スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメを“劇”として見てくれる人は多くない 

[2006/03/29] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

Invitation 2006年4月号 富野由悠季インタビュー「映画というものが分かりかけてきました」:シャア専用ブログ

 『ブレンパワード』を見てしみじみとよく分かったんですが、私は富野アニメがビジュアルアートとして好きなんじゃなくて、パフォーミングアートとして好きなんだということ。(アートという言い方が許されるんだとしてね。)

 ブレンなんてのは、絵としてみたら、少なくとも私の趣味とはかけ離れてるんです。キャラクターもメカも、たぶんあんまり好きじゃない。だけど、この作品は今までに見た富野アニメで一二を争うぐらい好きだと断言できる。(たぶんトップ争いをしているのは『THE IDEON』。)
 イデオンのキャラクターもメカも、考えてみればあんまり好きではないので、要するに好きなのは、その“劇”が好きなのです。
 “物語”が好きという言い方をしてしまうと、文学的に好きみたいになってしまうのだけど、そうではなくて、“劇”として好きなんだと。だからノベライズとかでは駄目なんで、アニメとして提示されたものが好きなんです。

 そういうわけで、「劇映画」という言い方がとてもよく分かる。

劇とは情の繋がり、情の寸断、情の絡み合いで成立しているものです。


 好きだから、私には、この言い方がすごくよく分かるんですけど、多くの人は、アニメを“劇”だと思ってみていないから、これって通じない言葉なんだろうな、ということもなんとなく分かってきた気がします。
 「映画館に来る、いろんなタイプのお客さんに観てもらいたいと思った」のもよーく分かるんですけど、“劇”だと思って見ていない人は、「いろんなタイプ」の中に入っているのかなあ。(素朴な疑問)
 ただ「ガンダムという強力なスペクタクル・アイテム」を目当てに劇場に来た人は、そう簡単に「男と女の話」を描いた劇を意識できないと思うけど、それは意識下に残る描き方をされていると思うから、今すぐに認められなくとも無駄な仕事ではなかったと私は確信いたしますよ。
 「劇空間」ということが、要するに分かるか分からないかなんです。劇空間が現実空間と地続きでないことを、いつになったら分かるんだって言ったって、分かる気がない人には永遠に分からないのだって。(別にそれは選民思想とかではないけれど、)

でもSEXというものは、バーチャルな世界で内向的に愉しむものではなくて、日常のふれあいのレベルから体感して身につけていくものであるという公認論をもっと教えてあげる必要があると思います。それが劇映画の劇、芝居という形をとって、観客という公衆の面前に対して語らなくてはならないことだと思います


 分かるんだけど、ある意味、国民的倫理観のゆがみへの挑戦であるから難しい。けど間違いなく大事なことですね。

 宮崎駿は「とんでもない巨人」だけど、そればっかりだと「ファンタジーまみれのだらしない映画の状況」を生むと言いたいのかな。言いたいことを理解するには『中国の小さなお針子』とか『みなさん、さようなら』といった映画を見てみるべきなんだろうなぁ。「本当の映画」かぁ・・・。

みんなが観て分かる話を作っていくのが映画だと、僕は思っています。


 こういうことをまともに言葉にしてしまう、この人の不器用さが好きです。アニメを“劇”として見ようとしている人なんて、ほんの少数なんだってば。でも、そんなの分かってて、こうやって言葉を吐いているんだろうなぁ。

 批評をする人たちはカッコいい言葉でしか語らないから、作者本人がカッコ悪い言葉を言わなきゃならない状況なのかもしれないとか思って、微力ながら私は、カッコ悪い感想をなるべく堂々と言わなきゃいけないとか、変な使命感を感じたりする次第。力及ばず、難しい言葉ばかりが並んでいるように見えるなら、それは私の理解力の不足ゆえのことなので、遠慮なくご指摘くださいませ。

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ
関連記事

コメント

>

>イデオンのキャラクターもメカも、考えてみればあんまり好きではない

個人的に湖川氏の絵は嫌いなので同意しますが「あの絵だからこそイデオンは名作なんじゃないか?」とも思います

難しい事は分かりませんが、アニメでも劇でも「見て」物語を感じてる訳だし・・・

> 富野作品って

多少作画が悪くても、だんだん気にならなくなるんですが、宮崎アニメだとそうはいかない。そのあたりが2人の資質の差だと思う。(虫プロと東映動画の差かもしれんが)

そういえば「もののけ姫」を観た時、なんとなく「逆シャア」を思い出してしまった。どことなく近い感覚があるんですよね。しかし、逆シャアの方が展開に迷いが無いような気がする。宮崎作品ってどこか湾曲するような感じがあります。

ところでブレンやターンエーの表現方法って、どうして判りにくいと捉えられるのでしょうね?近年あれほど感動した作品はないんだけれど、、、。

> ∀が判りにくい!?

・・・そりゃまた・・・。
私は「随分ストレートな・・・」と思ったんですけどねえ。。。ブレンパワードは見てないから判りませんけど。
人それぞれです・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/279-08907e74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。