スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お隣から見た我が家 

[2006/04/20] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 「ガノタ界最凶のモヒカン電波サイト」をキャッチコピーとしておられるKitaさんのサイト「G_Robotism」に、また面白い記事がありました。(4月19日付雑記)

常連の方は以下の3タイプに妄想大別しています。ただ、流石にこういった本音剥き出しは「言わぬが花」が常識的判断なのですが、身もふたも無い事だけが唯一のウリの当サイトですので当然容赦はありません。


 お代官様、ご容赦くださいませ~。

Aタイプ・御大なブロガー
 おとなりから「何でもいいからネタになりそうな話」を探しにこられる富野ウォッチャーで、最初に見た所は「御大インタビュー」。


 「Bタイプ・考察ガノタ」「Cタイプ・メカオタク」については各自リンク先をご確認くださいませ。
 で、なぜ「御大なブロガー」だけを抜き出したかというと、まあ言わなくてもわかりそうなものですが、まぁ、お隣から見た我が家はそういう感じなのかな、と。(笑)
 ちなみにお隣は確かに「ネタになりそうな話」は山のように埋まっている夢のマウンテン・サイクルなのですが、けっこう核爆弾も埋まっていそうなので、うかつに発掘すべきものではありません。(気をつけましょう!)

昔富野作品にハマっていたもののオタク中断期間が長く、エヴァとマスターグレードの影響でオタクに復帰し、髭ガンで再び信徒化。


 『エヴァ』は最近ようやくちゃんと見始めたところで、マスターグレードは恥ずかしながら買ったことも実はありません。
 「オタクに復帰」(笑)…お隣から見ても私、オタクと認定されますかねぇ?(以前、子犬さんに「信者」認定してもらえましたが、今はどうでしょうか。)「髭ガンで再び信徒化」は、あえて否定はいたしませぬ。ただマスタグレードではなく、どちらかといえばガンコレという感じのチープさだと申し上げればよろしいでしょうか?

自分がオタクとしてヌルイ事にコンプレックスがあり、社会問題等に興味を持ちメタ視点から作品を分析する事でガノタとのステージの差別化を図る。


 あ、今、自分が「チープさ」と言った。これが「コンプレックス」というやつか!(笑)
 「差別化」ですか?そんな立派な戦略はないんですけど。(っていうか、しののめさんからは「Ζ祭」早々と終了疑惑まで持たれてました。今、見ているブレンとエヴァが、どっちも感想を書きにくい作品なので、アニメじゃない話題が続いております… 汗)

憧れのブログは ARTIFAC(略)


 てへっ、実は完全に憧れるほど、まだよく読ませてもらっておりません。「はてな」界隈をうろうろし始めてみたら、気になる記事があったら「ARTIFAC(略)」のものが多かったという感じで。そこ単独と言うよりも、「はてな」的なるもの(ブレン的言い回し?)に魅力を感じ始めていることは、否定いたしませぬ。これは大げさに言えばSNSに対置しうるような面白い実験がいろいろ試されておりますですよ。
 …うちの常連の方々を「妄想大別」でタイプ分けしたらどうなるんだろう?なかなか難しそうですね。

ブログランキングにほんブログ村 漫画アニメブログへブログランキング

↑気まぐれで久しぶりに並べてみました(笑)
関連記事

コメント

> なんだろ

どう見ても「俺の居場所がない」な。これはすなわち「来るな!」って事だろうか?

寂しいのぅ。

> 感想が書きにくい作品

エヴァはともかく、ブレンは確かに書きにくそうだ。ただ「観てください」(byシャクティ)としかいいようがないですね。
ガンプラファンにとってはブレンはどうも視界に入らないようですね(苦笑)。

> 大事なオチを入れ忘れ・・・

実は3タイプとも一人の人物をモデルにした物でして、誰なのかは言いづらいのですが「最凶ガノタ」を自称している人です(笑)
ただ「エヴァとマスグレ」といった「いかにも多そうなタイプ」の脚色を色々加えたので、同一人物とは気づかれないだろうなとも思ってはいましたが・・・。

また、あの後に自虐オチが無いのは芸風上バランスが悪いものの、後日に上げるとそこだけ先に読まれてしまう可能性がある事に後で気づき、自白を切り出すタイミングが遅れてお騒がせしてしまったのはこちらのミスです。


なおちなみに、特定の他人をモデルにしたという訳でないのは大体下の様な理屈です。
http://ekken.blog1.fc2.com/blog-entry-82.html

まあ、私が他人を批判する心は持たないなどという事も流石にありませんが、「あぁ、多分この人の中での“オタク”の意味が私とは違うのだろうな」という具合に毎度良心的に解釈してしまうので、その辺が明確でない以上はあえて脳内ゴングを鳴らす必要もない訳で・・・といった所です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/310-e02c0bb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。