スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新装小説版『リーンの翼』を読むのが、本当に待ち遠しい!(予約〆切は1/31!!) 

[2010/01/24] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 前に書いたことがありますが、私は昔の小説版『リーンの翼』を、今でも実はあまり高く評価していません。ですが物語的に小説の後日談になるアニメ版のほうは、これはかなり好きな作品になっていました。なので今回、小説版とテレビ版のミッシングリンクを埋めて、旧版の内容も全面改稿されるという新装版小説、これには大いに期待をし、素直に楽しみにしています。

「全面改稿+書き下ろし」とアナウンスされていますが、つまりは旧版『リーンの翼』の全面改稿+OVA『リーンの翼』相当部分の書きおろし、という構成で、そういう意味では、全体を通じて一つの新たな物語になっているということはできると思います。

当然、藤津氏は読んだ上での発言なんでしょうが、完全版未読の人の通常の思考であるならば「小説版とOVAはパラレル」という認識に至るであろうところを、当たり前の様に続編扱いしている。

 考えてみると、「新装小説版『リーンの翼』って、何?」って言う人も少なくないかもしれません。
 amazonなんかでも出てないし、現状ではどうしたわけか、書店で予約するしか入手する方法がないようなのです。しかも予約〆切は1月31日書店必着!

 安くはありません。各巻2310円×4冊です。買う側も覚悟が要りますが、売る側も「これが決定版」という相当の強い思いがあって作っていると言えるでしょう。(富野監督のように活字文化に慣れ親しんだ世代の感覚からすれば、文庫版なんてのは「本」じゃないという感覚があるでしょうし。)

1000セット限定
特典つき全4巻入りBOXも発売!
単行本発売を記念して、全4巻を化粧箱入りにした限定BOXが発売される。特典として、富野氏がみずから小説「リーンの翼」のオープニングビジュアルとして描き下ろしたカラーイラストをポストカード7枚セットにして添付。

 なので、せっかく買うのであれば、1000セット限定のボックスを入手しなければ、もったいないです。書店でそこをはっきり言っておかないと、トラブルの元かも。上記の公式ホームページの告知をプリントアウトして、「1000セット限定」のところを赤線で囲んで「これ予約したいんですけど!!」と渡したほうが吉かもしれません。

 で、これの発売日は3月24日なのです。なんとも待ち遠しい。

 ちょうどアニメ版『リーンの翼』のDVDコンプリート版が1月27日に発売されるところですから、新装小説版のほうは告知としても少し紛れてしまう感覚はありますね。
 これは本当にお買い得で、今なら4507円(しかも配送料無料)で全6話がコレクションできてしまう。

 アニメ版『リーンの翼』は、何度でも見返すたびに味わいが深まる作品なので、地味にセリフ集なんかを作ってみたりもしましたが、こういうチャンスに少しでも多くの人が実際に作品を目にしてくれれば、もっともっと評価されてもいい傑作ではないかと私は思っています。

 富野アニメではいつものことですが、パッと見てスカッとして「ああ、面白かった」で終わる作品ではなく、尻上がりに怒涛の勢いになっていく物語に圧倒されつくして、頭が「がーん」となってしまう。でもそういう刺激だけではなくて、考えるべきさまざまなこと(それも容易には答が出ないようなこと)が強烈に心に残る、そういう作品です。

 氷川竜介さんは、特にこの『リーンの翼』には「奇矯さとザラついた感覚」が漂っていると書いてます。

ザラつきの正体は、そんな過去と現在が短絡して生まれた感覚なのだ。こんな考察で、サコミズが何を越境してきたかも自明になる。彼は現代の日本という国、日本人がどこかで置き去りにしたはずの「過去」を背負っている。 すなわち「時間」を越境してきた者なのだ。

 なるほど『リーンの翼』は最初の小説版以来、日本人がどこかで置き去りにしたはずの「過去」というテーマに触れている作品なのでありました。

 ちょっと長くなっちゃいましたので、『リーンの翼』新装小説版について思うことは、もうひとつ別に書こうと思います。

 とにかく1000セット限定の予約は今月中ですから。書店へ急げ!(笑)

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(5)

[tag] リーンの翼 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> とても

私の手に負える本じゃなさそうです。
価格が(笑)。

> 私は他に何の趣味もないからなぁ・・・。

「いつか読めればいい」ということであれば、数年待てば文庫にも入ってくるでしょう。それもアリだと思います。
あれですかね、映画が公開されるよって時に、映画館で観るか、DVDになってレンタルされるまで待つか、みたいな感じかもしれないですね。
宮崎アニメの場合だと、私は「待つからいいよ」になるわけです。そんな感じ。

>

DVD買ってみました。
まさしく怒涛のストーリーに翻弄されました、絵キレイだし戦闘シーンも楽しめました
でも最後リュクスはぜ??最後の最後でよくわからなくなりました。
富野初級lvだから理解できないのかな?と…
完全版、急いで予約します。

> いらっしゃいませ

>サップさん
『リーンの翼』気に入っていただいたようでうれしいです。
わからないことがあるのがいいんですよ。
初級レベルとか、たぶん関係ないです。
引っかかる部分があって何度も見返したくなり、見返すたびにまた新しい発見がある。
いい作品ってそういうもんじゃありませんかね。

しかし、うちにはまだ「COMPLETE」が届かない・・・。(どんだけ田舎なんだっつう話。w)

> 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1506-6d010340

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。