絵と声のバランス・・・ 

[2006/05/16] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 ブログの管理人として、言い訳なのかお詫びなのかを書いておこうと思いますが、『もののけ姫』の話から、声優さんの話題が広がってきているんですけど、残念ながらこれについて何か「こういうことじゃないかな?」と言えるだけのアイデアは、今のところ私には何もないんです。
 個人的な感想として、『王立宇宙軍』のボソボソしゃべりには好感を持てませんでした(『もののけ姫』も同様)。絵の部分での表現とのバランス(あるいは組み合わせ)というのは興味深い問題なんですが、正直、私のような低レベルでは考える材料が乏しくて、とてもとても難しい。(降参!)

 とりあえず・・・かなりバルタザールさんにまとめてもらっているので、管理人の出る幕無し。(汗)
 スカルさんはアニメ的なデフォルメ表現と声の演技のバランスということを言われる。アニメ作品の成り立ちという中では、それは私もナルホドと思います。
 ・・・私は一般論として、「実写フィルムに比べてアニメ絵の情報量は少ない」と考えたので、これを補う意味で、声優はオーバーアクションを要求されるんだろう、ということを書いたつもりでしたが、アニメ的なデフォルメ表現にも同じようなことが言えませんか?(前回の自分の書いた記事がかなり崩れた文章なので、意味が通じてなかったらすみません。)
 観客が満腹を感じるトータル情報量にはある程度の基準ラインがあるとして、例えば
『王立宇宙軍』デフォルメ少、声ボソボソ系、絵は緻密
『もののけ姫』デフォルメ多、声ボソボソ系、絵は並
富野アニメ  デフォルメ少、声オーバーアクション、絵は低調
・・・という解釈(情報量の総和は似たり寄ったり)をすると、スカルさんとは真逆なことを言ってることになります?
 個人的に、画面もぶにゅぶにゅ全開で、声までハイテンションというものを想像してみたら、それは見ていて耐えられないんじゃないかなぁって。

 富野監督のキャスティングの話は、富野さんが「声優」という、かつて日陰の職業だった人たちに光を当てる時代を生きてきたこと、監督自身も日陰ものの「漫画アニメ屋」から注目されるクリエイターへとなってきたこと、などの経緯も複雑に絡んでいるんじゃないかと思ってますが、実際よく分かりません。とにかくすでに名声を確立した人よりは、新しい表現の可能性を常に探していると解釈すれば、とても前向きだということになるのでしょう。

 全般的な流れの話として、絵のほうでの表現のインフレ的なエスカレート(特にグロい表現が目に付きます)と反比例して、声の方での表現はボソッボソッとつぶやくようなのがカッコいいとされる傾向があるように私は思うのですが、富野さんはしばしばその逆を行くような。(大衆はむしろグロが好きとすれば、流れは大衆に迎合する方向なのか?それとも技術の限りを見せ付けてみたいクリエイターの本能なのか?)
 そういういろいろなことについて、今の私には「こういうことなんじゃないだろうか」という、うまい解釈が出てこないので、なんだかとても残念なのです。

ブログランキング
関連記事

コメント

> 声優さんの演技

アニメの声の演技って、基本的には演技過剰であり、絵の情報不足を補うためには不可欠な要素であり、また絵の傾向により、演技の質も自然に変わってくると思います。

そういえば、ドキュメントダグラムとチョロQダグラムという映画がありましたが、同じキャラが登場するにも関わらず、作品の世界観の違いが演技の差に現れて、続けて観ると興味深いものがありました。

宮崎作品のヒロインって基本的には、ぼそぼそ喋りなんだと思う。ナウシカ、シータ、キキなど、声優さんが違うのに、なんだか声の出し方が同じような気がします。それと劇場作品がメインのため、登場人物が限られてしまうことから、ややキャラの幅が狭くなっているような気もする。

それに比べ富野作品は、テレビシリーズ中心で、キャラが多く、割合個性的であり(最近は特に描き分けが凄いと思う。例えばディアナとキエルなど)、登場キャラが多いことから、ギャラの高い声優が使えないため、結果的に意外なキャスティングになるのかも。
それとあの独特の台詞だと、喋りも大げさになるんでしょう。

> 自分の自由

キャスティングに関しては、富野さんがいちばん自由にやっていますね。

「アニメ専門じゃない人も入れて、異種が混ざるよう気を配って作品を作っていたのは、日本では宮崎さんと高畑さんだけです」

講談社刊の『∀ガンダム記録集』で富野さんが直々におっしゃっていたことなのですが、∀制作に入る前からこのことを気にしていたようです。例えばロランの声を演じた「朴路美」さんに目をつけて鎌倉まで芝居を見に行って、最初から主役を彼女に演じてもらうつもりでオーディションも受けてもらっていますし、業界の垢がついていない、素性のよい人を探すのにとても熱心になりました。

『劇場版・Z』では逆に、アイドル声優である「ゆかな」さんからよい素質を引き出す試みに成功しています。自分ができる限り自由に才能を探せる環境を維持するために、わざと知名度が上がらないようコントロールしているように、僕には見えます。

> 劇場版ガンダムで

倍賞千恵子さんがアムロの母カマリア役だった事、忘れられてるのかなぁ・・・。そう言う面では富野監督の方がよほど「先駆者」だと思うんですけど。

あと、デフォルメについて言えば富野作品のデフォルメは「多い」方だと思いますよ。特に「アクション」については。いわゆる「止め絵」以外に「動作」のデフォルメもあるので、そこまで入れてほしいです(オネアミスの翼がデフォルメ少というのには異論ありません)。絵のアクションと、声のアクションが合っていないと「とってもバランスが悪い」のですよ。
これは実写でも「ハリウッドのアクション映画で俳優がぼそぼそしゃべっていたら」とか、日本映画(たとえば「ぽっぽや」とか)で声だけハッチャケていたらとかをイメージしてもらえればわかりやすいと思います。もののけ姫は「ぼそぼそハリウッドアクション」なのです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/341-a70a62fe