『星の鼓動は愛』感想拾い読み 

[2006/03/05] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

『星の鼓動は愛』感想をネット上であちこち読んでみています。 やはり賛否は分かれていますね。ネタバレへの配慮がないところも少なくない。・・・というか「ネタバレ」で検索してくる人が多い。 でも自分はそういうのはいやだなと思うので、もうしばらく核心部分は明示しない方向で。 交流のある皆さんの感想を拾い読みしました。 これでも先入観にはなると思うので、読みたくない人は、以下は読まずに早く劇場へ!
星の鼓動は愛」見てきた(ひびのたわごと)

・TV版に比べてギュッと凝縮されたせいか三つ巴の関係がわかりやすかった
・ヘルメットを交換して自分から外へ出て行く。
・良かったのはエマさんの尻に敷かれるヘンケン艦長。確実に男と女の関係になっていることが見て取れる。
・出てはいけない人とはストーリー的ではなく物理的だったのか!
・あとミライが目指している連邦軍の基地はラサ?逆シャアにつながるのだろうか?
・それにしてもクワトロのヘタレっぷりが本当に際立っていた。この人の頭の中には戦闘のことしかないのだとわかる。1部で見せていた周りに気配り目配りする余裕が全くなくなってきている。 これじゃあ道化を求める連中に祭り上げられてしかるべきではないだろうか・・・と逆シャアへのつながりをここでも感じてしまう。 

凝縮されたことでかえってわかりやすかったという意見は、少数意見だと思いますが一見識だと思います。ヘルメットの件(ネタバレ回避でここだけ抜き出しました)は、そうか、それも重要なポイントだなと感心。
ミライさんの件は深読みですねー。あのおばちゃんは何だろうと、私はそれが気になりました。
クワトロ。そう、彼は成長しませんでしたね。それが正しく伝わるこの映画の構成は、だから的確なのだと私は。その現実はファンには正直きついでしょう。富野さんだって「彼はこの程度、ここまでの人」とはっきり見切ったのは、どこからなのだか。しかし、それが現実。

機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛(がんだまぁblog)

・結論から言うと正直つまらなかった。
・総じて言うと、TV版にあった良さが完全に無に帰されている。
・そしてそれをもって余りあるようなプラス要素も無かった。
・でも一番感銘を受けたのは本当に排除しなければならないのは「地球の重力に魂を引かれた人間たちだろう!」という台詞が、「地球の大きさと重さを知らないあなたたちだ!(うろ覚え)」になっていたこと。
・後ゼータが変形する意味が最後の最後でちゃんとついていたのはまぁよかったね。あの変形した後の元気ポーズは白富野らしいよ。
・富野監督がようやくゼータをやり直す気になって、それでできたものがこれなの?という気は正直拭いきれない。

辛口200%ですね(苦笑)。立ち位置の違いで見え方が違うのは想定の範囲内でしたが。
TV版の方が良かったとおっしゃるんですねぇ。物語というのは設定を説明することではないと私は思うので、状況が入り乱れて混乱していることが見ている人に分かれば、それで最低限の説明にはなっていると考えます。
カミーユは健やかさを失ったんじゃなくて、レコアさんに寄りかかっていた子どもから、成長をしたんだと思います。サラとカツ。この二人をカミーユは救えなかったけど、今回は私も納得がいきました。このためにサラのエピソードは丁寧に描いておく必要があったのだと。
ジェリドのように、お勉強を一生懸命出来るだけで、状況も洞察できないくせに偉ぶるやつは、執着してみても結局はあっけなく終わっちまう。それ以上でもそれ以下でもないので、ああいうものなのでしょう。
ルロイさんはガンダムが本当に好きなんですよね。「もう、富野監督はガンダムを作らないでほしいと思った。」という感想はありだと思います。この結末はガンダムの枠を超えちゃいましたから。20年後に、ようやくその宿願は果たされたんじゃないのかな。
「やってみるさ!」(byクワトロ 星を継ぐ者)
「シンプルなゲームじゃねぇなあ」(byブラン 恋人たち)
「子どもの戯れを聴いていられるか」(byブライト 星の鼓動は愛)
この三部作を象徴するセリフは、こんな流れのような気がしています。正直、最後の突っ放しは私も「!?」とびっくりしましたよ。そういう風に私は聞いた、と言えば、"ガンダム"が好きな人にはさらに反感をかきたてるかもしれないと思いながら、おそるおそる言ってみますが。

 ラスト10分は・・・ネタバレは続きを読むでお楽しみください(機動戦士Zガンダムを愛する中年親父の日記)

・しびれました。 20年待った甲斐がありました。
・誰が見ても楽しめると思うのですが、話の筋が、主要キャラの三つ巴状態、四つ巴状態になりますので、把握するのが難しいと思います。
・TV版を承知している私でも「もっとシンプルにまとめられなかったのかな」という思いはありましたね。
・「娯楽作品」としての要素は満点でしたね。特にZガンダムの描き方には心底しびれました。
・鮮烈な戦闘シーンは醍醐味十分でしたが、内容的にも「訴えるもの」が前2作と違って明確になっていたのが感じ取れました。
・人を見下し、自分のために相手を利用することに対しての明確な嫌悪感がスクリーンから伝わってくるのが解りましたね。
・「幻覚でもない」と喜ぶシーンは、 人との生身のふれあいが何よりも大事で、大切な人がいるということは素晴らしいという事を訴える良いシーンだったと思います
・ツーショットで出るとは・・・・(絶句)。というか、出る必要があったのか・・・

"似て非なるもの"=TV版の予習には、私は断固として反対ですから!
「訴えるもの」はなるほどです。前2作を通じて、カミーユが学んできたことだと思いますけど。
出るはずのない人が出てきた件は、ファンへの感謝を込めたサービスがひとつ。もうひとつは彼らが平穏な暮らしをしてくれている安心感。そして含みとしては会話の内容で、カイはCCAを予見してるっぽかった(笑)。(ここだけの話、zsphereさんの小説のシチュエーションを思い出しました。)

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへトラックバックピープル―富野由悠季
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(0)

[tag] 星の鼓動は愛 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/242-b5f6c11d