スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リング・オブ・ガンダム』を、ヒット作にするためには! 

[2009/11/20] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 書きかけている記事がいくつもあるんですが、いつもお世話になっているkaito2198さんが全力で『Ring of Gundam』応援記事を連載しておられるので、ちょっと反応してみます。話し相手がいるほうがいいんじゃないかな、と。

 富野由悠季ファン待望の『リング・オブ・ガンダム』への期待ということで、これはたぶん富野監督への提言というよりも、この作品をプロデュースすることになる誰かの背中を、「こうすれば売れる!(かも)」という感じでググッと押そうという力技の記事のようにお見受けしました。

 私はあくまで「観客」だと自分の立場を定義してますんで、これからの作品については「面白ければいいな!」と希望するばかりですが、kaitoさんの個々のお話には興味深いものがあるので、世の中の受け取り方からは遠いかもしれないオールドファンのたわごとですが、個人的に思ったことを書き留めてみます。

キャラクターとメカのデザインについて

  • 富野作品においては、キャラクターの造形は作品内容や作劇・演出に決定的な影響を与えない
超合金魂 GX-36 伝説巨神 イデオン

 これは同感です。それを強く思うのは、むしろメカのほうですね。あのイデオンのデザインを見ろってぐらいで、オモチャオモチャしたデザインを逆手に取れる富野監督の足腰の強靭さは凄いですよね。プロデューサーの立場で作品が「ヒットする」ことを前提にしたときに、富野監督ならではのこだわりを我慢していただくとすれば、まずはこの部分かもしれません。(監督、ごめんなさい。監督の理想をスポンサーが正しく理解するまでには、まだまだ時間がかかると思うのです。)

∀ガンダム ― オリジナル・サウンドトラック 1

 一方のキャラクターデザインについても、『ブレンパワード』のいのまたキャラをはじめてみた時は私もビックリ(笑)したものですが、それでも今ではブレンほど好きな作品はありませんから、監督の力ならどうにでもできるというのには同意。ただ富野作品の本質は人間ドラマですので、個人的意見としては、ここはメカよりもこだわりを残したいところです。
 先日、秋葉原であったあきまんさんの個展を私は見ることが出来なかったんですけど、油彩画で描かれた『∀ガンダム』のキャラクターの絵画を(ネット上でですけど)見せていただいて、人間味のニュアンスが豊富な富野アニメの人物を描くのには、こういうセンスがふさわしいのだなぁと強く感じました。(アニメ絵らしいマンガ絵、ペン画的なタッチより、他の例で言えばガンダムの安彦さんの水彩画の筆で描いた味わいが合っていたとか、そんな印象論です。)
 ストーリーとのマッチングから言えば、骨格のしっかりとした湖川キャラもベストマッチだったのですが、既に目に馴染みすぎてるという判断があるのならば、やっぱりキングゲイナーで抜擢された中村嘉宏さんの絵には、(例えラフ画でも)「いいなぁ!」と感じさせる力がありますよね。

CGについて

  • これはキャラクターデザインにも絡む問題で、実写の役者をベースにしたキャラクターとはいえ、人物の動き方や演技などと比べますと、顔と表情は明らかに圧倒的に物足りなかった

 そういうわけで、短編フィルム『リング・オブ・ガンダム』で、精一杯ファンの目補正をかけても、ちょっとどうかなーと思わざるを得なかったのはCGキャラクターの「表情」という指摘にも遺憾ながら同感(笑)。
 ただ、まあ、同じく富野ファン補正のかかっている頭で判断すると、あれは毎度何かと「モルモット部隊」にされる(新しいものへの挑戦者とも言う)富野監督に背負わされた十字架だったような気もします。モデルは売り出し中のイケメンライダーとグラビアアイドルかもしれないけど、アニメとしてはあのままじゃ残念ながら売れ筋にはなりにくいというのは、エンディングで中村さんのラフ画を見せているあたり、監督自身も問題点として承知しているのかな、と思っていたりします。

脚本と構成について

 以下は少し議論の分かれるところ。

  • 脚本に関しては、富野自身が脚本を書くと練りが足りなくなる憂いがありますので、富野のコンセプトを上手く拾い上げてくれて、話(脚本)に落せる脚本家が必要です。
  • 構成に関しても、富野自身の構成は上手くないですので、まず何より富野自身に構成を任せてはいけません。必ずシリーズ構成が付くべきなのです。
星山博之のアニメシナリオ教室

 「練りが足りなくなる」というのは、絵コンテで勝負しちゃうのでシナリオに重きを置かない傾向があるという指摘でしょうか。であれば、わかる部分もあります。星山博之さんとかとのコンビネーションがよかったのは、単に脚本家として優れていただけでなく、富野監督とアイデアをぶつけ合える関係性のよさというのもあったと思うんですね。(遺著となってしまった『星山博之のアニメシナリオ教室』などを読むと、そんな風に感じます。)

 「構成は上手くない」という指摘。たしかに中盤でもたついた作品として思い当たるものはいくつかあります。ただ、やはり富野ファンの補正がかかった頭で愚考するに、そのような作品には多くの場合、スポンサー関係その他で当初思い描いていた構成を組み替えたものが少なくないのではないかという印象もあります。
 これは構成力の上手下手の問題なのかというと、そうではなく、むしろそういう「大人の事情」をはねつけることなく受け入れてしまう監督の性格の問題であったり、あるいはそういう圧力から作品を守ることのできない製作環境、力のあるプロデューサーの不在という問題であったりはしないのか。ちょっとそんな風にまぜっかえしておきたいと思いますんで、ここのところはゴメンナサイね。

「全体主義」というテーマについて

  • 全体主義の一つ大きい特徴というのは、「責任者の不在」です。これによって、誰も望んでいないはずだったのこと、決して起こってはならないことが、この構造によって、起こってしまうということです。
  • 「象徴としての敵の不在」は、ある意味ポストモダン的な話で今の時代にも合致してる風潮ですが、安易に悪を指名しない一方、どうやって明確に主人公サイドと相対する敵役(悪役ではなく)を使うのが、『リング・オブ・ガンダム』での一大課題です。

 ご指摘はそのとおりですが、これを読ませてもらって、逆にハタと気づきました。「アレント、アレント」と近ごろしきりに言い出す前から、富野監督はこの課題と向き合っていませんか。

ターンAガンダム II 月光蝶 [VHS]

 『∀ガンダム』という作品は、ナチスドイツのようなイメージでいう全体主義とは縁遠い作品ですが、誰にも悪意のない中で状況がどんどん悪化していき、世界をもう一度滅ぼすスレスレのところにまで行ってしまうという物語の構造は、「責任者の不在」というご指摘の課題と重なります。
 結局「象徴としての敵」の役割はギム・ギンガナムに負わせたようなかたちを取って結末をつけているわけですが、そこで納得する人はそれでよく、もう一歩進めて深く物語を読み込む人は、ギム・ギンガナムという人物も実はほんの些細なボタンの掛け違いのような動機であの立場に立ってしまったと気づいたとき、あらためて悪意ある「責任者の不在」に慄然として終わる。そういう作品でした。

 監督もそんな言い方をしてたと思いますが、アレントの思索は、富野アニメがこれまで長年にわたって人間を観察し、描写する中で考え抜いてきたことと見事に符合するものなんですよ。自分がアニメを通じて思索してきたことを、明晰な普遍的言語で追求した思索が海の向こうに存在したというのが、近ごろの富野監督のアレント熱だと私は思っています。
 なので、「全体主義」を描くことの難しさという課題については私は(売れ筋の話にできるかどうかは責任持てませんが、w)何の不安もなく、富野監督のアンサーを見るのを楽しみにしています。

余談 ― 『リング・オブ・ガンダム』を、ヒット作にするためには!

 せっかくkaitoさんが『リング・オブ・ガンダム』をヒット作にするための方策を真面目に検討しておられるのに、ファン視点の話しかできず、すみません。申し訳ではないですが、最後に私も、「もし私がプロデューサーだったら」という妄想(笑)をひとつ。

 ガンダムシリーズで「これぞ名作」というものを挙げるとすれば、私なら『機動戦士ガンダム』と『∀ガンダム』になります。これらの直前に監督が作っていた作品はというと、『ダイターン3』と(私の大好きな)『ブレンパワード』ですね。あまり共通点がないように思われる二作品ですが、あえて言うと、作品としてのまとまり、完成度が低いと見なされがちなところは似ているかもしれません。
 ただ、私はこれらの作品があったから、『機動戦士ガンダム』も『∀ガンダム』も生まれたんだと思っています。どういうことかというと、これらでは脚本家がかなり弾けてるんです。あまりに元気すぎて、全体ではまとまりがつかないぐらい。そのことが、一種のブレーンストーミングでもあり、また極言すると「オレがオレが」というむらっ気を抜くカルマ落とし(ガス抜き?)にもなった面があって、その次の作品にスタッフワークとしての好影響を与えているんではないかと。

 であるからして(笑)。私も一ファンとして早く『リング・オブ・ガンダム』の完成形を見たい気持ちは山々ですが。そこをグッとこらえて、ここはひとつ、その前に全く違う話、めちゃくちゃはっちゃけたもの(「富野どうしたんだ、大丈夫か」と言われるぐらいのもの。いっそ「萌え萌え」でもよい w)をやってから、『リング・オブ・ガンダム』でもいいんじゃないか。(笑)

 失礼しました・・・。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(2)

[tag] リング・オブ・ガンダム fc2ファビコン ターンエーガンダム fc2ファビコン 富野由悠季 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> はじめまして。

富野好きの大学生です。
いつも囚人022さんやkaito2198さんの記事、拝見してます。富野を知らない若いオタクを富野作品の世界に引き入れるためにも、富野監督には是非萌えアニメを作ってもらいたいです(>_<)

> 脚本のことに関しては

遅れながらもコメントさせていただきます。

「練りが足りなくなる」という話はもっとも象徴的なのは『Z』と『V』の差だと思います。両作品はともに富野監督がコンセプトを主導してた作品なのに、ドラマの部分に差が出てるのは、やはり脚本の差だと思います。
簡単に言いますと、『Z』の新人遠藤+鈴木と富野修正脚本。『V』の富野と園田、桶谷のキャッチボールが上手く作用した脚本。感覚的なことしか言えないのは申し訳ないですが、たぶんこんなことではないかと思っています。当然、大人の事情も考えなければいけませんけれど。

「象徴としての敵の不在」はおっしゃるとおり、自分も『∀ガンダム』のギンガナム問題を意識してます。だからこそ、ギンガナムほど魅力的かつギンガナム以上丁寧な敵がほしいわけです。ギンガナムはあれで十分だと思いますが、やはり改善できるところがあると思います。

星山氏の∀脚本に対する遺憾は、よく分かりませんけれど、ここらへん富野監督自らの反省とはおそらく同じことだと思っています。

http://kaito2198.blog43.fc2.com/blog-entry-632.html

ガス抜きの話は同感です。「ブレン+∀」というセットがやはり一番だと思います。昔は小説があるからまだいいですけど、正直最近のはテーマが詰めすぎる気がしないでもないです。
ですから、「可愛い子萌えアニメ」+「本命(ガンダムとか)アニメ」のほうがいいですよな~私の望みで言えば(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1499-56f1d3be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。