スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ターンエーだって、時代を拓けるはずだーっ!」 

[2009/08/03] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 「富野由悠季起用論」ということで、サンライズはなぜ富野に新作を作らせないのかをテーマに、kaito2198さんが興味深い連載をブログ上で展開しておられます。これ、富野ファンとして、私が個人的にたいへん尊敬しているkaitoさんが、渾身の一撃という感じで満を持して投入してきた記事のような気がするんですが、どうも今のところ、あまり注目されていないような印象も。
 この連載への反応が思いのほか少ないなのは、実のところ富野ファンには正当至極な話がメインで、異論も反論もあまりないという感じなのかなーとも思うんですが、どんなもんでしょう?むしろ、富野ファンではない人の感想も伺ってみたいところではあります。

 そんなわけで、よく出来ていてツッコミどころのない記事ですが、私なりの感想みたいなものをメモしてみます。

サンライズが富野を起用しようとしない一番の原因は、ガンダムシリーズから「富野由悠季」の影響力を少しでも消したいから。これに尽きるでしょう。

 サンライズは30年も『ガンダム』で商売し続けてきてるんですよね。これって本当に凄いことでしょう。アニメ史を変えた作品としたら、例えば『宇宙戦艦ヤマト』とかもあって、今日に至るまでいろいろやってるわけなんだけど、現役ブランドとしてはガンダムの存在感には及ばない。もちろんヤマトは、この間にあれこれと問題もあったわけですが。特撮まで含めれば、ウルトラマンと仮面ライダーぐらいですか、ビジネス的な成功で比較できるとすれば。

石森(石ノ森)章太郎は『仮面ライダーBLACK RX』までは原作者として制作に関わっているが、『仮面ライダークウガ』以降は没後の作品であるため当然制作に関与してはいない。しかし、「仮面ライダー」というコンセプトに対する原作者としてその名をクレジットされる。

仮面ライダーシリーズ - Wikipedia

 晩年10年ほど間が開きましたが、石森章太郎の没後に『仮面ライダー』は再開されているんですよねー。そして富野監督もいつかは天に召される。考えたくないけれど、他人事ではない。
 「もしシリーズの顔である作家と作品の連帯感が強いままの状態で、その作家が突然失われたら、作品自身の価値も損ないかねません」というのは、サンライズ(&バンダイ)は当然考えていることなんでしょう。
 しかし、「脱・富野由悠季」。ファンとしてはこれは聴きたくない言葉ですねー。(涙)

結局今のところ、ガンダム作品の歴史を振り返れば、根本となるコンテンツ、新しい路線をガンダムシリーズに提供し続けているのは他でもなく、バンダイ・サンライズが一番排除したかった富野由悠季です。

ガンダム30thアニバーサリーコレクション ∀ガンダム I地球光 [2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD] ガンダム30thアニバーサリーコレクション ∀ガンダム II月光蝶 [2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD]

 宇宙世紀ものが、これだけのふくらみを持つことが出来たのは、ガンダムの続編である『Zガンダム』がああいうふうに作られたからですしね。
 『∀ガンダム』をサンライズ&バンダイがどう評価してるのかは分かりませんが、あの作品に出会わなかったら、少なくとも私はもうアニメに対する興味を失っていたかもしれません(笑)。
 ガンダム30周年に1stガンダムを見直すのもいいんですが、20周年記念作品たる∀ガンダムもぜひ観るべきだと私は思うのです。そういうわけで、30周年記念プライスに感謝しつつ、「地球光」と「月光蝶」を観なおしたところであります。やっぱりすげぇ作品です。ユニバァァァァス!!

 少し脱線した感想を言うと、何しろ私の知ってた頃のサンライズ(どんだけ昔だよ)ってのは、内容はともかく作画はひどいってのが定評だったような気がする(笑)んですが、今じゃあ、ずいぶん立派な会社におなりですよね。この間に、(全部がそうとは言わないけど)どれだけ富野監督が、(スポンサーの要望なども容れながら)地道に貢献してきたのかってのは考えてもらっても罰は当たらない気がします。
 で、別に恩返しをしろというのではなくて、kaitoさんもご指摘のとおり、WOWWOWのスクランブル放送とか、ネット配信とか、そういう新しいビジネスチャンスを拓く突撃隊長の役を立派に果たせている富野由悠季という人のポテンシャルは無視できませんよ、という話。

 ネームバリューの話では、海外での評価というのがあるみたいですね。このへんはビジネス的に海外セールスというのがどのぐらい重視されているのか、イメージだけの話なのかっていうのは気になるところです。宮崎駿は別格として、国内的には押井守と富野由悠季って、どっちが(世間一般で)著名かといえば、むしろキャラが立ってる富野さんのほうじゃないかと思うんですけど、そうでもないです?(笑)
 まあ名前を知られてるのとセールスではまた違うでしょうが、大きな仕事をやらせてもらえるかどうかっていう意味では、んー、・・・それにしても大友さん?海外から見るとそうなのかって感じです。

日本動画興亡史 小説手塚学校 2 ~ソロバン片手の理想家~

 「映画」のほうが海外で評価されやすいっていうのはあって、富野監督は「映画」ということをしばしば口にしているけど、実績はテレビシリーズのほうで傑出してるというのは否めませんよね。というか今、『鉄腕アトム』草創の頃の物語を読んでるんですけど、富野監督という人は恩師手塚治虫の精神的な後継者として、手塚が創出した「テレビアニメ」というものを背負って立ってる旗手のような気もします。
 今のテレビアニメってのは、DVDを買ってもらうためのプロモーションになっちゃってるんだけど、もうちょっと違うビジネスモデルってのはないんだろうか。

 もうひとつ私が思うのは、『機動戦士ガンダム』というのは、アニメ史的にはアニメの製作現場にいる「作者」がはじめてクローズアップされた作品だったんじゃないのかってことです。(ヤマトではプロデューサーの西崎義展だったり原作の松本零士だったりしました。)あれって当時は、けっこう戦略的に“スター”を作ってた気もするんだけど、そのへんはどうなんだろう?
 つまりある時期までは、サンライズも富野由悠季という名前を、(ジブリにおける宮崎駿のように)育てる気はあったんじゃないかという漠然とした印象です。それが不発に終わった感があるのは、やっぱり『ダンバイン』あたりなんでしょうかねぇ。で、やっぱり“富野由悠季”というブランド名より、“ガンダム”というほうが商売になるみたいだぞ、と。(思うんですが、ガンプラブームなんてものが、もしなかったら、・・・どうなっていたんでしょうかね?)

 ともかく、何で海の向こうにいるはずのkaitoさんが、どうしてこれだけ具体的なデータを揃えて、立派な富野由悠季論が書けるんだろうって感心するばっかりなんですが、連載は後2回ほど予定されているようなんで、皆さんもぜひ読んでみてください。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(1)

[tag] 富野由悠季 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 応援してくださってありがとうございます

何故文中に引用資料などを使うかというと、それも説得力を持たせるためなんです。囚人さん昔おっしゃった他人、つまり富野ファン以外の人たちにも伝えるための努力をするべきという教えは、今でも強く意識しているからです。

文章については、たしか何か感想や意見はほしいですね。今のところ、確かあまり直接にコメントをくださる人がいないのです。囚人さんの応援記事で、囚人さんとこのコメント欄の常客方々の意見も頂ければありがたいなーと思ったりして(笑)。

それはともかく、文章のほうもブログも少しずつ精進しますので、これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1473-157935b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。