スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなで観ましょう!『リング・オブ・ガンダム』 9月21日まで GyaO! ですよ 

[2009/09/08] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(6) | TOP ▲

 何はともあれ、みんなで観ましょう。先月東京で開かれていた「GUNDAM BIG EXPO」で公開されていた、あの富野由悠季監督の最新の映像作品『Ring of Gundam』ですよ!9月21日までの期間限定無料配信だそうですよ!

 オールCGの画面が見慣れないし、全部でも5分半ほどの短い映像ですけど、セリフの感じなんかは間違いなく富野節(笑)。この短さの意味がよく分からないんですけど、来るべき新作の予告編だったら嬉しいなと思いつつ、パイロットフィルム的な位置づけで、世間の反応次第で今後の扱いが決まるんだったらどうしようとか、何か勝手に舞い上がっちゃってます。

 3DCGのことはあんまり知らないんですけど、これって技術的にはどうなんでしょう、実際の役者さんの表情を元にするなんてのは前からあったような気はしますよね。

 ちなみに主人公のエイジィとヒロインのユリアのモデルの役者さん(もちろん今回の声優でもある)はこんな顔立ちの方々だそうです。

 3DCGのほうを担当した「ロボット」という会社はこんなところだそうです。

 オスカーを受賞した短編アニメ「つみきのいえ」なんかにも関わっていたんだそう。

 縁結びの神様の役を果たしたのは、やっぱりこの方なんでしょう。

 閑話休題。とにかく『Ring of Gundam』の長編化アナウンスを早く聞きたいので、これからどんどん話題にしていきたいと思います。CGもそのうち見慣れると思うんですよね。(私なんて作画にはあまり恵まれなかった時代の富野アニメでさえ見慣れていますし。)
 それより、この想像をかきたてるフィルムを見せられると、どんな物語なんだろうかと、ワクワクせずにはいられません。とにかくみんなでどんどん観ましょう!

 ちょっとアレかなとも思ったんですが、セリフの文字起こししちゃいました。
「A YOSHIYUKI TOMINO FILM」っていうのが泣けるなぁ!

SUNRISE ROBOT PRODUCTIONS
 
A YOSHIYUKI TOMINO FILM
 
エイジィ「・・・・・・ん、くそっ!メモリーが開きました!」
ビューティ「この状態ではデータは渡せません。あなたは?」
エイジィ「グレン大尉、モビルスーツ隊は?」
 
グレン「何とかもたせられないのか、エイジィ!?」
 
エイジィ「その美しいメモリーデータの中に、人類救済のヒントがあるのでしょうから、」
ビューティ「私たちのメモリーを解析するには、アムロの遺産をリングにして、・・・」
エイジィ「アムロの遺産?リング?」
ビューティ「私たちは、このコクーンの中のメモリーですから」
エイジィ「・・・タイミングがぁ!」(※)
ビューティ「エイジィなら・・・」
 
グレン「貴様ら遅いんだよぉ!」
 
アイキャッチ「Ring of Gundam」
 
エイジィ「リングのモビルスーツは動いてくれた」
ユリア「ううっ!・・・くうっ!・・・うぅ・・・」
 
ユリア「動かす・・・」
エイジィ「何ぃ?」
 
敵?「エイジィ、どうなってる?」
 
ビューティ?「ああ、また起こった・・・あぁ、また起こった・・・ああ、また起こった・・・」
 
エイジィ「ビューティメモリーのコクーンと、アムロの遺産をつなげるために、」
ユリア「だから、あたしたちのリングコロニーに上がってきた?」
エイジィ「しかし、ビューティメモリーは怒っていました」
ユリア「でも、このコンタクトで目覚めるかも」
 
ユリア「・・・これが、ビューティメモリー?」
エイジィ「人類の記憶の全てが封じ込められているって・・・」
ユリア「・・・そうなの・・・でも・・・」
ビューティ「でも、人はいつか、アムロの遺産とリンクして、地球の記憶の全てを、新しい地球に、送り届けられます・・・絶望しなければね・・・」
  • 何て言っているのか聞き取れなかったエイジィのセリフを、不確かですが推測で追記しました。「違うよ」という方おられましたらご教示ください。

 あとエンディングのクレジット

エイジィ川岡大次郎
ユリア平田裕香
ビューティ小清水亜美
グレンコング桑田
 
製作内田健二
企画宮河恭夫
原作矢立肇
富野由悠季
脚本富野由悠季
音楽菅野よう子
プロデューサー佐々木新
倉沢幹隆
河口佳高
オリジナルガンダムデザイン大河原邦男
デザイン安田朗
西村キヌ
剛田チーズ
早野海兵
藤田潔
山根公利
美術設定池田繁美(アトリエ ムサ)
絵コンテ斧谷稔
CGスーパーバイザー西井育生
 
Special Thanks To本広克行
 
制作サンライズ
ロボット
 
企画・製作サンライズ
 
総監督富野由悠季
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(1) | コメント(6)

[tag] リング・オブ・ガンダム fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 途中で・・・

テーブルタグが崩れてるみたいですよ・・・。

> すみません。直りましたかね?

この頃FC2が悪いのかブラウザ側の設定が悪いのか、一度編集して投稿した記事を、また書き直したりすると、ときどき編集が先祖帰りしちゃったりするんですよ。いちいち「再読み込み」してからやらないと、一度直したところが元に戻っちゃってたり。
一回リロードしてみてもらえませんか?私のほうでは直ってるみたいなんですけど。

> グレンですよwww

スタッフリストにきちんと「グレン」と書いてたのに、上を「グエン」と書いっちゃった囚人022さんってうっかりですなw

それはそうと、私は見れませんので、文字起こしとスタッフリストはありがたいです。近いうちにまた感想を話しますね。

> うは。重ね重ねすみません。直しました。

どうも、セリフが聞き取りにくい役者さんで。
「私たちは、このコクーンの中のメモリーですから」のあとも、何かモゴモゴ言ってるようでもあるんですけど、まるで聞き取れなくて。
短いから楽勝だと思って着手したんですけどね。皆さんの話の種になれば幸いです。

http://h.hatena.ne.jp/prisoner022/9234072045980252341
ここに自分の整理用にあらすじを書き出してみました。
http://h.hatena.ne.jp/prisoner022/9234089638282573523
そこからの連想ゲームはこちら。

想像力をかきたてられて、面白くてなりません。

>

カット割りはいかにも富野ですねー。しかしCGのキャラクターは…スタッフロールのあきまんのラフカットのほうが明らかに魅力的という…。先日のCEDECの講演で大見得切ってましたし、これが本当のCGの使い方だってのを見せて欲しい気もしますね(笑)

> キャラクター

kaito2198さんが指摘していましたが、最近の富野監督の仕事は、常に何かの「縛り」がついて回るというか・・・。今回の場合は、この実在のタレントさんをCGのモデルに使うことがたぶん何かの条件なのかな、と思いました(特に根拠はありませんが)。
「だからなんだ」と言われれば、長編化がアナウンスされるまでは、ちょっと口ごもっておくしかないようなところです。
しかし富野監督がこうも毎回、何かの十字架を背負ったハンディ戦を強いられるというのは、まるでよほどの罪を過去に犯した人のペナルティみたいな感じで、一体何故なんだろうかと思わずにはいられません。(それか、真性のM体質か。w)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1487-59097c40

今日は最終日!『リング・オブ・ガンダム』最終ラッシュ

関連記事 ■『リング・オブ・ガンダム』の由来と変遷 ■『リング・オブ・ガンダム』配信開始(9/07) ■『RING OF GUNDAM』続報(9/13)  今日...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。