スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が子どものたわ言を聴けるか(笑) 

[2006/03/12] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

『星の鼓動は愛』もう一度見直してきました。やっと少し冷静に見れたかな?
「誰が子どものたわ言を聞けるか」でしたね、ブライトさんのセリフは。しかもラストワードだったんだ!

エンディング曲『Dybbuk』には、やっぱり違和感ありませんでした。Ζガンダムっていうのは、つまりはああいう物語だから。たださ、とにかく歌詞が聞き取りにくいんだ!(笑)
根本的には、残念ながら、それが全てなのかもしれないですね。

だから今、『Ζガンダム』という物語をどうしてリメイクしなきゃいけなかったのかっていう意味が問題なんだろうけど。(あえて新作ではなくてね。)
間違ってしまった過去を、正しく描きなおしてみても、それで過去が消えるというわけじゃあないし。

でも、今は分からなくても、いつか“気付き”っていうのはあるのかもしれないし。そういう書き置きって言うか、ラストメッセージみたいなもんなのかなとも思えてきました。

「分かるまいっ!」

しかし富野さんは、『ガンダム』という作品に責任を感じすぎなんじゃないかというのは、本当にそうですね。まともに向き合いすぎる。もっとアバウトでいいんだってことなんだけど。でもまあ、責任はよく果たしたと思いますよ。

「カミーユは何のために闘ってたのか」って問題ですけど、「闘いを終わらせるため」って実は以前からはっきりしていたはずだったんだけど、20年前の闘い方では終わらせることが出来なくてよく分からなかったのが、今回は、なんとか終わらせることが出来た気がします。
いや、闘いたい人間は『Dybbuk』に象徴されるように、どこまでも戦いを止めようとしないだろうけど、少なくともカミーユの闘いは終わったんだって、そこはすごくスッキリと納得できる。

象徴的な言い方をすれば、『ガンダム』ってのはホントにお化けロボットなんで、人の意思が集中してくる不思議な存在になっちゃっている。そういう現実認識。だから、ああいう表現のしかたっていうのは本当に正しいんで、闘いそのものの快楽に酔っちゃっているやつとか、人々の執着を冷たく利用することでいい目を見ようとしてるやつなんかは、漂う意思を集めて倒さなくちゃならない。
いや、本当は倒せないんだけどね。けど、まあいいじゃないですか。

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ

ちょっと身も蓋もない感想になっちゃいました(笑)
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/254-5e60ebef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。