争いごとは嫌いなのですが 

[2006/04/09] | 「おたく」な話 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

なんかサブカルとおたくは仲が悪いという話をよく聞きます。本気で違いが分かりません。ある要素を取り上げて「これはサブカル」「これはおたく」と判断することはまあできますけど、そこにどんな分類基準があるのか身体的に理解することができません。
(魔王14歳の幸福な電波 え? 「サブカル」って「おたく」をカタカナで書いたものじゃないんですか?


 サブカルとおたくは仲が悪いのかどうかもよく知りませんが。(笑)
 それはけっこう違うだろうと思いながら、こう聞かれると、どう違うんだか上手に言えない自分がいるな、と気付きます。
 「まあロックだってメタルとパンクがいがみ合ってるし」で納得しちゃうのか? 私はますます分からなくなりそう。
 でも「どうしていがみ合う必要があるのか」と言われると、ちょっと気になりますね。「ファーストガンダムと平成ガンダムとか」ですか。

 もちろんその大多数は両方に関心があるか不干渉を保っていると思いますけど、なぜか喧嘩を始めてしまう人たちがやっぱり一定数いるわけで、しかもそういう争いって傍から見てると「どっちも似たようなもんじゃん」で終わってしまうものなのです。


 「当人達にとってはぜんぜん違うことでしょうし、そのこだわりは大事にして欲しいと思いますよ。それが不和のタネにさえならなければ。」って言うけれど、そりゃ争いはイヤなんだが、むしろ傍から「どっちも似たようなもんじゃん」みたいに言われたりするから、しなくてもいい不毛な争いが発生するなんてことはよくある話のような。
 …って、なんか本当にサブカルとおたくの話だったのか、これって? あ、そうか、区別が分からないって話だったんだから、とりあえずそれでもいいのか。

 おたくは特定の行動をする人種を指す言葉、サブカルは特定の嗜好を指す言葉だと認識してましたが、正直よく分かりません。まあ、仮想敵を作りたがる人ってのはどこにでもいますよね。ネットだと相手が見えないから、なおさら。
SSMGの人の日記


 この解釈で少し納得。行動と嗜好の“対象”(例えばアニメ)が完全に同一ではないというところがミソですかね。ただ傍から見れば同一以外の何ものにも見えない(アニメはアニメ、どれでも一緒)というのが現実。で、どう相手を排除しようとしてみても、それは不可能なのだから、仮想敵を作りたがるってのは、やっぱり愚行なんでしょうね。
 はてなブックマークを見ると、結構いろんな人が関心を持って、いろんなコメントを述べていて、「最先端の人は作ったり調べたりに忙しくて喧嘩してられんでしょ。勝手に敵意を持たれる事はあっても。もっと前向こうぜー。」みたいな前向きの意見もあれば、「『文化』なんてそんなもんでしょ?」ってな冷めた見方もあり、 「いがみ合ってた方が文化が活性化するから、不毛でもどんどんいがみ合え」なんて意見もまんざら間違いではないようにも思う。
 
 何かを支持して「よかった」という記事を書くのは、「つまらなかった」と批判する記事を書くのより、少なくとも自分の言葉で書こうと思ったら大変なことだという気がしています。
 でもこういう記事こういう記事を読ませてもらったりすると、批判ってのもちゃんと考えなきゃ駄目なんだろうなぁって。

 「勝ち組負け組」の話は、もともとは多数派少数派の話からはじめたのに、いつの間にか経済的勝者の話にしてしまったのは私でした。すみません。

「経済的勝利を、自分にとっての「勝利」だとしてしまった方が、他のやり方よりも「楽」だ」という文脈

なのはzsphereさんのご指摘のとおりで、なぜそれが楽かというと、それが「勝ち組」についての認識の多数派だからなのでしょうね。(経済的勝者はむしろ実数では少数派のはずなのに、どうしてそうなるんでしょうかね~。)
 いや、「経済的な勝ち負けもバカにならない」ってのは私も非常に身につまされる話ですが、何かにつけて勝ちにこだわる人が世の中には本当に多い。
 私は、よく周りの人から“敗北主義者”って言われるんですよねー…。

orz

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ
関連記事

コメント

> パンクとメタルって

いがみ合ってるんですか?
・・・私はパンクが好きですが、幼稚園時代からの友人はメタルですよ。メタルにはメタルの良さがあります。パンクにはパンクの。
全然違いますけどね。

「勝ち組負け組」の話で一番の問題は「負け=無価値」という誤りがまかり通っている事だと思います。大体、一度の敗北で終りにしたがり過ぎなんですよ、日本人は!
潔くない?結構じゃないですか、だってまだ生きてるんですから。生きてる限り頑張って何が悪い。生きてる最中に結果を勝手に出すなって言うの。

>

「おたく」は人であって
「サブカル」はサブカルチャーじゃないですか?

サブカルチャーには待っている人たちを
「サブカル」というのかどうかはよく分かりません。
単に「サブカルオタク」だと思っていました。

>何かを支持して「よかった」という記事を書くのは、「つまらなかった」と批判する記事を書くのより、少なくとも自分の言葉で書こうと思ったら大変なことだという気がしています。
あー、それは
「よかった」の反対は「わるかった」
「つまらなかった」の反対は「おもしろかった」
だからですよ。
そりゃ、個人の感想で面白かった、つまらなかった言おうが構わないでしょう。

>何かにつけて勝ちにこだわる人が世の中には本当に多い。
どの状況の勝ちを言ってるのかは分かりませんが、
講談社新書の「他人を見下す若者たち」という本が最近平積みされてたので
そのあたりを読んでみるとよいかもしれません
(私も斜め読みしかしてないですが)。

> 正直区別がつきませんが

自称「サブカル」の人とは仲いいですよ?
普通は違うのですかね

> 「個性の時代」の隔絶って事なのかな。

自分とは違う価値観の持ち主と友人になる事、はそれほど困難ではないと思うのですが、
自分の持っていなかった価値観そのものを知ろうとする事、には結構困難が伴うものかもしれません。
寛容と共有のちがい、って感じかな。

実際、凄い冒険なんだと思います、当事者にとっては。でもって、既にその価値観を取得済みの人、もしくは均等に距離をおいて俯瞰出来る立場の人、にとって見るとさほど高いハードルには見えないものなんでしょう。

先日ご紹介のあったマンガレビューのサイトを拝読し、何となく思ったこと。
個性の違いは、とりもなおさず各々の背景の違いでもある。各論に拘泥しないように務めるひとつの手段として、発言者の背景を理解しようとする努力は大事かもしれない。
だけども、中立であろうと努めすぎて、雲の上から俯瞰してしまうと、今度は生の感覚が共感出来なくなりかねない。

ほどほどのところで、踊れる馬鹿でもありたいなあ、と自分では思います。

> 部族

大学時代の講義で「君はどんな音楽を聴くの? という問いは、どんな部族なのかをも尋ねられている」と言われたことがあります。似たもの同士ほど細かい差異に気がつき、争いの回避はたぶん不可能なので、「いい戦い方」を考えるしかないでしょう。僕自身はどちらにも属しない替わりにどちらの言語も翻訳できるよう務めているのですが、これが非常にむずかしいです。

僕も美術大学に在籍していたので「サブカルチャー」はOKで「おたく」はNGという環境には苦労したものです。それがいまや、ヨーロッパの若者達をとりこにしている現状を見ると複雑な心境になります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/291-269052e9