スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野由悠季 新版『リーンの翼』を読了(とりあえず、前半分の感想) 

[2010/06/04] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 このところ殺人的に忙しかったり体調も悪かったりで、ブログも全然更新していませんでしたが、富野由悠季渾身の大長編『リーンの翼』をようやく読み終えたので、感想を簡単にメモしておきます。

リーンの翼 1 リーンの翼 2 リーンの翼 3 リーンの翼 4
リーンの翼(全4巻セット)
リーンの翼(全4巻セット)
角川グループパブリッシング 2010-03
売り上げランキング : 88541

おすすめ平均 star
star圧巻のボリューム。圧巻の世界。圧巻の作品。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 前にも書きましたが、今回の新『リーンの翼』に対する旧『リーンの翼』を読んだときの私の感想は、あまり芳しいものではありませんでした。

 全4巻のうち、前半の1、2巻は旧『リーンの翼』のリライトになるんですが、以前に読んだものと比べ格段に「読みやすい」と感じたことが、とりあえず強く印象に残りました。今回、あらためて旧版と新版の読み比べはしていないので、どこがどう、ということは言えません。
 ただ、『リーンの翼』は富野監督にとって、はじめて(アニメのノベライズではない)オリジナルの小説を書く機会となった作品であって、そうしたオリジナルの小説であるのを免罪符にして、「自分独自のもの」を入れ込むことに執心しちゃっている面があるのではないかという印象がありました。それに対して今回リライトされたものは、その自分の独自性のような部分がよく消化され、うまく物語のラインの中に乗っているのではないか。そういうような大雑把な印象です。

 旧版の『リーンの翼』の物語ラストが、新版では2巻の終わりに来るのですが、周知のとおり、そこで終わるはずだった物語がアニメ版の『リーンの翼』へ続いていくことになるわけです。読み進むにつれて、そのあたりが迫ってくると「どうなるんだろうなー」とドキドキしながら読んでいましたが、これはもう、「うわっ!そうなるのかっ!」っていう驚きでした。
 ネタバレは避けておきますが、旧版のときからすでに、ラストは驚きの急展開でした。それがこう変わったということで、また驚きがありました。どちらにしても得心が行くというようなものではなくて、胸がかきむしられるというか、何故そのようにならなければならないのかと、余韻が後に残るストーリーだったと言えるでしょう。

 このところ体調が思わしくなく、集中して読み返したりとか、そのへんのことができないので、読み終えたあとの雑駁なインプレッションだけでこのメモは書いています。
 3巻の大部分は新たに書き起こされたストーリーで、その後半から4巻がアニメ版『リーンの翼』の物語へと続いていく流れです。全体の構成で「なるほどなぁ」と思ったのは、主人公たる迫水真次郎が1、2巻での自分の聖戦士としての活躍を、あれは好きな女のために夢中で戦ってきただけだったかも知れぬ、と振り返れるようになったということでした。
 サコミズという男は、武人ではあるのだけど内省的なところがあります。そうして、教え込まれたことを鵜呑みにするのではなくて、たしかにがむしゃらに戦ってきただけかもしれないけど、その中で自分の体を動かしながら自分の頭で感じ、少しずつ考えを深めていっている。
 沖縄の戦場で特攻死できなかった彼が「第三の原爆」を阻止できるのは、そういう成長があったから。逆にバイストン・ウェルの意思として、そういう成長を促すために、1、2巻で聖戦士として彼は活躍できたのかも。

 そこで筆を置いている旧版というのは、唐突なようであっても物語としてはひとつの完結を見ていたんですよね。
 しかし、新版では、そうした迫水真次郎が、もう一度バイストン・ウェルに呼び戻されます。それは何故なのか、というのが後半に向けての関心になります。

 近ごろは夜更かしがあまりできないので、この続きはまた今度。(ほとんど「月刊 囚人022の避難所」になっちゃってますが・・・。)

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(0)

[tag] 富野由悠季 fc2ファビコン リーンの翼 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1515-8e92f7de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。