スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「松本零士ブーム」から「機動戦士ガンダムの時代」へ 

[2009/11/06] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 PSB1981さんとの対話からはじまった、この記事の続きです。私のほうの発言を書くとか言いながら、あまりそうなってないですし。(笑)

 松本零士ブームって何だったのか。私だってリアル中坊だった時代のことです。前の記事で引いたようなアニメ様のように冷静な視点はないんですが、当時のぬるーいアニメファンのレベルでの実感で言うと、アニメの情報も知識もほとんどない中で、「アニメの作者」=「原作マンガの作者」というありがちな勘違いが基本的にはありました。それが第一点。

宇宙戦艦ヤマト【劇場版】 [DVD]

 あと、『宇宙戦艦ヤマト』の続編商法が余りにお粗末で、ビジネス的なやり口のあからさまだった西崎義展プロデューサーへの反発が、ヤマト以後のアニメファンのやり場のない気持ちを、松本零士への追い風にしていたということもあったかもしれません。

 私はヤマト以前から、松本零士の「戦場まんがシリーズ」が大好きな子どもでした。彼の描くメカは(「アルカディア号」をはじめ)とにかくカッコよかったんです。
 ですが、本業であるはずのまんがのほうで、読み切り短編はともかく長編シリーズは、どの作品も中途半端に完結しないのを見ていくにつれ、「・・・?」という気持ちが生じてきたことを実によく覚えています。今の人には笑われるでしょうが、アニメというのは漫画家が実際作ってるわけじゃないらしいよということを知るのは、もう少し後になってからのこと

旅立ちは描けても帰途のビジョンがない。999があんなに長旅だったのも頷けます。できることなら永遠に旅を続けていたかったはずです。あれは、覚めぬ夢の話です。いつまでも覚めぬ夢にたゆとうていたい、そのための揺りかごの話なんです。成長譚じゃないんですよ。あれはむしろ、ドラえもんやサザエさんの延長線にある。

 これはバルタザールさんからいただいた言葉ですが、全く同感です。「遠く時の環が接するところ」って殺し文句で、どこまでも無限にループしちゃう。(笑)

 松本零士という人は、今だったら世界観を作るコンセプターとか、そんな感じでしょうか。もっともそれも、同じパターンの繰り返しばかりではあるんですが、(愛憎入り混じった言い方ですけど)たしかに癖になりそうな、変な味のある作家ではありました。

 ところで、当時のことを振り返って言うのに、オッサンたる私は“「底辺」にいたぬるーいアニメファン”というようにしか自分の立場を説明できないのですが、それは若いPSB1981さんに言わせると、「底辺も何も、全部『消費者』として、ひと括りでいいのでは?」とひっかかるそうなんですね。

まあ当時はクリエイターに近いファンも多かったでしょうし、ファンも知識を競うようなところがあったので、ヒエラルキーがあったのかもしれないですが、「底辺」という響きには、単なる消費行為の中に、抵抗の物語を呼び込もうとしているようなニュアンスがあって、そこが不思議な感じがします。

もっとも、アニメ新世紀宣言とか見ると、そういう(抵抗の)物語(フィクション)としてアニメブームがあったんだなぁ、と思わせられますが。

・・・とのご指摘でほとんど間違いはないのですが。よく考えてみれば、「抵抗の物語」というものはたしかにありました。いや、あったような気がするというべきか。
 そこに物語はあったんだけど、それが(仕組まれた)フィクションに乗せられただけだったのか、敗北戦だったのかというあたりの話になるんでしょうかねぇ。w

機動戦士ガンダムの時代 1981・2・22 アニメ新世紀宣言 さよなら銀河鉄道999 -アンドロメダ終着駅- (劇場版) [DVD] 劇場版 1000年女王 [DVD] 幻魔大戦 [DVD]

 小牧雅伸さんの書いた『機動戦士ガンダムの時代 1981・2・22 アニメ新世紀宣言』という本は、ガンダムの話よりも実は、その前史になる『宇宙戦艦ヤマト』のファン活動の盛り上がりの部分が面白い本でした。底辺というか、アニメブームのはるか後続にいた私にとっては、あのへんの人たちというのは遠い物語だったことは間違いないんですが、巧みに煽られて「付いていこう!」と思っていたことも事実でした。

 小牧さんのアニメ誌『アニメック』なんかに扇動されていたことは、子ども心にもいちおう分かっていましたが、松本零士について言えば1981年に999の続編『さよなら銀河鉄道999』が出た時点で、「松本よ、お前も(続編)か!」という絶望に似た気持ちがありましたし、メディアミックスの先駆けだったらしい『1000年女王』(劇場版は1982年)や角川映画の『幻魔大戦』(1983年)などの大仕掛けな宣伝戦への反発というのもたぶん他方にはあって、「自分たちが見たいアニメは、自分たちで選ぶんだ!」という気分が草の根的に横溢していたことはたしかだったと思うんですよ。
 小牧さんの内幕話を読んでも雰囲気は分かりますが、『アニメック』は(失礼ながら)まっこと素人くさい本でした。そこがかえって仲間のような意識だったのかもしれませんねぇ。

 そんな感じで毎号アニメックを買うほどでもなかった私は情報弱者でしたから、「アニメ新世紀宣言」(1981年)は後になって知りましたけど、イベント「明るいイデオン」(1982年)はテレビ特番を一生懸命見てました。
 小牧さんの本には「明るいイデオン」の話はあまり出てこなくて、私としては残念なんですけど、たぶんそんな感じで、一番末端のほうに火が拡がった頃には、渦の中心核のほうでは少し覚め始めていたのかな、とか。そんな印象です。実際、小牧さんの本を読んでも、承知でムードに乗せられて戦略的に後続を煽っていたという感覚はあったんでしょうね。

伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 [DVD]

 あのへんの草の根運動(?)のリーダーシップをとっていた主だった人たちが、今では製作者やメディアの側に行ってしまっているのを思うと、「仕組まれたフィクション」に乗せられていたのかなぁと思わなくもないですが、それだけのことを仕掛ける才能があった人たちだからそうなってるんですよね。

 西崎義展にしても松本零士にしてもイデオロギーっぽい感じがあって、失望が次第に押し付けられるイデオロギーへの無意識的な嫌悪感に変わっていって、そうして(『うる星やつら』的な)消費文化を享受していった当事者が、結局われわれなんですよねぇ。
 ただ(もちろん使えば使うほど偉いという話ではなく)「消費者」の中にもヒエラルキーがあるかのように感じ続けていて今日に至るというのは、出発点での刷り込みなんだかどうだか。

 いろいろ考えられないような不祥事があって、長くムショ暮らしをおつとめになっていらっしゃった方が、娑婆に出てきたとたんにヤマトの映画を作れちゃうというのも、実に不思議な現象だなぁというようなことも近年ではあります。
 そういう意味ではイデオロギーの亡霊は、いまだ死に絶えていないのかもしれません。死に絶えていないどころか息を吹き返しつつあるのか。(これらみなひっくるめて、いまだ歴史化されきらない進行形の現代史なのでしょうかねー。)

 当時のことで言えば、『あしたのジョー』にせよ松本零士の戦場まんがにせよ、「命がけで燃え尽きるぜー」・・・みたいなものが、遠いできごとになってしまったからこそ、人々に受け入れられるものになっていた。言われてみれば、そんなことかもしれません。
 (外から見ればそうでもないかもしれませんが、)私はどうも80年代にうまく乗っかれなかったと自分では思ってるほうです。 その・・・マニアからオタクへというような脈絡で言うと、私なんかは、ずーっと先を行ってる人たちのあとを付いていってるつもりだったのが、「アレーいつの間にか背中が見えなくなっちゃったなー」とか、そういうふうに思ってましたけど、たぶん彼らはどっかでススッと時代のコーナーを曲がっていたようです。そういうようなことが最近になってようやく少しだけ分かってきました。

 それにしても何でヤマトだったのか、あるいはガンダムだったのか、(私はガッチャマンの話なんかもしたくなりますが、)という話もありますし、先にバルタザールさんのコメントにお返事する中で頭の中に浮かんできた、あの時代に特有(?)なマンガとアニメの緊張関係のような話もあるんですが、あまりに長くなりましたので、この続きはいつかまた。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(3)

[tag] アニメ史 fc2ファビコン 松本零士 fc2ファビコン オタク fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 重厚な文章ですね(^^)

初めまして。
ヤマトもガッチャマンもガンダムも一通り嵌った世代です。♀ですが(^^;。
ここはすごい文量に驚きです。消化不良にならないように、ゆっくり他の記事を拝読させて頂きますね。

>娑婆に出てきたとたんにヤマトの映画を作れちゃう
正直、複雑です。。

>松本零士
「男おいどん」が好きでした(笑)美しく神秘的で髪が日本人好みのストレートロングヘアのヒロインが、夕鶴みたいで男性の理想を体現してるのかな~って、勝手に思ってました。
女子供にわかりやすい内容だったし、感情移入しやすい絵柄であることは確かでした。

> わーい、同世代!(笑)

おにさんは、ブログ「ログハウス」の方でしたか。以前からときどき読ませていただいていましたが、ご挨拶は「はじめまして」でよかったんでしたっけ・・・。

ブログを拝見すると、おにさんは『トリトン』をリアルタイムで見た記憶があるんですねー。女の子のほうが早く大人になるからなー。
最近、DVDボックスを買ったので、トリトンの感想もそのうち書きたいと思っています。

どうも書き出すと長々と書いてしまうのは、悪癖というべきところでして。

私たちの世代が西崎義展と松本零士に抱いてる複雑な気持ちって、どういえば若い人たちにも伝わるんだろうかと悩むばかりです。
西崎さんなんかは富野監督とも因縁浅からぬ人物ですけど、「アニメ史の怪物」は、まだ現役の怪物なんですねー。

> 白黒TVでトリトン

同世代なんですね。わ、うれしいです。
トリトンの髪が緑だとわかったのは、5,6年生の時お年玉で買ったトリトンのドラマレコードのジャケ絵でした。話には聞いてましたが、。結構びっくりしましたよ(笑)
DVDBOXは、熱心なママさんファン(富野ファンですよん)が持っていて、5年前くらいに借りて長女と一緒に見直しました。長女はよく話を覚えてますね~。

>書き出すと長々と書いてしまうのは、悪癖
耳が痛いです。私もそうなんです。どうぞ懲りずによろしくです。

>現役の怪物
思うこと、ありますねえ・・・今度ゆっくりお話させて下さいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1497-ff0a644f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。