スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マイマイ新子と千年の魔法』 すごくいい「映画」でした! 

[2009/12/27] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 先日、出張で上京する機会があり、翌日何とか休みをもらえたので、『マイマイ新子と千年の魔法』を見てきました。

マイマイ新子と千年の魔法 オリジナル・サウンドトラック

 それは12月18日のこと。地元では上映していないこの作品を東京で観れるのは、この日だけのワンチャンスだったのですが、タイミングとしては最悪でした。新宿ピカデリーは12/17で終了し、ラピュタ阿佐ヶ谷のレイトショーは12/19から。23区内でこの日に観ることができたのは、ワーナー・マイカル・シネマズ板橋(12/18が最終日)だけ。しかも朝9:00からのたった1回だけ。私の実家は横浜の郊外にありまして、一生懸命早起きをして、満員電車に揺られて、観てまいりましたとも(笑)。

 まあしかし、WEBアニメスタイルでの連載記事をチラチラ読んでたのもあって、怠け者の私にしては頑張ったんですけど、ググッと背中を押されたのは廣田恵介さんのブログ記事でした。

 「え、上映継続のための署名運動?何々?何が起こってるの?」っていう感じですね。原作も、実のところ片渕須直監督のこともよく知らなかったけど、とにかく廣田さんのこの入れ込み方は尋常ではない(笑)。
 まあ、それでいろいろググってみたりして、なるほどこれは映画館で観ておきたいかなー、と。

 大正解でした。やや苦労して観たけど満足。とてもいい映画でした。小さなスクリーンなのに半分は空席だったのが意外でした。私の(狭い狭い)観測範囲ではけっこう話題になっている作品で、この日はこのスクリーンでこの一回しか観れないはずなのに。

 どんなふうに「いい映画」だったかというと、アニメって言うより「映画」って感じでしたね。片渕監督は宮崎駿監督との縁が深かったみたいですけど、作品の印象としては、むしろ高畑勲監督っぽい。

 「WEBアニメスタイル」でかなりの回数、特集記事が組まれていて、これを順に見ていくと、とても丁寧に作られた作品だということが再確認できると思います。むしろ観てきてから読むほうがいいのかなぁ。

 ここの片渕須直監督のインタビューも、なかなかよかった。

 物語の舞台は昭和30年頃の山口県防府市ですが、そこに千年前に父が周防守として赴任してきたのについてきた少女時代の清少納言の物語をたっぷりとオーバーラップさせたのは、原作にはないアニメオリジナルの表現だったようですね。
 少女の想像力が「千年の魔法」と言ってもいいと思うんですが、緻密な考証で描かれた千年前の情景は想像の世界とは思えない厚みで描かれていて、その(四十年前の物語世界と)まったく地続きの感じがちょっとした戸惑いを呼ぶんだけど、それは確信犯でやってたということらしい。

 このわずか90秒のプロモーション映像は実によくできていて、1回映画館で観てきたあとだと、これを観ただけで涙が出そうになってきて自分でビックリしました。

「あしたの約束を返せ!」

 片渕監督の意図とは少し違うかもしれないんですけど、これが高度成長期に入る直前の昭和30年という時代を描いた作品であることの意味を考えたときに、「千年前」と「四十年前」はすぐ隣り合わせであったかもしれないけど、私たちがこの物語を観ている「今」と「四十年前」はもう、隣りあわせではないのではないか。私はそんなふうに感じました。
 千年前(清少納言の時代)の人たちは、千年後の知己を信じることができたけど、四十年前の「あしたの約束」は既に永遠に失われてしまったものなのかもしれない、と。

 あれもこれも、映画を観てないと何のことだかさっぱり分からない話かもしれませんが、そんな難しい映画ではなくて、少女の少女らしい幻想を交えながら淡々と丁寧な描写が積み重ねられていって、いかにもアニメらしいクライマックス(それこそ宮崎駿的な)が来るかと思ったら見事に肩透かしを食って、ちょっと意外なエンディングを迎え、だからこそ余韻が胸に残るという、そんな作品でした。その感じは大切だと思うので、なるべくネタバレは避けて感想を書いてます。分かりにくい向きには申し訳ない。

でも、脚本が巧妙にミスリードしているから、何か見落としたような気持ちになるのも確か。来るべきクライマックスが来ないから、「ここが、いいんだ」と明瞭に指摘できない。あえて言うなら、「クライマックスが抜けてるから、そこが気持ちいい」。
逆を言うと、僕らは、いつも「クライマックス」を探してしまっている。なかば義務のようにクライマックスを探し、あまつさえ、映画に点数すら付けようとする。この映画って、そんな僕らの愚かな習性を、キャンセルしちゃうんだよ。

 まあ、本当にそういうようなこと。キャラクターの物語で果たす役割が、ちょっと意想外というか、判で捺したようなエンターテイメントのパターンからは少しずつズレていて、期待したとおりのものを期待どおりに見たい向きには「?」となる作品なのかもしれません。
 私はそこがむしろ面白くて、もう一度見たい、何度でも見たいって思うんですけどね。何ていうか、「成長」とか「達成」とか、そういうところに行き着かない。その「挫折」をとても丁寧にすくい取っているところなんかは大人の鑑賞に堪える映画だとつくづく。もちろん親子で観てもいい作品。何かが胸に残るそういう作品こそ、ただスカッと気持ちいいだけのアニメよりも価値があると思うのですよねー。

 私もぜひもう一回観たいので、地元での上映を願って廣田さんが主宰するWEB署名運動に参加してみました。
 既に観て「よかった」という方、これから観たいという方、特に地方在住者などで地元でも上映してほしいという方などは、廣田さんが主宰しておられるWEB上での署名に参加されてはどうでしょうか。メールアドレスの記入は必要ですが、少なくとも私はこれに署名してから迷惑メールが増えたりとか、そういうことは一切ありません。

ちなみに、首都圏での上映は打ち切られてしまったと思っていたのですが、

大好評につき ラピュタ阿佐ヶ谷にて アンコール上映が決定! 2010年1月9日(土)より1月29日(金) 連日20:50より1回上映

・・・だそうです。地方も含め、もう少し上映館が増えるといいのですがねー。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(3)

[tag] 映画 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

>

全然関係はないのでしょうが
18日は私も東京出張でした。
ついでに映画を見たあたりまで行動が似ていたので
ちょっとビックリしたのですが
私の見たのは仮面ライダーだったりします。

マイマイ新子は今住んでるところが地元ですので
宣伝してる様子は見るのですが
近所の映画館では公開してる期間が
短かったため、結局見れませんでした

> 今年もお世話になりました

今年も囚人022さんの記事を取り上げさせていただきまして、大変お世話になりました。ありがとうございました。来年は「Ring of Gundam」の映画化など、富野監督の新作情報が飛び込んできて、みんなでワイワイ盛り上がれればいいなと願っています。来年もよろしくお願い申し上げます。

> こちらこそありがとうございました

『Ring of Gundam』は何とかして完成形が見たいですね。
とりあえず『リーンの翼』完全版が楽しみです。

来年がRandalさんにもよい年でありますように。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1502-eda0e73e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。