スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70万ヒット御礼と、コミュニケーションコスト云々の話 

[2009/10/03] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 このブログに設置してありますカウンターの数字が70万を超えました。先月の記事数が最低記録更新の4回というタイミングでこういう節目が来るというのも、何とも間が悪いのですが、仕方ないですね。(苦笑)
 もっとも、前回65万ヒットのお礼を申し上げてから約3ヶ月でありまして、60万から65万が4ヶ月かかったのから見れば、少しは元のペースに戻ったという意外な結果です。

サマーウォーズ完全設定資料集

 この間に多くアクセスをいただいた記事は、「サマーウォーズ問題」ってどんな問題なんだろう?(8/21)ぐらいでした。はてなブックマークで取り上げていただいたり、ニュースサイトにリンクいただいたりしたおかげであります。
 考えてみるとちょうど1年前に押井守監督の「スカイ・クロラ」も公開初日に見に行って、これも多くの人に読んでいただけましたから、要は旬な映画をいち早く見に行って感想を書いただけじゃないかという話もないではなく。
 ただ、押井監督の「スカイ・クロラ」より、今度の細田守監督の「サマー・ウォーズ」は、“応援”したいという気持ちが少し多めだったんで、見てきた直後の感想ではそういうフィルターがかかってたんですが、やっぱり気になったことには(おぼつかないなりにも)触れてみたほうがいいということなんでしょうね。

 9月には、富野由悠季監督のショートフィルム『リング・オブ・ガンダム』がGyaOで配信されたので、これこそ全力で応援したいと思って、「毎日観ましょう!」、「みんなで観ましょう!」、「何度でも観ましょう!」と(少ししつこく)書いてみたんですが、どうも手ごたえは今ひとつでした。
 想像力を刺激される短編で、物語面や演出面では見事な作品だと私は確信しているんですが、まあ正直に気になったことといえば、皆さんそうでしょうけど人物のCGですね。ただあれは、(実在のタレントをモデルとすることとか)製作の“条件”みたいなものが何かあったのかなと個人的には思ってます。

 このブログも書き始めて5年目になるんですが、最初はただ好きなアニメのこととかを漠然と書いていくつもりでした。それで昔好きだったガンダムのこととかを書いているうちに、自分が好きなのは『ガンダム』じゃなくて富野由悠季という人の作る作品だということがだんだん自分で分かってきて。
 それまではむしろ食わず嫌いだった富野監督の小説なんかも読んでみたりするようになってきて、どんどん“富野スキー”の道へと入り込んでいったというような経過があります。

海のトリトン コンプリートBOX [DVD]

 念願だった『海のトリトン』のDVDボックスも入手しまして、その感想なんかもぼちぼちと書いていきたいと思っていたりもするんですが、どうも根っから好きで書いていると、むしろ富野作品について触れた記事はあまり注目してもらえないというところがあるんですよね。
 それでも自分が書きたいことを書いているブログなんだから、読者が多かろうが少なかろうがかまわないと言っちゃえばそれまでなんですが。
 とにかく思いを伝えることができないのは、自分の力不足なんだろうなぁと思うと、少し哀しくなります。

正直に言うと、すべての観察対象(とコミュニケーション対象)をエネルギー全開の解像度でまなざし続けたら、僕は廃人になってしまうと思います。美術館で疲労困憊するようなノリで日常生活を過ごせば、間違いなく神経衰弱に陥るでしょう。

 それはそれとして、シロクマ先生の上記の記事は、インターネット上でのコミュニケーションコストについてのお話だったんですが、これを読んだときに私が思ったのは、アニメを観るのなんかでも同じだなということでした。何でもかんでも観るもの全てをエネルギー全開で観ていたら、へとへとになってしまいます。

 このところ、それは何となく思っていたことではあって、例えば『バスカッシュ!』とか、『真マジンガー 衝撃!Z編』とか、このへんの現在進行形のロボットアニメもフォローだけはしているんですが、感想を書いていく気力がなかったんで、ただ観てたんですね。

 『真マジンガー 衝撃!Z編』は展開は面白かったんですけど、最終回がああいう風に「続く」という感じで終わるのは私は好きではありませんでした。クライマックスに来ている『バスカッシュ!』も変わったロボットものなんですけど、奇想天外のストーリーなのか、やや迷走したと言うべきなのか、ちょっと判断保留ですね。

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD] 崖の上のポニョ [DVD]

 あと、このところDVDで観たのに感想書けなかったのは、『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』とか『崖の上のポニョ』とかもあって。ここまで書けない状態というのもまったくどうしたものかと。

 読み終わった本のちょこちょこっとした感想なんかは、このへんにこっそり書き留めてみたり、ぼそぼそとtwitterでつぶやいてみたりとか、まるでブログを書くのに怖気づいてしまっているような、そんな感じですね、このところは。

 うだうだと長くなっちゃってますが、近ごろ読み終わった本の中で印象に残った部分が、先ほどのシロクマ先生の文章とも関連するので以下にちょっと引用します。

リアルのゆくえ──おたく オタクはどう生きるか (講談社現代新書)

 つまり、コミュニケーションコストをかけて多くの他者と知り合うことが、本当に多くの人にとっていいことなのか、それがわからない

大塚 そこで、東浩紀がコミュニケーションをそもそもコストという尺度でみる立場を取り続けるのであれば、君がものを書く理由がぼくにはよくわからなくなる。

リアルのゆくえ──おたく オタクはどう生きるか (講談社現代新書)

 この本は、もうとうに話題の旬を過ぎている本なんだけど、書店で手にとって東浩紀と大塚英志の年齢をみたら、自分はちょうど真ん中だったので、これは買わなくちゃいけないと思ってしまったものです。「世代間闘争を偽装」とか、ネタばらししながらのロールプレイで、それぞれ少し下の世代、少し上の世代の立場を引き受けながら対話しているところもあるんですけど、まあ私がちょうどその中間にいることは間違いないんで、どちらの話も分かるし、それぞれ相手の話にうなずけないところがあるのもそうだろうな、と思ってしまいました。

 以前の私は、この二人であれば迷わずに大塚さんのほうの立場を取ってたんだろうなと思うんですが、たぶんこのブログで私より若い皆さんといろいろ対話させていただいたようなことを通じて、近ごろでは東さんの言うようなことも少し分かるようになってきたんじゃないかと思ってます。
 ただ、あっちの話も分かる、こっちの言うことももっともだという、どっちつかずに揺れていたのでは、それは何ものでもないんで、そういう中から(とりあえずでも)自分なりの立場や考え方というのは、その都度持つようにしないとよくないだろうなと思いました。

 アニメを観るというのも、それを作る人とのコミュニケーションなんだと思うので、相手を尊敬してメッセージに耳を傾け、思ったことがあれば自分の立場から言葉にしていくようにしたいと思っています。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(4)

[tag] ○○Hit fc2ファビコン ブログ fc2ファビコン コミュニケーション fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 70万ヒット!

好きなように書くことより好きなものについて書くことの方が
ずっとむずかしいのですね。わたしは、その差にようやく
気付きつつあります。

囚人022さんの好きという思いに溢れたこちらのブログ、
70万ヒット、おめでとうございます。

> ありがとうございます

好きなものの話しか書けませんが、
好きなように書くだけでは駄目かもしれないと
思い始めたら難しいですね。

Nishinomaruさんのブログへの姿勢を見ていると、
いろいろ考えさせられます。
所詮自分流にしかやれませんけれど。

>

>Nishinomaruさんのブログへの姿勢を見ていると、
>いろいろ考えさせられます。

面目ありません。ブログを含めたネット上での行動を仕切り直し
たい気持ちでいっぱいなのです。

>

マイペースで行きましょう

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1491-6661dc1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。