スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年、今年は反省の多い年でしたが、一年ありがとうございました。 

[2009/12/31] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 今年も残りあとわずかになりました。2009年は反省すべき点の多い一年でした。

 1年で100も記事を書けなかったんですね。体感で前年比半分ぐらいかなぁ。

 久しぶりにアクセス状況を見てみましたが、よく読んでいただいた記事の上位10件の中で、この1年で書いた記事は下記の二つだけ。残りは過去記事でした。そのぐらい活発さを欠いた一年でありました。

サマーウォーズ [DVD]

 細田守監督の『サマー・ウォーズ』はウェルメイドな娯楽作のように見えて、実はちょっとしたところで破綻するギリギリ表面の皮一枚で成立しているところが面白かったですね。あれは応援したい作品だったんで、ロングヒットになって本当によかった。
 だけど、同じように応援したいと感じた片渕須直監督の『マイマイ新子と千年の魔法』は、かなり苦戦しているようです。判で捺したようなエンターテイメントのパターンからは少しだけズレていて、何かが胸に残る。そういう作品こそ、ただスカッと気持ちいいだけのアニメよりも価値があるというのは共通してると思うんですけどねー。
 あの作品の話もいろんな人としたいんですよ。褒める人もいれば、批判する人もいるかもしれないけど。まず観てもらわないと、違った目から見た感想を読むことさえできない。「知る人ぞ知る」っていうのじゃ、やっぱり寂しい。

 それにしても、何か「応援したい」という明確な意識がないとブログが書けないっていうのはどうなんでしょう?今年は書きかけでやめてしまった記事がいくつもありました。(ブレンパワードの感想は、近日中に再開するつもりですけどね。)

 もうひとつの「批評」と「感想」のほうでは、私の場合は「アニメをダシにした自分語り」としてのアニメ感想だろうというのでファイナルアンサーだろうと思ったんですけど、「自分」が充実してないと自分語りも熱がこもらないし、よく考えてみると「批評」のほうが「アニメをダシに」という性質は強いですよね。

サブカルチャーをめぐる評論の量は増える一方ですが、相変わらずその質はほとんど問われずにあります。アニメやマンガやお笑いの評論をめぐって、ここ数年のあいだでさえいくつかの状況の変化がありましたが、事態があきらかに悪くなった局面もあります。サブカルチャーを主題とする「評論家」や「研究者」と称する人の数は増えましたが、その質の相対的な低下は(人文科学全体の困難を考慮にいれたとしても、なお)予想以上のものでした。そうして、もっともまずしいタイプの決定論と本質主義が、「難しい言葉を使わない=分かりやすい評論」という看板のもと、読者を「大衆」に変え、その「共感」を理由に流通しようとしています。それは、端的にファシズムの構図です。

ぼくは、サブカルチャーをめぐる評論に、講壇のうえの知識が必要だとは思いません。しかし、自分でものを考える知性と、読者にものを考えさせる誠実さ(読者を「大衆」に変えない誠実さ)なしに、これ以上多くの言葉が書かれてはならないと思います。

 七里さんのお書きになるものって、同じ言葉であっても胸にズシッと入ってくるんですよ。「自分でものを考える知性と、読者にものを考えさせる誠実さ」というのは大切ですね。たぶん私の好きなアニメというのが、そういう性質を持っているものなんだと思います。だから、ただ感想を書いていても長くなっちゃいます。

 2009年はガンダム30周年で、私はお台場には行けなかったんですが、WEBで富野監督の『リング・オブ・ガンダム』を見ることが出来たのはうれしいことでした。

 あの「A YOSHIYUKI TOMINO FILM」というのを見たら本当にじわっと来ましたね。地味にセリフの文字起こしとかしてみたんですけど、本当に手放しの「応援」というのはかえって難しくて。「好き」という思いだけで書いたものは感想だろうが批評だろうが、訴求力も説得力もないんでしょうねー。誠実であることは難しいものです。

 このときに、「好きなように書くことより好きなものについて書くことの方がずっとむずかしいのですね。」という言葉をNishinomaruさんにいただきました。はい、本当に難しいです(笑)。

 来年はもう少し、がんばってみたいと思います。2010年が皆様にとってよい年でありますように。今年も一年間、本当にありがとうございました。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(1)

[tag] ブログ fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

>

僕も全然更新しなかったです。カテジナ日記が(なぜか)未だにアクセスの中心ですね。
twitterやsnsのおかげで、数人に聞いてもらえば済んでしまう「自分の気分」と、世の中に問いたい純粋に記事的なものが分かれてしまったせいで、更新頻度が下がってしまった感じです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1503-62e6013e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。