スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度でも観ましょう!『リング・オブ・ガンダム』 9月21日まで! 

[2009/09/13] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 富野由悠季監督の待望の新作フィルムであるから。たとえ5分ほどの予告編めいた短編であっても、この目にできることはうれしいし、何度も繰り返して観てしまっています。

 音楽のことはよく分からないなりに菅野よう子の音楽が凄いなと思ってましたが、繰り返し聞いているうち、冒頭から最後まで、ほぼ完全にひとつの曲として通っている感じがしてきました。これ、音楽だけのバージョンっていうのも聴いてみたいぐらい。
 っていうか、ドラマの盛り上がりと曲調の盛り上がりが本当に見事にシンクロしていて、絵があって曲を作ったのか、曲にあわせて絵を作ったのか、そんなことも不思議に思ったり。

 主人公エイジィを演じている(3DCGのモデルでもある)川岡大次郎さんは『仮面ライダーディケイド』なんかにも出ている役者さんらしいです。イケメンライダーですな。w

次世代の新機軸ガンダム「Ring of GUNUDAM」のキャラクターの声と動きを演じてます。 僕とほぼ同い年のガンダム。 俳優として、今、こういう形で、ガンダムに関わる事ができて光栄です。

 ヒロインのユリアを演じている平田裕香さんは『獣拳戦隊ゲキレンジャー』で、悪のヒロインを演じられたそうです。画像検索をするとびっくり(笑)しますが、グラビアアイドルとしても活躍中だそうです。

ガンダム 30周年記念作品【リング オブ ガンダム】 に関わらせていただきました☆ あのガンダムの生みの親、富野由悠季原作・総監督で、 音楽は大好きな菅野ようこさん。 その他にも、豪華スタッフ陣

リングオブガンダム、 ただいまインターネットで公開されているんですってよ! 短い時間だけど、すんごい世界観があって、想像を膨らませるとどこまでも広がっていきます。 見てみてくださいな☆

 ふふふ(笑)、芸能人の方のブログなんて、初めて読ませていただきましたよ。

 あと、私はアニメファンなんですけど、声優さんにはちっとも詳しくないので、ビューティメモリーの声を演じられた小清水亜美さんが、『エウレカセブン』のアネモネちゃんで、『コードギアス』の紅月カレンで、『狼と香辛料』のホロだと知って、ビックリしちゃいました。(無知でゴメンなさい!)

 サウンド面では、富野監督も「天才」とシャッポを脱ぐ菅野さんの音楽が、もうそれだけで世界観を作っていて。そこへ物語が乗っかっていくというか、絡んでいくというか、拮抗しようと立ち上がってくるというか。いわゆる「富野節」というのも、耳から入ってきたときの音の切れとかリズムとか、そういうものでもありますし。
 流れがギクシャクしていると地の文でベタベタに説明しないと表現は伝わらないんですが、「本線の情」にすーっと乗っていれば、むしろテンポが重要なんだと思います。「予告編」ではなく短編アニメーションと考えれば、当然のように内容は象徴的なものになりますし。(まあ『ガンダム』と思って見に行ったらアートアニメーション的なものであれば、戸惑うこともあるでしょうけど。)

 もっともMASAさんがコメントくださったのを読んで、なるほどそうだなーと思ったんですが、

まぁ昔からそうですが、、、 ルウム戦役ってなに?ミノフスキー粒子ってなに?わからん、とかと一緒の気が、、、、枕詞でしかないし、舞台をリアルに感じさせるためのものなだけなんですけどねぇ、

・・・というのは、本当にありますねー。後付であれやこれやと説明は付け加えられたけど、1stガンダムの映像の中では、それらも投げっぱなしの謎の言葉に近かったですね。もちろん、もっと重要なものでは「ニュータイプ」というものも。

 今回の『リング・オブ・ガンダム』では、「アムロの遺産」というのがそれだし、「リング」もそう。
 「アムロの遺産」については、このフィルムの描写を見ているとリングコロニーの中に眠っていたRX78に似たガンダムに仮託されているようにも読めるけど、たぶんそんなにシンプルではなくて、近年富野監督が考えているらしい、新しい「ニュータイプ」観が投影されているのでしょう。

「我々は現在以上の能力を持てる可能性にチャレンジしなければいけない」「チャレンジする意味もあるのではないか」、つまり(ニュータイプは)全部がフィクションではないというところに到着することができました。

(同じニュータイプでも)アムロはガンダムしか操縦できませんでしたが、我々はエネルギーがなくなった地球でも1万年生きのびることができるかもしれない。人にはそういう可能性はあるのではないかというシンボルに(ニュータイプは)なりうるのではないか、ということが僕の中にあるこの1年間のニュータイプ論です。

 「リング」についても映像の中ではリングコロニーというものがあったりしますが、次のような話がありますので、それが象徴しているものは「輪廻」と理解できそうです。

本書が出版されたのは「ブレンパワード」が放映中の1998年。 翌年の1999年に放映が始まる「∀ガンダム」は、設定や物語がイデオンに酷似した「伝説巨神イデオンⅡ」とも言える作品なのです。 事実、富野由悠季氏の「『リング・オブ・イデオン』は無理だから『リング・オブ・ガンダム』という名称でイデオンみたいな輪廻の物語をやりたい」という主旨の発言が「イデオンという伝説」には記載されています。

 『∀ガンダム』と『伝説巨神イデオン』を結びつけるのは意外なようですが、難しい話を雑駁にしてしまうと、個である人間の「生」を、生命の循環の中に捉える視点は共通しています。ただ『イデオン』では、個であることから離れられない業を持つ人間が、輪廻の輪から抜け出られないことには「永遠に繰り返される苦しみ」というカラーが強く感じられましたが、『∀ガンダム』ではディアナ・ソレルの最後の選択にも見られるように、人はやがては「土に還る」ものなんだということを肯定的に描いていたことが印象的でした。

 『リング・オブ・ガンダム』の話に戻ると、「人類の記憶の全て」に触れるということは非常に壮大な話です。ただ、思い出してください。1stガンダムの「光る宇宙」の中で、アムロはララァを失うという大きな悲劇の中で「信じるさ、君ともこうして分かりあえたんだから。人はいつか時間さえ支配することができるさ」と涙を流しながら語っていました。

 そういうことを思い出しながら、ビューティメモリーが最後に付け加えた「絶望しなければね・・・」という言葉を味わってみてください。

 この辺は一見、難しい話なので、もう少し整理してから書こうと思っていたんですが、ついつい生な言葉のままで書いてしまいました。私は本当にこの短編は素敵だと思います。

9/17追記

 本文中で触れた『イデオンという伝説』に掲載されている「リング・オブ・イデオン」についての富野監督のコメント、「最近どこかで見たはずだ、おかしいな」と思っていたら、7/9付けのkaito2198さんのブログに当該部分が引用されていました。下記の記事も、ぜひご参照ください。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(1)

[tag] リング・オブ・ガンダム fc2ファビコン ニュータイプ fc2ファビコン イデオン fc2ファビコン ターンエーガンダム fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

>

こんにちは、ザコソルジャーと申します。
いつも私のブログをはてなブックマークに取り上げて頂き有難うございます。
リング~の感想をトラコミュに送らせていただきました。

今、一番気になっているのは『リング・オブ・ガンダム』というタイトルの意味です。
輪廻回帰の物語という意味なんでしょうが、それとガンダムをどう結び付けるのか?という所に興味があります。

最近良く富野監督が仰る、環境問題を真面目に考えられる人類はニュータイプ。
それが百年先、千年先まで人類が存続する事に繋がるんだよ、という意味なんですかね?
自分で書いておいて意味が分かりませんが、イデオンみたいに人類の未来に対して悲観的な物語にはならないのは確かですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1489-75bcd4b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。