調子に乗っちゃいけませんよね 

[2006/04/23] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 たまに少し真面目っぽい話。昨日は、全国的にちょっと有名なNPOの人の話をきく機会があったんですけど、その活動自体は評判だけあってすごく良い感じみたいでした。ただ「変だなー」と思ったのは、「これからはNPOなのよ。似たような公的サービスなんか全部やめちゃえば良いのよ」みたいな断定をずけずけと言うスタンス。
 一緒に話をしていた他の人が、「“民と官”という対立で考えるのじゃなく、協力し合って“公”というものの在りかたを考えなきゃならないんじゃないだろうか?」って、すごく良いことをいったんですけど、「NPOは“民”ですから!」って、勝手にプンスカしちゃって、ぜんぜん話がかみあわないし。有名NPOのその人は、「私は何時でもどこでも自分の意見はハッキリ言うんです!」とか言ってガオーガオーと吼えておられたのですが・・・。
 意見をハッキリ言うのはそりゃあ良いけど、少しは人の意見にも耳を傾けろよな、と。それと同様に、自分たちの活動がうまくいっているからといって、他の活動のやり方を全否定っていうのも、正直どうよ、と。
 活動自体はいいものなので、シンパも大勢いるらしく、影響力もけっこう大きいようでしたが、だったらなおさら、もう少し考えてモノを言ってもらわないと困るんだけどなぁと、正直思ったものでした。
 前にも少し書きましたが、私もほんの小さな組織ですけどNPOのお手伝いを少しだけしています。それでちょっとびっくりしたんですけど、NPOって公的な補助金とかけっこう貰ってるのに、(ここだけの話、)経理とか監査とかって、ぜんぜんザルでもなんとかなっちゃうんですよ。(笑)
 まあ、だから柔軟な活動ができるっちゃぁできるんですけど、正直、「これだったら不正が行われてもわからないなぁ、と。(え、うちの組織だけ?でも審査したのは同じお役所ですよ・・・。)
 「官から民へ」という論議の中で「公」ということを考えるのは、とても大事なことだと思います。「官」に対して「民」なら、「公」に対しては「私」ですよね。NPOってのは「官」ではないけど「公」ではあり得るところに価値があるのじゃないかと私は思うんです。
 私は最近、起きていることは「官から民へ」よりも、「政」「財」「官」の関係の中で、「官から財へ」だと感じてます。国や自治体が直営で行っていた公的なサービスを、企業のビジネスチャンスに提供しようというのが竹中さんの理屈だと思うのですが、いきなり商売っ気丸出しにされても住民の反発を買う部門も少なくないですよね。NPOっていうのは、そこでちょうどいい受け皿(ワンクッション)なのですよね。官か民かといえば、民だけど、公的なものでもある。だからこそ、「公」だという意識をしっかり持って、多様な意見や考え方も理解しながらやってほしいものだと。
 「ワンクッション」と言いましたが、お役所直営のサービスを廃止するときは抵抗は大きいですけど、今はどんどん推進しているNPOへの補助を、やがて水道の栓を締めて行くみたいに先細りさせていくのは目立ちませんからね。そうやって官からNPOに委ねられた公的サービスが、先細っていってしまうと、残るものはまぎれもなく「私」である企業でしかない。
 予言ではないですが、直営サービスの切捨てがある程度軌道に乗ったら、NPOへの監査のあり方は厳しく見直されると思います。(今は意図的に甘くしているとしか思えない。)そこで経理をきちんとできないところは淘汰されていくでしょう。
 
 「絶対に正しい」と自信が持てることでも、他の考え方を全否定してみたり、少なくとも人の意見に耳を傾けなかったり、そういう態度ではダメだと思いました。ここで話してきたネット社会の話にも通じるのですが、「公」とはそうしたものなのではないのか、と。
 
関連記事

コメント

> 私にゃ何も言えんなぁ。

単なる「お調子者」かも知れないし・・・。
直接見てないとなぁ・・・。

> ふむ

わたしも 闇のNPOでも作ってみるか~(笑)

> そして儂らは個でもある

結局パブリックなものに対峙するのはパーソナリティなわけですが、ここの自覚は確かに、私ら苦手なものですなあ。

政界、財界、市民団体。それぞれが「われわれ」の代弁者である訳だけど、そしてコミュニティを形作る中で「わたし」らもそれぞれに沿って行ったりするだけど、やっぱり個々に言い分違ったりして、「コミュニティ」と「メンバー」の乖離とかはやっぱ起きちゃう時あるよなあ。で、
それぞれのコミュニティの運営管理として、その辺の意見交換とかエラー修正とか、システムを上手く動かしてくれよ、と文句言うのはかんたんだけど、じゃあそういう提案とか意見の表明とか、個としてちゃんとやってるか?って訊かれたらもう全然やってないっす。

俺は(以前022さんがコメントなさった)狭い世間の住人なんですが、それでもずいぶんいろんな意見の持ち主と話す機会もあって、そういう中で改めて、「俺は今何を考えとるのか、俺の『当たり前』って『この場』ではどの辺なんだろか」っていうのがまず有りきなんだなやっぱ、というのをようやっと学びつつあるとこです。

やっぱり、おとなって、たいへんだね。
だからといって、放棄する気は毛頭ないですけどが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/312-70175cf5