スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むかしむかし、「松本零士ブーム」というのがありました 

[2009/11/02] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 某所でPSB1981さんとちょっと面白い対話があったので、ブログに転載しようかなーと思っていたら、思いは同じだったようなので、応答するような感じで私のほうのパートの発言を書いておきます。(すぐに書くつもりがだらだら長くなってタイミングを逸してしまい申し訳ない。)

銀河鉄道999 (劇場版) [DVD]

 PSB1981さんは私よりずっと若いんですけど、
 「子供のころ銀河鉄道999が嫌だったなー」
 「メーテル嫌い、っていうか怖いんだよ。。」
・・・ってつぶやいておられたんで、
 「テレビ版はそうでしたね。あれ、映画版と違って鉄郎が子どもだからそう感じたのかなぁ。」
・・・と合いの手を入れたら、
 「映画版は鉄郎子供じゃないんですか?」
・・・というリアクション。(!)
 劇場版『銀河鉄道999』というのは、(例えば宮崎アニメなんかと同じぐらいのレベルで)わりと誰でも見たことのあるタイトルだと思っていたので、すでに歴史のかなたに去っていっていることにびっくり。(まさに「さらば、少年の日よ。」)

 それで「あの松本零士ブームってのは何だったのか、誰か目の覚めるような解説を書いてくれないかなー」と私がぼやいたところ、PSB1981さんがリンク先の記事のようなことを書いてくださったというような流れです。

明らかに高度消費社会を前提にしなければ成立しえない当時のサブカルの中で描かれる、世の中(高度消費社会)に敗れ去る(ことを選択する)男の美学(スノビズム)と、それを消費する(プレ)オタクみたいな。

>消費社会への敗北
この辺りの感覚は、村上春樹の初期作品を読むと(頭で)理解できます。

ねじれ、というのは、そんな村上作品が、80年代においてスタイリッシュなオシャレ小説(プチインテリや都会人の自意識の受け皿)として消費されていったという点ですね。

世の中に取り残され、敗北してゆくジョーや松本マンガの中の男(の美学)が、女子供のメディアであるマンガやアニメに乗っかって、高度消費社会到来後にブームを巻き起こした、というのも同じだと思います。

 もう少し前段のところでこういうお話もあって、それで宇野常寛さんなら「安全に痛い」と表現するだろうと言われたのに、ひどく納得が行ってしまって。とぼけた感想なんですが、「エヴァンゲリオン的な読み方」ですね、と思わず言っちゃいました。
 これは文句でもなんでもなくて、長い間、「あれは一体なんだったんだろう?」と思ってきたことが、こういう読み方で「なるほど」と思えるのだから、なるほどエヴァンゲリオンはアニメの批評を進歩させたんでしょうねー。

 前にも書いたかもしれませんが、アニメ様こと小黒祐一郎さんは私とまさに同世代なので、時代の証言として「アニメ様365日」の連載は本当に貴重というか、ありがたいです。
 まだオタクという言葉もなかった時代でした。先端的なマニアとぬるーいアニメファンの立場の違いは、今からは考えられないぐらい大きかった。インターネットなんて便利なものがなかったあの頃では、アニメの渦の中心核近くに迫っていけるアクティブな人(情報強者)と周縁の凡人(情報弱者)では段違いでした。
 エヴァンゲリオンはインターネットの普及とタイミングが合っていたから、あんなに盛り上がったんじゃないかという印象も私なんかにはあります。(これは別に悪口ではなく。)

  • 1977年 『宇宙戦艦ヤマト』
  • 1978年 『さらば宇宙戦艦ヤマト―愛の戦士たち―』
  • 1979年 『銀河鉄道999-GALAXY EXPRESS 999-』
  • 1980年 『ヤマトよ永遠に』
  • 1981年 『さよなら銀河鉄道999 ―アンドロメダ終着駅―』
  • 1982年 『わが青春のアルカディア』、『新竹取物語 1000年女王』
  • 1983年 『宇宙戦艦ヤマト 完結編』

 しかし、もう一度並べてみますが、なるほど松本零士ブームというのは、劇場版だけで並べてもこんなことになるんですねー。(もちろんこのほかに『キャプテンハーロック』をはじめテレビアニメが多数ある。)
 劇場版『銀河鉄道999』はブームを決定付けたというか、ここが頂点で、あとは下り坂。(もちろん、この1979年に『機動戦士ガンダム』がブレークして、そっちへ人気が移ったというのはあります。)

 この話は、できればもう少し続けさせてください。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(3)

[tag] 松本零士 fc2ファビコン 銀河鉄道999 fc2ファビコン アニメ史 fc2ファビコン オタク fc2ファビコン 世代論 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

>

ヤマト、999はまさに僕の青春でした。今回の話題、楽しみにしています。

> 無法者の系譜、というのもある

解釈としてはスムースだと思うのですが、敢えて異を唱えておきます。

そもそもジョーは負けていた/いるのか、という再定義です

ある意味彼はこの時代のスポーツマンガの雄であり、ていうかそういえばスポ根もの、って言ってましたよね。同年の作品には「巨人の星」「柔道一直線」。子供向きには「タイガーマスク」がありました。
いずれも、(描写は素っ頓狂ですが)難敵に会い、根性で特訓を乗り切り、奇策も交えて勝ち続ける話なのです。

ちょっと調べてみましたが、この辺がだいたい67年頃の連載、銀幕では「荒野の用心棒」が一大ブームを巻き起こしています。邦画では「網走番外地」で高倉健がデビュー。ここから5年下って「仁義なき戦い」で菅原文太、(テレビで)「木枯し紋次郎」で中村敦夫が脚光を浴びることになります。そして、この72年に松本零士の「ガンフロンティア」が世に出ます。世間ではそろそろマカロニウェスタンが食傷されていた頃。
ちなみに「ルパン三世」は67年雑誌連載開始、71年にテレビアニメ化。

そして前述の矢吹丈もまた、典型的な無頼漢で、いわば拳一つで伸し上がっていった風来坊です。ピカレスクものというのは語法が間違っているかもしれませんが、清廉な求道者の如きスポーツマンではない。
星飛雄馬のような正当派ヒーローも擁しながら、非常に数多いアンチヒーロー、無法の男達に脚光があたっていた時代なのです。ついでにもう一つ。65年には兵隊やくざという映画があります。座頭市で既に知名度を上げていた勝新太郎の、当時の看板作品です。


そういうふうな一時代を築いた価値体系があり、それらが風化して飽きられ、類型化のレッテルを貼られたのち、80年代のこぎれいなシティーボーイ文化が立ち現れる、と見ることもできます。

つまり、僕を含めた40代が、それらちょい上の世代の流行を「おわったもの」として見ているのだという事は忘れない方が良いのではないかと。同時代でないから、残滓を見ただけでそこに「滅び」のイメージを重ねるのは多分、早計です。観察者のバイアスが、こういったものにはかかりがちな事を示唆しておきます。

> マンガからアニメへ

『あしたのジョー』はアニメ化にあたって出崎統の解釈が相当入っていて、ストーリーは同じなんですけど、作品としての性格はかなり異なると思うんですね。あれは原作マンガに対する批評性をアニメがはっきりと持っている分かりやすい例でした。時代の曲がり角ということもあったでしょう。

松本零士のマンガ、特に私の好きだったのは『戦場まんがシリーズ』のほかには『四次元世界シリーズ』などもありました。世の中に取り残され、生きることに破れた、まさに滅びの美学こそが、この作家の真骨頂だと私は思います。

マンガとアニメの関係というのは、今ではかなり馴れ合ったもののように思えるのですが、アニメというものが物語を収める器として主張しはじめた、この時期には、さまざまなかたちで緊張関係があったように感じられます。

松本零士のまんがが持っていた世界について、たぶん本人自身よりも、アニメ化に取り組んだりんたろうさんをはじめとするスタッフは、批評性を持って取り組んでいたんだろうというのは、私にはちょっとした発見だったんですよ。(あの『宇宙海賊キャプテンハーロック』の最終回なんかは象徴的でした。)
http://zmock022.blog19.fc2.com/blog-entry-444.html

ここでは、この異なるメディアの間に生じた緊張関係が薄れていき、『サザエさん』的なテレビアニメの惰性に呑まれていく過程の話をしているのかな、と思っています。
さっぱり進みませんが、続きを書いていますので、またお考えをお聞かせいただければ幸いです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1496-2380607f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。