っている事を考えると、じつに皮肉で不思議な事ですが…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/360-1077ac29

「千と千尋」の金隠し

参考:ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 - 「千と千尋」はなぜ「湯女」なのか囚人022の避難所 『千と千尋』の隠し味?千と千尋の神隠しテンテッテテンテ♪(少年ハート)っと