スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化庁メディア芸術祭関連の話題 

[2006/02/26] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

先日記事にしました「文化庁メディア芸術祭アニメーション部門」(審査主査 富野御大)関連の話題で、子犬さんが「アニメーション部門受賞者シンポジウム」の模様を詳細レポートしておられたので、まずはご紹介。
「生御大、いいですねー。しかし、見事にかみ合わないものですね・・・。受賞者の皆さんは、富野さんなんか偉くないと思ってるんでしょうか(笑)。 」とコメントしたら、「そうですね。ただ『偉くない』とは思ってないでしょう。」と子犬さんは応えてくれた。確かに、ここまで言われて黙って聞いてるだけでも偉さは分かってるほうか・・・。でも子犬さんご指摘のように、半分はエンターテイナーとしての狙いにしても、あまりにかみ合わない会話ぶりに、だんだん笑えなくなってきて、しまいには、とても寂しい気持ちになりました。

「頭山は見て2晩うなされた。絶対見て欲しい。」


山村浩二さんを御大も高く評価していたのは、とても嬉しく思いました。

前回の審査講評の記事には、たくさんのコメントをありがとうございました。

●『商業主義という通念からも逸脱しているのではないかと疑わせる作品』
補足情報として挙げたとおり「アニメーション部門の応募総数は311。うち長編アニメーション19。TV、OVA55」という多数なので、候補多すぎますね。本当に多作というより濫作状況というべきなのかもしれません。『エヴァ』のデッドコピーというのは、もはや"裸踊り"でさえなく、"ただの楽屋落ち"と解せばいいのか、とにかくそれはもう、人様にお見せする芸ではない、ということなのかなと思いました。

●『日本独自の文化があったのではないか』という自説
御大の話としてはもう少し広義な話をしてそうな気はしますが、「被造物にも情を感じる、日本独特の感性がなければ、キャシャーンもガンダムもR・ドロシーも生み出せない」という視点は、素晴らしいですね!アンチボディ(ブレンパワード)なんて、それそのものかもしれません。

●「目に見えぬ鬼神はゑがきやすく、まぢかき人物はゑがく事かたし」
言葉の直接的意味は、ご指摘のとおりですが、『リーンの翼』をやってる御大がファンタジー批判はどうでしょう?ここはやはり少し突っ込んで、「大きな論理 > 個人の感情」を自明のこととして、その相克をなんら問題としない制作姿勢の問題ではないかと私は考えました。
つまり、例えば個人の感情も描いているつもりらしいが、実際には"味付け"程度にしか考えていないか、あるいは逆に大きな論理のほうが"味付け"程度になっているという発想の貧困ぶりです。いずれにせよ新味ばかりで、そこにはなんの滋味(栄養?)もない。「難しいものに挑む気概が欲しいという意味」というのは、まさしく言われるとおりだと思います。

デジタルであろうがなかろうが個人で映像を作れる時代。ただ覚えておいてほしいのは世間に発表すると言うことは公共に向けて発表すると言うことであり、見てくれる人に対しての作品でなければならない。ストーリー性や制作者の魅力も大事だが、自分の好きなものを作って共感されるほど簡単なものではない。公に向けて意思表示をする行為であるという視点を持てばデジタルは強力なツールになる。


という言葉との結びつきで私は解釈したいと思いました。

●補足
「エイゼンシュテインの映像理論」というのを私は知りません。作り手でも批評家でもない"一人の観客"として、作品を見ていたいと思っているのですが、それでも知っておいたほうがよいことでしょうか?

それから「携帯電話が小道具」という例が出ていましたが、『新訳Ζ』への批判を読んでる中で、「公衆電話を使ってる描写があったが、宇宙世紀には携帯もないのか」みたいに居丈高に書いてるものがあったのは、そういうネタ元があったのですか?(SEEDちゃんと見てなくてごめんなさいね・・・。)

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへトラックバックピープル―富野由悠季
関連記事

コメント

> 宇宙で携帯

>『新訳Ζ』への批判を読んでる中で、「公衆電話を使ってる描写があったが、宇宙世紀には携帯もないのか」

通話したい場所がどこかによって、マジで携帯電話は使えません。電波が届かないほど遠い場所が多いからです。現に「プラネテス」では地球周回軌道上にある宇宙ステーションから月までの通話には1.3秒のタイムラグが描写されています。つまり大規模通信設備までは有線の電話というのは理にかなっているのです。そういうこともわからない素人の発言デスね。

> 「戦艦ポチョムキン」

「イワン雷帝」など、現代の映像理論のほとんどを構築したロシアの映画作家です。大学時代、「彼の執筆した理論書を読めば映像の学校に行く必要はない」と教授が言っていました。そういう人がいて、富野氏もその理論にのっとって制作をしている、くらい知っておけばいいかな?、と思いますよー。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/231-d1d0be15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。