相対化って難しい 

[2006/04/30] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

第二次惑星開発委員会 新世紀エヴァンゲリオン(後編)

 今日は、この長い長い対談を読んだりしてたんですが。いろんな人がいろんな立場でいろんな発言してるので、個別に気になることもいろいろあったんですけど、全体としては拡散していっちゃうのかなぁと思いつつ。

「自分の時代には特別な変化が起きている/だからこの変化を敏感に嗅ぎ取っている自分達は特別だ」って思い込みはかなりどうしようもない。自分たちの時代(の表現こそ特別)って思い込みたい人って一定数発生するんですよ。頭が悪いくせに真面目なせいで理屈っぽくなった層に(笑)。
(善良な市民)


 このへんが、「はっ!」と思いましたね。これはエヴァの話なんだけど、Ζガンダムの話をしているときに、やっぱり直撃世代の人たちとの間に感じたこととか。そこから翻って考えてみると、自分がファーストガンダム直撃世代だったり、というよりヤマト世代だったり。(「直撃世代」って言うのも本当は難しいんですよね。ヤマトを小学生で見た人と中学生で見た人では、直撃の意味が違うだろうし。)
 だから“相対化”した視点の大事さというのは共感できるのです。ただ、何が何でも相対化しなきゃ話せないというのでは、失語症になってしまいそう。一人一人が持っている視聴体験というのは絶対的なものなので、遠慮なくどんどん語ればよいのではないかと。いくつもの絶対的な体験が交わっていったところからしか、相対化というものは成し得ないから。
 しかし、それにしても、リンク先で話されているぐらい、いっぺんにいろんなことが「わーっ」と語られてしまうと、情報量過多なのかどうなのか、相対化された総括っていうのは容易なことではないのかなぁとも思うのです。
 っていうか、私なんて、「頭が悪いくせに真面目なせいで理屈っぽくなった層」の典型だったりするのかなぁ。
 相対化できる頭が足りないから、自分の視聴体験の話に終始してしまう?
 でも、だから自分の頭の中で整理できないことを、ここでいろんな人と話す中で相対化したいと思っているのかもしれません。
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/320-c4cb46d0