ほどほどに味わうのが苦手な人です 

[2006/02/28] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

たぶんもう、嵐は過ぎたと思う・・・。スゴい数の人が通り過ぎていったはずなのに、誰もコメントも残さないで行っちゃいました。考えてみれば、子犬さんのところも並んで紹介されていたけど、子犬さんは全然動じていないから、囚人さんはネット慣れしてないお馬鹿さんなのかもしれないですね~。
それにしても「大人と子どもの・・・」という1行紹介に、あの大勢の方々は、どんな記事を期待して見に来てくれたものか。(昨日のユニークアクセス数とトータルアクセス数の差は少ない・・・。)

 そんなわけで、あまり気にしないで、淡々といつものように行きますね~。

 ●目に見えぬ鬼神はゑがきやすく、・・・
「目に見えぬ鬼神」までの道のりには、今や6車線のハイウェイができちゃっていて、鬼神も消費単位に貶められている、って感じですか。パターン化されたキャラクターではない、真の鬼神を描きたいのならば、その生まれ来たおおもとを探らねばならないでしょうね・・・。
たしかに昨今、ファンタジー慣れをし過ぎて現実との境目があやふやな人たちは、たぶん受け手だけではなく作り手にも多い気がします。そんなわけでハイウェイは異世界への下り車線だけが6車線。それを現実世界に照らし返すための上り車線は、隘路の多い一般道のような気がするのは私だけでしょうか?(経済的な現実世界へは、ハイウェイどころかワームホールぐらいのスピードで転送されてくるみたいですけどね。)

大人と子どもの・・・
ルロイさんのVガンダム論本格執筆予定地は、「エム・エス」のほうのここですよね。「ガンダムの崩壊と新生」という内容が予告されているわけですが、「新生」という中身にとても関心があります。(催促ではないですので、どうかマイペースで。でも期待をしています。)

「大人になって新しく発見できる要素があるのがガンダム」
「大人になったらめちゃくちゃにしか見えなかったのがVガンダム」
「そしてそこに何もないのが種」

はからずして大勢の人たちがこのコメントも読んでいったはずなんですが、誰も何もコメントを残していかなかったですね・・・。子どもの楽しみというだけなら、ガンダムもVガンダムも種も似たようなもん?大人になって振り返ったときに「メチャクチャ」という何かがあるほうがいいのか、「何もない」ほうがましなのか?
ルロイさんは以前に、「SEEDの正体」は「これ以上なく設定がしっかりした萌えアニメ」と総括し、「 誰も内容なんて求めていない。欲求を満たす素材を探しているだけ」の現代にふさわしい作品と言い切っておられました。まさに"時代の子"とでも言いますか・・・、この点には、誰も異論が挟めないのかもしれませんね。
「何もしなくても生き延びられてしまう時代」には、大きな"子ども"が大勢いるらしいです。そして"アニメなんて見てるのは子どもだ"という社会通念はたぶん変わっていない。そういう中で、アニメに"大人"の目を向けようとするほうが、世間では異端視されるだろうことをもっと強く自覚せねば、と今さらながら思いました。

41さんは「正直評価に困る」けど「どちらかと言えば好きな作品」だとおっしゃる。スカルさんもバルタザールさんも含め、われらどっぷりと同世代(笑)。
完全に「子供の視点から見たガンダム」はたしかに我々には分からないんですが、囚人さんがヤマトの話を持ち出したのは、子どもの視点からアニメを見たときに、子どもらしく楽しんでいた部分はもちろんそうなんですが、子どもながらにも真剣に「作品」を見ようというムードが、あの頃には今よりも強かったような想いがあるのです。「戦争を描くエンタテイメントで戦争に思いを飛ばすなどというのは、至難の業」という話を、たぶん私たちの多くは四半世紀ぐらい前にやってきちゃってる。(身に覚えがありませんか?)
だから今さら「やぼ」ですよ、もちろん。それどころかヘタすりゃ異端視されます。歴史の遺物なのかもしれません。何やってんでしょ?

「怨念の部分が鑑賞しどころ」ですか、zsphereさん!
zsphereさんは作者以上に作者サイドの視点を洞察される方だと思っていますが、「Vガンダムほど見事に『狂気』を描ききった作品を知りません」とまで聞かされたら、「このままちゃんと見ずに私の中では終わっていくのだろう」宣言は撤回しなきゃならないかもしれないですね。

関係ないんですが、今日のお昼に蕎麦屋に行きましてですね、体調も悪いもんで、きのこうどんを食ったんです。いや、美味かった。飯を食いながら『Vガンダム』のことを考えてる自分ってのも何なんだろうと思いながら、たとえば「人間ってのはよくキノコなんぞ食うな」と。(笑)
だって毒キノコを食えば死んじゃうかもしれないわけじゃないですか。最初に「このキノコは食える」ということを身をもって証明したヤツは偉いと思います。だけど、たまたまその人が死ななかっただけで、人によっては蕎麦アレルギーとかあって、蕎麦食っただけでも死にそうになることだってある。今日はね、本当は「合鴨煮込みうどん」が食いたかったんです。でも、あれ美味いんだけど、今日の体調で食ったら、あの旨みである脂が消化し切れなくて、絶対に腹を壊すと。
・・・いや、なんかわけの分からないことを書き出しちゃいましたが、毒にも薬にもならないようなもんですら、食べ過ぎれば腹を壊す。滋味に富んだものでさえ、体調次第では消化不良になってしまう。だから「このキノコは食える、しかも美味い」ということを断言するのはなかなか難しい。ただ「私は食べた。こんな味だった。私には美味かった。」とは言えるし、それを聞いて次に食べる人間は、自分の責任で食べればいいんですよね。私は今、わりと日常的に「狂気」の崖っぷちに自分がいるような気がしてるので、こういうときに『Vガンダム』は、やばいんじゃないかと思わずにはいられないのです。(いささか自意識過剰かなとも思いますが。)
富野さんという料理人が作ったものは、きっと味わい分ければ美味いんだろうと思うのです。けど、作った本人が食傷しちゃって、「食うな」と警告してるんだから、よほど毒気が強いことも間違いない。
不器用なんだな・・・自分はガムかなんかみたいに飲み込まないで、ほどほどに味わったら後は「紙に包んでポイ」とかできる人じゃない。私たちの世代は、そういう風に、アニメにだって主食にできる滋味があるんじゃないかとか思いながら育ってしまった。

蕎麦アレルギーなら治らないかもしれないけど、胃もたれぐらいは体調さえ回復すれば、また美味いものが食えるようになる。この作品は"主食"にしてもいいのか、"おかず"ぐらいでしょ、とか、"珍味"ぐらいでやめとくほうが無難かなとか、まあその辺もいろいろありますが、もう少し自分の健やかさに自信が持てるようになったなら、いつか味わってみたい作品ということに、「見ないで終わるだろう」宣言の内容を変更させてください。

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ
関連記事

コメント

>

作品論の未完成分のタイトルは予告なく変わる場合があるのであしからず(爆)
とはいえVガンダムの場合はこのままいくと思います。あれは狂気を狂気のまま終わらせなかったことに価値がある作品だと思ったりしますので。

個人的には子供向けだからと言って子供を意識してレベルを下げることはない、という誰かの意見に大賛成なんです(富野監督も言っていたような、でも勇者シリーズの監督の誰かだったような気がします)。そこで思いっきりレベルを下げているのがSEEDだったりするんで。

今はアニメは日本が誇る文化だとか言われてるくらいですから、昔よりは遥かにメジャーになってるはずなんですが、一方でオタク向けアニメというジャンルが確立されているのもまた事実。その辺の二極化を生む原点のあたりにガンダムがある気がしてなりません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/233-2b142216