スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の名セリフ? 

[2006/02/11] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

『逆襲のシャア』を久しぶりに観なおしました。
もっと破綻しかけた物語だったような気がしていたのですが、改めて見たら、決してそんなことはなくて、きちんと完成度のある出来上がりの作品だったように思いました。
以前の、破綻しかけた物語という印象は、クエス・パラヤというあの少女が、物語を引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、何のために出てきたのか分からないままに終わったというようなことだったと思うのですが。・・・今回は、もう少し冷静にストーリーの成り行きを見守ることが出来たように思います。
「好きになれないキャラクター」というものに、慣れてきた(耐性が出来た?)ということもあるのでしょうかね?

先日いただいたコメントで、

模型屋さんで観た逆シャアのクライマックスで、アクシズを押し戻すアムロの手伝いを敵味方のモビルスーツが共にはじめるというシーンがあったのですが、そのときシャアは「何故これだけのことが出来ながら、人は・・!」と言ったのです。


というのがあり、私はそのセリフに記憶がなかったので、「ずいぶん忘れてしまっているものだなぁ」と思っていたのですが、実際観なおしてみても、そのセリフはありませんでした。
「玩具売り場で流れていたビデオ」でそのセリフは聞かれたとのことで、これは私の想像なのですが、「劇場予告版」のようなものに、本編では編集されてしまったセリフが残っていたりしたのではなかろうかと。
以前、『哀・戦士』ではなかったかと思いますが、幻のマチルダさんのセリフがビデオの特典映像の劇場予告版にあったので驚いたことがあります。
『逆襲のシャア』のビデオには、そういう特典映像はなかったので確認できませんでしたが、DVDとかどこかで確認できませんかねー?

「何故これだけのことが出来ながら、人は・・!」
こういうのを劇中でシャアに言わせたほうが、クライマックスは分かりやすく感動的になったのではないかと思います。ですが、わざわざ口に出して言われなくても、ここまで一生懸命物語の流れを追ってきた観客ならば、皆の胸のうちにもう、そのセリフはあるんですよね。
富野さんという人の、作劇の作法と言いますか、クライマックスならクライマックスという「部分」で完結することは好まない。あくまでオープニングからエンディングまでの「総体」の中で成立することを優先するような気がしますね。その中で、重複する部分や言わなくても分かる部分はギリギリまで削ぎ落とすことに、恐るべき集中力を発揮する。
だから、劇を鑑賞する側も、オープニングからエンディングまで、集中して観ていないといけない。また、物語全体の尺がむやみに長すぎてもいけない。

「おたく」っていうのは部分部分を切り出して喜びますからね・・・。おたくに限らず、今日多くの人たちが、長時間ひとつのことに集中することを、どちらかといえば苦痛に思う人が多い。

そこをもう少し滑らかに集中できるような作劇の手法を工夫する中で、「エンターテイメント」というようなところをプロとしてさらに磨こうとしているのが、今日の富野さんが課題にしているところなのでしょうかね。

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ
DVDお持ちの方など、何か情報ご存知の方おられましたら、是非教えて下さい。よろしくお願いします!
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(1)

[tag] 逆襲のシャア fc2ファビコン 富野由悠季 fc2ファビコン 作劇 fc2ファビコン オタク fc2ファビコン エンターテイメント fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> おそらく

 そのセリフは「そのあたたかさを持った人が地球すら破壊するんだよ!それを解るんだよ。アムロ!」
と、シャアが嘆くシーンだと思います。劇場放映時の予告編ではラストのシーンのセリフは入っていなかったので間違いないと思います。
確かにシャアとアムロのファンの私としては、あの作品では余計なキャラがぐじゃぐじゃ余計に引っ掻き回すのは感情的には気分のいいものではありませんでした。やはりガンダムはアムロとシャアの青春物語と思いますので、30代になっても輝きを失わず、ライバルに立ち向かう彼らは私の永遠のヒーローだと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/202-6961c4ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。