スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サマーウォーズ問題」ってどんな問題なんだろう? 

[2009/08/21] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 細田守監督の最新作『サマーウォーズ』。私は公開初日に観に行ってきましたが、その後もネットをさまよっているといろんな感想を目にします。私の感想メモも読み返してみるとそうなんですけど、面白かったと言いながら、ちょっとどこか歯切れが悪い感じがあるかも。それは単にネタバレを回避したせいだけじゃなくて、少しは意識して応援演説をやりたかったし、それ以上に、私の貧しいボキャブラリーでは上手く説明できそうもない微妙な感覚があったからなんですけどね。
 TOMMYさんの鑑賞メモのブクマコメに、とぼふさんが「サマーウォーズ問題」ってタグをつけておられて、言われてみて少し意識してみたら、おっしゃるとおり微妙に煮え切らない感想を書き留めている人が他にも少なくないという気がしました。それで、決して上手く説明できる自信はないんですが、私にも身に覚えのないことではないので、私なりの「サマーウォーズ問題」というものについて、少し考えてみようと思います。

サマーウォーズ オリジナル・サウンドトラック

 実はあの後で、細田監督の旧作『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』も観ました。デジモンというものをほとんど知らなかったんですが、普通に観て楽しむことができました。
 ただ、言われているように『サマーウォーズ』は、これのセルフリメイクだというのはよく分かりましたけど、正直に言えば『ぼくらのウォーゲーム!』はただテンポ良く面白かっただけで、そんなに細田守らしさがプンプンする感じでもなかったし、「よりによって何でこれなの?」という感じがしました。
 生意気に「細田守らしさ」とか語れるほど、本当はよく知らないんですけどね。ただ単に「テクニシャン」というんじゃないところで、私はこの監督の作品にはぞくぞくと怖いところ(変な「闇」)があるほうが好きなんです。

 見てきた中でのベストムービーを基準に「~らしさ」というのを語ってしまうのは許して欲しいんですが、私が細田監督について思う場合、それは『時をかける少女』ではなくて、『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』のほうです。あれは怖い作品でしたねー(笑)。

「そうなんだよね。要するに、そうなんですよ。『オマツリ男爵』という映画は、なんの映画かというと、僕のジブリ体験がね、基になってるの!(苦笑)」

 後で知りましたが『オマツリ男爵』は、細田監督がこんなふうにぶっちゃけちゃってる作品なのでした。あのアートアニメーション的な毒気の強さは、『ハウルの動く城』を降ろされたドロドロに根ざしていたんですね。比喩的に言えば(ちょっと違うけど)「黒富野」的な、という言い方に私の場合はなっちゃいますけど。
 『時をかける少女』も後から考えてみると、非常に作り物っぽいおばかな物語なのに、あの踏切事故のイメージとか、得体の知れない死のイメージのようなものが下敷きにあって、何なんだろうなーという印象がありました。

 富野ファン的な理解で言うと、『ファウ・ファウ物語』の「変だとお思いでしょうが、あるのですから、仕方がありません」などと、これがファンタジー以外の何物でもないことを臆面もなく読者に語ってくるメソッドなんかを思い出します。それはたぶん、アニメの本質論的に「絵が動く」ということの気持ちの悪さ(気持ちよさ、ではなく!)という問題にも接続できます。

「なぜ、動かないものが、動いているように見えるのさ!」
「アニメだからよ」
「でも、動くのって、命があるから動くのでしょ?この絵は、命がないわ。動いてはいけないものが、動いているなんて、とても気持ちが悪くない?」
「気持ち悪い?」

 たぶん、こういう話と共通します。なるほど細田アニメってのは、そんな風に観るのかなぁと、非常に勉強になりました。

 とてもよく出来ているように感じていたのに、後から細かくよく考えてみると、あっちもこっちもなんかギリギリのところで成り立っているというか、もうちょっと言うと、そこいらじゅう都合よく構成されているだけに、ちょっとしたところで破綻する可能性があちらにもこちらにも黒々と口をあけていることに気づかされるというか。
 例えば無理やり分かりやすい話にすると、わざわざ跡取り息子の長男を欠いた田舎の旧家という設定だけで、横溝正史の世界(笑)的などろどろとした暗黒面の物語はいくらでも観客の脳内で想像されてしまう。そういうのも含みの筋というか、どす黒いものを内に抱えながら、ぎりぎり表面の皮一枚で、明るい娯楽映画として見事に成立している気持ち悪さ。
 それがこの映画の欠点なのではなくて、たぶん細田監督の比類ない作家的な魅力なんじゃないかという気がするんですよ。

 このへん、少し前に宮崎駿の『崖の上のポニョ』について、ネットで沸騰していた話題なんかと繋がっているような気もします。私、実は未だにポニョ未見だったりするんです(驚)けど、おかげさまでそろそろ観てみようかなーなんて気がしてきました。
 って言うか、もうちょっと自信を持ってそれと指摘できるのは、因縁の『ハウルの動く城』のほうですね。細田監督版の『ハウル』も観てみたかったものだと思います。

 何か気になったので書きながら考えてみたのですが、あまり上手くまとまりませんでしたので、この「問題」(?)について参考になりそうなところを順不同で挙げておきます。

追記:トラックバックピープル「細田守」作ってみました。どうぞご利用ください。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(2)

[tag] 細田守 fc2ファビコン 宮崎駿 fc2ファビコン ファウ・ファウ物語 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

> 細田監督は、天然で「これ」

まさしくそうだと思います。時代に迎合して自分にないものを出しているんではなくて、「あー、家族ってのも意外にいいものかもな」みたいな(実は薄っぺらい)自分の実感までを素直に出してるのが、逆に時代の気分をうまくすくい取る結果になっているんでしょう。
そういう意味では『時かけ』は時代に迎合した作品でした。

アニメアニメした作り物くささというのが細田監督の持ち味(=天然)のようなので、これで世間を押し切れないとすれば宮崎駿に比べて力不足なだけですが、(アニオタ論壇はともかく)世の中の受けはどうなんでしょうかね。

ネットの反応を見ていて「あちゃー、“問題作”認定されちゃったよ」と思いながら、この記事は書きました。この人はこれで天然なんだから、見守ってあげようよという気分が私にはあったのです。しかし思った以上に「問題」だと騒がれるのは、ご指摘のように「寓話」として批評的に機能している面もあるのでしょうか。
とにかく細田監督は不思議に面白い作家だと思います。(作品も、それの引き起こす世の中の反応も。)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1481-b0361754

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。