無力感という底なしの淵 

[2006/05/24] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 皆さん、励ましをありがとうございます。
 たぶん、自分の中のどす黒いものと向き合ってしまっているようです。
 どす黒いものは常に私の中にいるのですが、普段は上手に飼いならしているはずなのですがね。
 たとえば風邪をこじらせて、喉どころか気管支が痛いとまで既に感じてしまっているのに、それでもニコチンの禁断症状に耐え切れなくなるような。

 体も弱いが、意志も弱い。

 仕事も、人間関係も。その無力感・・・。

 こんな気持ちでブログでもないだろうと常識的に思ったのですが、でもこんな時だから、皆さんと話してみたいのかもしれないと思い直して、少しリハビリを試みてみます。

<善良な市民>
こんな安易な救済と自己正当化に満ちた映画も珍しい。TV版ではてんこ盛りにされていたアイロニズムがとことん脱臭され、かわりに安易なロマンティシズムに落ち着きました、めでたしめでたし……ってバカじゃないの?
第二次惑星開発委員会 今日のクロスレビュー「機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛」



 完全な失敗と断じ、「この映画版については後日徹底的に論じる用意があるのでお楽しみに」という締めくくりに対して、こころ世代のテンノーゲーム-「善良な市民」の転向?では、こういう意見が出ています。

「徹底的に論じる」ポイントってこういうこというのかな?
nullpo.printStackTrace(); : それは洗脳だ、陰謀だ


 リンク先にあるのは、「現状肯定」批判なのですが。

 ずいぶん都合のいい「現実」の中で、キミとボクとでセカイがどうこうなっちゃう物語について話しているんだったら、現状が肯定されようが否定されようが、どっちであっても「へぇ、そうなの」と思っちゃうんです。それ以上でもそれ以下でもない。
 でも『Ζガンダム』はたとえ新訳されたって、そういう物語では決してない、と私は思うのです。

 セカイ系のわけの分からない全能感とは対極に置かれるような、どうしようもなく深い無力感。その暗い淵の奥底を直視しながらね、暗さの中に耽溺して沈みこんで行くのではなくて、例え、どれほどみっともなく、その淵の薄い薄いへりに必死でしがみつくようにしてでも、無力感に耐えて立たなきゃいけないんだよ。(・・・って書いてたら、なんか涙が出そうになってきた。馬鹿だ、自分。)

 自分が富野さんの作品が好きなのって、そういうことだと、・・・個人的に最悪の状況の中で、何を考えてるんでしょうかね、私ってお馬鹿さんは。

 そうですね、ゆっくり風呂でも入って寝ます。皆さんありがとう。


関連記事

コメント

> ん。

そうだね。
新訳Ζを批判しているのはいわゆる「Ζが最初のガンダム体験」な人たちなのかも知れない。誰でもそうだが「最初の~」は実際以上に素晴らしく思えるものなのだ。だから「やりたく無いオーラ」をまき散らしまくっているTVΖでさえ「素晴らしいガンダム作品」に祭り上げられてしまっている。
富野監督の「新訳Ζ」はそう言う意味では「とっても観客に恵まれなかった作品」かも知れない。

> 新訳Zの意味

ファースト世代にとっては、新訳の方がはるかに観やすいと思った。なぜならそこには確かに希望が見出せたから。しかしZ世代にとっては気持ち悪い作品だろう。外見は同じでも根本的な意味合いが変わっているのだから。

個人的には「恋人たち」の冒頭が好きだ。あんな風に協力しあう姿って、TV版には無かったように思う。きっとそういう部分が、うそ臭く見えるんでしょう。

TV版のカミーユってずっと可哀想と思っていた。アーガマにはWBクルーのような家族的な雰囲気が感じられず、カミーユはいつも孤独そうだった。ところが新訳ではどうだろう。みんながカミーユに声をかけている。カミーユもそれを受け入れている。ならば不幸なラストにはできないだろう。

たしかに物足りない部分もありましたが、それはZが根本的に抱えて部分でもあり、すくなくとも最後まで飽きさせないで観られるようまとめた監督の手腕は素晴らしいと思う。

>

>どうしようもなく深い無力感。その暗い淵の奥底を直視しながらね、暗さの中に耽溺して沈みこんで行くのではなくて、例え、どれほどみっともなく、その淵の薄い薄いへりに必死でしがみつくようにしてでも、無力感に耐えて立たなきゃいけないんだよ。

まさに、富野作品に対するこの認識は正しいと思います。そういう、どんなにダメダメで希望もへったくれもない内容でも、何か別の一面を提示している。逆もまた然り。その二面性をちゃんと描いているのが富野作品のいいところだと思うのです。

ただ、最近はそうでもなくなってきているというか、確かに二面性はあるんだけど。それ以上に説教みたいなメッセージが色濃くなっているような、そんな気がしてなりません。
たぶん、新訳Zが旧訳ファンからそっぽを向かれるような内容になったのはまさに監督の「狙い通り」なんでしょう。ファーストファンを裏切ったゼータを、ダブルゼータでさらに裏切った人ですから。そのプラスに振れたらマイナスへ、マイナスに振れたらプラスへの反骨精神が二面性を生み出してるんでしょうね。

> アンチテーゼの人

富野監督といえば、僕が真っ先に思い出すのは「パターン破り」という一言です。
戦闘メカと言う身もふたもない二つ名のあのアニメは、確かイデオンの次じゃありませんでしたっけ。

彼は、ともかく自作に対しても反証を提示してづけているのだろうか、とも思いました。

そして、「パターン破り」のパターン化という皮肉に陥る。苦悩の長いトンネル。それを越えたからこその最近の活躍、なのかとも思い。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/349-a3e2b47f