スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦の日には富野由悠季の『リーンの翼』を! 

[2009/08/15] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 毎年終戦の日の前後には、高畑勲監督の『火垂るの墓』がテレビで流れるんですが、富野由悠季監督をこよなく愛する私としては、『リーンの翼』もぜひオススメしたい作品です。それで、DVDを借りてきて見てみようと前から思っていたのですが、今回はちょっと気まぐれに切り口を変えて、コミック版の『リーンの翼』を読んで見ることにしました。

リーンの翼 3 (角川コミックス・エース 146-3)

 富野監督のお誕生日を祝して、全話無料配信が行われたのは、もう3年近くも前になるんですね。6話で完結する作品ということで、映画的に一気に観るのがいい作品のように思います。
 ただ、富野アニメは皆そうですが、特にこの作品は情報量の濃密さが半端じゃなく凄い!まさに映画的に画面に集中して観ないと、富野アニメ慣れしてる人でも物語に圧倒されてしまうんじゃないかというパワーです。

 そこで、このコミックです。コミックは歴史的にもアニメとも親和性の高いメディアと思われているんですが、読者のペースで反復しながら読み返せる点では、本来のアニメとは異質だと思います。(アニメには、映像と、音声・音楽と、物語とが一気呵成な時間の中で表現される演劇的メディアの性格があり、対するコミックはむしろ文学的です。)
 そういう意味では、富野アニメをコミカライズするというのは、かなり難しい試みだと思うんですが、この『リーンの翼』のコミック版は、原作アニメの物語にはほぼ忠実なまま、コミック的な表現にそつなく再構成してあり、アニメには圧倒されてしまった人でも読みやすく仕上がっていると思います。(ただ読み出すと、結局一気に読んでしまいますけどね。w)

 富野作品の場合、登場人物たちは何かの主義主張を体現するものとして、その物語の場にいるのではない。どれかの主義主張が正しいとか間違っているとか、本質的にはそういうこともない。自分の主義主張が正しいと思い込んでいる人が危険なだけ。(そこが「難しい」と言われるところですね。)
 因果の「理」が破綻したところに物語は立ち上がるんですが、そこに因果の「律」は厳然としてあるので、物語そのものは破綻を免れる。

 このコミック版の欠点は、そうした高濃度の富野アニメを正面から受け止めて製作しているために、絵の部分では煩雑になりすぎてしまって、何がどうなっているのか読み取りにくいということがあります。(特に今回のオーラバトラーのデザインはアニメの中で動いていてこそのもので、止め絵でみるには複雑すぎます。)
 ただ、かなり大胆に、言葉の部分で語るべきことをしっかり明確にしており、それによってアニメではサコミズ王の迫力の前に印象が薄いものになってしまった主人公のエイサップ、そしてヒロインのリュクスのポジションが分かりやすいものになっています。

 サコミズ王=迫水真次郎というキャラクターは、太平洋戦争末期に特攻兵器“桜花”のパイロットだった軍人であり、富野監督が1983~85年にアニメ作品のノベライズではない初のオリジナル小説として書いた『リーンの翼』から来ている人物です。これを読んでいなくても、2006年のアニメ版(あるいはコミック版)の『リーンの翼』の鑑賞に支障はないと思いますが、彼に関心を抱いたなら、ぜひあわせて読んでみてほしい作品です。
 迫水真次郎は異世界バイストン・ウェルで戦い続けながらも、戦争中の日本の状況を何度も反芻していました。その異世界で生きざまを輝かせたはずの英雄が、なぜアニメ版では21世紀の日本に帰ってこなくてはならないと思ったのか。私たちが忘れてはならないものは何かということについて、深く考えさせられる、『リーンの翼』はそんなすさまじい力作だと思います。

 今度は時間のあるときにじっくりと、アニメ版を観てみたいと思っています。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1479-32ef4bb0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。