スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本動画興亡史 小説手塚学校 1 テレビアニメ誕生』 

[2009/07/29] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 とても面白かったです。『鉄腕アトム』テレビ放映はついにはじまったものの、誰もが危惧していたとおり、第4話で放映に穴をあけてしまうのか!というところまでで第1巻は終わり。このブログ的には残念ながら、まだまだ富野由悠季(っていうか、「富野喜幸」)は出てきません(笑)。
 詳しく研究しておられる方には、既知のことが多いのかもしれませんが、テレビアニメとは何か(少なくとも、どういうところからはじまったのか)ということに、関心を持つ向きには非常に参考になる、とてもよくまとまった本だと思いました。

4062155559

 巻末に13ページに及ぶ脚注。私は無精者だし、見てもわかんないから、いちいち確認しませんけど、文中での描写がどういう文献に基づいてるのか明記されてます。近い過去とはいえ、いろんな立場からいろんな証言が残ってるものだけに、どの記録をベースに書かれたものかは大事なところなんでしょう。研究者の人っていうのは大変だなーと頭が下がります。(私には絶対、真似できませんよ、こんなのは。w)
 でも、この本は研究論文タッチではなく小説仕立てなので、私のような素人には読みやすくてありがたかったです。

 皆川さんの思いは「あとがきにかえて」ということで巻末に書かれています。これ自体がよいまとめにもなってますね。“手塚治虫の物語”ではなく、彼がまいた種を育て、引き継いだ人々の群像劇。彼らの姿は「手塚流リミテッド・アニメーション」を推進した作家集団として一種の学派(School)のようでもあり、その若さゆえの無軌道ぶりは学校のサークルのようでもある。そんな意味で『手塚学校』と名づけたと。(『日本動画興亡史』という大仰な副題の意味もそこでは語られていますが、この部分は2巻以降への思いでしょうね・・・。)
 だいたい手塚先生からして、すでに売れっ子漫画家として地位を築いていたとはいえ、まだ30代。なんて若い!

 虫プロ以前のアニメ(というか「漫画映画」)の状況というのは全然知らなかったので、資本をバックにした大手・東映動画のほかに戦前から続く小さなプロダクションがいくつかあったことや、意外に大きなものだったコマーシャルフィルムの需要、そして当時のテレビに『ポパイ』など輸入物の「漫画映画」が多くあったことなど、大変興味深く読ませてもらいました。
 それら輸入物の質の低さから国産の“テレビまんが”が待ち望まれていたが、生産性と採算性の壁を前に、どの会社も製作に踏み切れずにいた状況。その中で、300人以上の社員を抱える東映動画さえも手を出さないビジネスに、社員数十人の虫プロが挑んだ無謀さ!(これはプロジェクトXですな w)

 とはいえ、彼らにもまったく考えがなかったわけではなく、強いキャラクター性と高いドラマ性で観衆を引きつければ、あまり画を動かさなくても堪えられるのではないか、という(“コロンブスの卵”的な)発想の転換があり。アニメーションでは命と考えられている“動き”を、物語の道具として限定するという「手塚流リミテッド・アニメーション」の発明がそこにはあったのでした。
 すなわち彼らは、単にテレビ放送されるアニメーションを作ったのではない。アニメーションの歴史の中に<アニメ>という新たな手法を創造したんだ、ということ。

 ストーリーとカットワークさえ優れていれば、例えば目をぱちぱちと動かすだけのカットに「驚き」という意味を与えることもできる。
 当時のテレビで人気のあった輸入もののアニメは単調なパターンの繰り返しが多く、物語的な内容が薄かったという背景も。(これ、今のアニメファンには通じる話なのか、ちょっと自信が無いけど、私はよく分かる気がします。私は年寄りなので、このへんの低俗な輸入アニメというものも何となく知ってますが、若い皆さんはご存じないかもしれないですね・・・。録画からコマ送りの静止画をべたべたネット上に貼られる時代には、通じにくい話ですか?)

 で、例の“製作原価割れ”での契約についての物語は、まさに「虚々実々」。
 私は知らなかったんですが、当時の外国製テレビまんがの相場は、米国内で製作費が回収済みだったために“30分1本で30万円”ほどだったんですね。それが広告代理店の当初提示額でもあったそうです。また一方で、当時の児童向け実写番組の製作費の相場は60万円ほどだったともあります。
 こういうのを聞いて、「55万」と手塚センセイは言ったんだそうです。ただ、これではあんまりだと萬年社の担当者と手塚のマネージャーがこっそり100万上乗せして、「155万」にしちゃったというか、してくれたというか。この上乗せ契約は、(少なくとも半年ほどは)手塚社長の知らぬ間に結ばれていた、ということで。富野監督も言ってましたが、とにかく社長としては駄目な人だったみたいですね、手塚先生。

 でも富野監督も入社して間もなく、虫プロの処女作品『ある街角の物語』を見たときのことを語っていましたけど、手塚治虫が“アーティスティックな衝動”からアニメに取り組んでいたことは間違いない。
 ここが不思議なところなんですが、むしろ手塚の下に集まってきた若者たちのほうが、たとえば「僕は、いわゆる前衛作品には興味が無い」(山本暎一)という感じで、大衆に向けた表現としてテレビアニメをやろうという志向を持っていたようです。そして「手塚流リミテッド・アニメーション」という新兵器があれば、テレビでの「商業作品」で儲けを出して、「芸術作品」を製作するための元手にすることができるんじゃないかと、そういうふうに思ってしまったっぽい。

 思い込み(あるいは見込みの甘さ)と成り行きで、テレビアニメ『鉄腕アトム』の製作は走り出してしまったんですけど、「商業作品で儲け、芸術作品を作る」という計画が、手塚先生の中でいつの間にか「赤字になってもそれはかまわないんだ」に変わってしまってる部分は、やはり謎ですね。
 その結果がどうなったか、というのは、これは第2巻以降の物語。ただ、30分番組の週1本製作という厳しい条件に追われ、「芸術作品」を作るどころではなくなりつつある本末転倒の矛盾は、この時点でもう見えています。

 手塚治虫にとってはアニメーションの製作に携わる人間は「作家」なのに、東映動画でこれを冷ややかに眺めていた人々は、自分たちを「労働者」と考えていた、というあたりも面白いところです。けれど虫プロの挑戦は日本のアニメーションのあり方全体を変えていくことになる。
 「強いキャラクター性と高いドラマ性で観衆を引きつければ、あまり画を動かさなくても堪えられるのではないか」というのは、実は私のアニメの嗜好とも一致していて、私はまさにテレビアニメっ子なんだろうと思います。
 『鉄腕アトム』で何とか週1800枚まで作画枚数を減らそうとスタッフたちが悪戦苦闘するんですけど、今はどのぐらいなんでしょうか。当時のテレビの画質とは雲泥の差でしょうからねぇ。(その分、凄く簡単に「劇場版」が作られるようになりましたね・・・。)

 まあ、とにかく新しいひとつのものが創造される過程のさまざまな局面、人間模様を、これだけ丹念に集めてきて構成している内容は実に読み応えがあって、いちおうノンフィクションなのでしょうけど、歴史小説として面白かったです。すでに2巻も入手。さっそく読もうと思っています!

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(2)

[tag] 手塚治虫 fc2ファビコン 虫プロ fc2ファビコン アニメ史 fc2ファビコン 読書 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 枚数

まだセル画を併用していた『∀ガンダム(1999)』で3000枚、
オールデジタルの『プラネテス(2003)』で5000枚と聞きました。

でも今の、夜中のアニメを見ていると「2500枚程度でいいから
半額で作ってよ」と言われているのかな、とも思います。

> ありがとうございます

「技術の進歩」が製作現場を楽にしている程度より、もしかしたら製作現場を苦しめている面のほうが、強いんじゃないかと思ったりしています。
視聴者からすれば、フルアニメーションに近いものを見るほうがいいという考え方は、もちろんあるのでしょうが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1468-8283c559

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。