“エレガント”になれない私・・・。 

[2006/04/12] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 “競争”の話題について、バルタザールさんとラジヨさんにコメントをいただきました
 自然界のことを考え始めると、競争っていうのは一度はじめたら、ある程度“生死を賭けた”ところまでいかないと勝負が付かない。だから無用なところでは、めったやたらと競争をおっぱじめたりはしないってことなのかな、と思ったりしました。
 それに比べると人間は競争好きなのかもしれないんですけど、毎度生死を賭けたところまでやり合ってちゃ身がもたないから競争の“ルール”を決めようとする。ところがそこで、“ルールの決め方”を巡る競争が、往々にして、また生じる。
 で、このループを延々繰り返していくと、今の世の中で生死に関わるものといえば、シンプルに考えるとかなり“お金”?しかし「どの時代どの国でも通用する通貨はない」のだから、これとて絶対的なものではない。だからといって、じゃあ腕力(国レベルでいえば軍事力)なのかよ、とまで考え始めたら、この世は闇ですな。
 「大人の男が子供と遊ぶ時間が多い社会ほど豊かである」という定義は素敵ですね。しなくてもいい競争を最小限に抑えることが、ルールの中でも最重要なものであるのかもしれず、それはそのまま自然界の在りようであるのかもしれない、などと思いました。
 “モヒカン族”の話のほうへ繋げていくと、たくさんの人がハッピーになれるエレガントな方法(全体最適化)というのは、その“しなくてもいい競争”を最小限に抑えるためのルールのことですね。
 WEBの話は分かりやすいんですが、HTMLの書式は共通規格だからこそインターネットが成り立つ。なのに、マイクロソフトもネットスケープも自社のシェアを増やすために、自社のブラウザでしか表示できない機能を搭載して他社との差別化をはかった時期があった。・・・エレガントな競争じゃないんだよなぁ。だから機種に依存しない本当の共通規格を決めようよ、というのがW3C(World Wide Web Consortium)なのだそうです。(雑駁な知識ですみません。)
 で、CSS( カスケーディングスタイルシート)というのは、HTML文書の文書本体の部分と装飾の部分を別々にするために同じくW3Cで規格化された、ものすごく合理的な機能です。ただ、現在世界中で使われているウェブブラウザの実数全体の中で1%以下だと聞きますが、CSSに対応できない機種があるのだそうです。これこそ「たくさんの人がハッピーになれるエレガントな方法」だと思うんですけど、ごく僅かとはいえ、その幸福から除外されちゃう人がいる。それを当然だとか、やむないとか言って切り捨てた時点で、ある意味では差別・抑圧への加担なのだという認識は持つべき・・・なのでしょうね。
 というわけで、スカルさんはもしかしたら私以上にモヒカン度が高いようですが(笑)、モヒカンで手斧を持った原理主義者と傍から見えるのも不本意じゃありませんか。
 「合理的」ってのは有力なんですけど、「理由があるから、これはこれでいいんだ」にならないようにお互い気をつけましょうよ。(「真偽の二項対立そのものを脱臼させる」ってのは、案外私の得意技のような気がします。)
関連記事

コメント

> 子供と遊ぶ

苛烈な境遇にさらされていない、食住に関して恵まれている生物ほどこの傾向が見られるようです。昔はボノボなどの、チンパンジーより遺伝的に人に近い動物にしか見られないまれな現象だったのですが、最近では肉食のトラなどでも、環境に恵まれていれば遊び相手になることがわかってきたようです。

父性というのは母性にくらべるとうさん臭いと考えられていましたが、人や霊長類でなくても存在するようで、「お父さん」の価値を現在考え直している最中です。本能ではないにせよ、生物の幸福のバロメーターかも知れないので。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/298-af3faa9a