スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オネアミスの翼』 追記 

[2006/01/28] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

昨日はようやくてこずっていた『オネアミスの翼』をアップできたので、一安心だったのですが、速攻でコメント多数、ありがとうございました。(ちょっとビックリ)(@_@;)
コメントを拝見していても、やっぱり好き嫌いがはっきり別れる感じですね。……作画と設定の緻密さだけではない、と私も思いますよ。ただ、内に向かって閉じている感じがどうしようもなく残念だったのです。
森本レオ!ありゃあかんですね。そこは激しく同感(笑)。
なんだろう?坂本龍一とか、変なところでは知名度に頼ろうとする?そういう風に少なくとも見えてしまうだけでも如何なものかと。
実は今回、珍しくWikipediaへのリンクを貼らなかった気がするのですが、そこには

ライブドア取締役社長堀江貴文は本作のファンで、雑誌インタビューで「パート2を作る!」と表明したこともあった。


(もう「前」って入っている、早!!)と書いてあって、やや批判的に書くときに、時事ネタが絡むのは調子に乗って叩いてるみたいでイヤだな、とあえて回避をしたのです。このぐらい緻密な完成度がある作品について、気軽に「パート2」とか言ってしまう時点で、堀江モンとはやっぱり能天気なやっちゃなぁと思わないでもないですが、ただ、「ゲームに勝つ」ことだけが価値観であるかに思えた彼にも、「風雅を愛でる心」はあったのか、と。私はそういう感想を持ちました。
yasuakiさんのところでコメントしたのですが、好きな人間の類型ではないにせよ、まだ30代の彼には、今後あまり惨めな人生を送ってもらいたくない、という気持ちを持っています。「世の中調子に乗って叩きすぎ」ってものなのではないかと…。)
ところでWikipediaに記載されている、宮崎駿の『オネアミス』評価というもの、是非一読してみたいような気がします。どなたか詳しい方おられましたら、ぜひぜひ情報プリーズ!!
関連記事

コメント

> 教授の音楽

どうなんですかね。私は「いい」と思いますけど。というのは、他の音楽家にあの映画の音楽が作れると思えないから。異世界風なストレンジさと、絶妙なリアリティ、ベストマッチだと私は思う。
森本レオさんも、声質はマッチしてたと思うんですよね。ナレーションの雰囲気とかは○だと思うし。ただ、いかんせん「アニメ声優としての演技」が他の人達とかけ離れすぎていて・・・。そこが不満なんです。

「閉じている」というのは確かにその通り。ただ、これもまた弁護になっちゃうんですが、当時の邦画自体、ほとんどが「閉じた作品」ばかりではなかったかと。日本の映画作りが開けてきたのって、ごく最近だと思ってますので・・・。

>

をを、乗り遅れました(^^;
僕は好きです。
善くも悪くも非常に80年代的だな、と。
森本氏のモソモソしたしゃべり方も含めて好きです。
教授に関しては、いい楽曲だけどものすごく「愛がこもって」はいないな、予算相応だな、って感じを受けてました。彼の他の曲と聞き比べると、の話ですが…。

僕は、語られるに足るヒーローよりも、
訪れるに足る世界の方が好きなんだと思います。
(世界を支えるのは住人たちなのですから、彼らが魅力的である事も含めます。)

僕にとっては、あそこは面白い世界だったです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/169-bf5ef014

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。