スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説 『装甲騎兵ボトムズ』 (高橋良輔) この物語はやっぱり面白い! 

[2009/06/05] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 相変わらずネットでのお買い物があまり得意でないもので、例えば本だったら大概のものはブックオフで探すと、こういう感じの旧型人間であります。
 で、「えー、まだ『リーンの翼』も読んでなかったんですかー」みたいな恥ずかしいこともあるんですが(笑)、リアル本屋さんは探してるつもりじゃなかったものがつい目にとまり、衝動買いしちゃったりするのがいいところでもあり、悪いところでもあり。そんなわけで、先日入手したのがこれ、『装甲騎兵ボトムズ』の高橋良輔監督によるノベライズです。

装甲騎兵ボトムズ〈1〉ウド編 (角川スニーカー文庫) 装甲騎兵ボトムズ〈2〉クメン編 (角川スニーカー文庫) 装甲騎兵ボトムズ〈3〉サンサ編 (角川スニーカー文庫) 装甲騎兵ボトムズ〈4〉クエント編 (角川文庫―角川スニーカー文庫)

 元祖ボトムズのストーリーを丁寧になぞったノベライズでした。昔からあったのを私が知らなかっただけかと思ったんですけど、4巻の巻末にある高橋監督のあとがきを読むと、2002~03年にかけて書かれたものってことでいいのかな?
 ご自身で「テレビの放映後20年経ってのノベライズなど寡聞にして聞きません」と書いておられるとおりで、ちょっと意外な感じがしますね。

 ついつい富野監督の小説と比べてしまうのが私のサガですが、アニメ版を小説版にしたからと言って、あまり改変を加えていないというのが、高橋監督らしいところでしょうか。もっとも、富野監督にしてもアニメのすぐあとで執筆した小説版の『機動戦士ガンダム』では「えぇーっ」てぐらいストーリーを変更したわけですが、ずっと後年になって書いた『密会 アムロとララァ』では、だいぶアニメの物語に沿った内容になっていたという印象があるので、放映から長く間があくと、かえってそういうふうに馴染むというか何というか、そんなものなのかもしれません。

 そんな感じで文章としても、富野監督よりもずっと読みやすい、きれいな小説にまとまっていたと思います。もちろん富野監督のは、あの毒気が味なんですけど、少々読者を選ぶと言わざるを得ない部分があります。この高橋監督の小説版『ボトムズ』は、誰が読んでも(アニメ版のファンだった読者であれば)抵抗感なく楽しめる、素直な内容だったんじゃないかなぁ。

 アニメのノベライズは映像で表現された部分を文字にしてしまうことで、解釈が加わってしまうというところがあって、特に後半の「サンサ編」から「クエント編」あたりの「んぐぐぐぐ・・・?」と思いながら映像を眺めていた部分もすらすらっと読めてしまうのは、よいところでもあり、ちょっと食い足りないところでもあり。まあオチは分かっていますから、普通はこういうもんでしょうね。(そのへんが富野監督との違いかな?)
 とにかく真面目な高橋監督は、あとがきで、ワイズマンがどうしてキリコに欺かれたのかという部分をこの小説版で補完しちゃいました、ということに義理堅く触れています。ああ、そういえばなるほど。言われなければ、そんなに違和感もなかった感じでしたけど。そこの「どうして」に関心のある方は、ぜひ読んでみてください。

 私はこの作品は、キリコとフィアナのラブストーリーとして好きなので、「サンサ編」で「私を置いていって」というフィアナに、「冗談はなしだ。俺はくそ真面目な男だ」というキリコのシーンが一番好きですけどね。(笑)
 そんな風に考えていくと、アニメ版で魅力的だったサイドキャラクター(私の好きなのは「クエント編」でのキリコとシャッコとの絡みとかですが・・・)の描写とかも、あっさりと読めすぎてコクが足りないかなぁ?・・・これを読むと、アニメをもう一度見たくなります。それはいいことなのか悪いことなのか。あと、アニメ版を見たことがない人がこれを読んでも面白いかどうかも、私にはよく分かりません。

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版 [DVD]

 しかし、これを読んで、かえってつくづく思い出してしまったのは、最新の続編『ペールゼン・ファイルズ』で強調されていた、「異能生存体」というあの設定。あれだけは、ガンダムの「ニュータイプ」なんてもんより、はるかに気まずいことになっちゃいましたね。
 第一作で“キリコとフィアナという不器用な男女の極限のラブストーリー”のバックグラウンドとして置かれていた分には、あの設定もあれでよかったんですけど、ああいうふうな続編を作ってしまったので、あの「何があっても死なない主人公」という困った設定が前景化されちゃいました。
 第一作の前史にあたる『ペールゼン・ファイルズ』で、ああいうふうに「異能」問題を扱っちゃったのは、(高橋監督にもいろいろお考えはあるんでしょうけど)第一作の物語の面白さを危うくしちゃった気がします。

 人知を超越した存在であるワイズマン、そして、いかにしても避けがたく思える自分の運命への畏れを主人公キリコが「克服」したことが、この物語のキモだと思います。フィアナへの愛、あるいは仲間たちとの友情・・・・・・運命よりもそうしたものを率直に信じたキリコのピュアさというのが、『ボトムズ』の魅力だったと私は思います。
 リアル系ロボットアニメの極北とも言われる『ボトムズ』ですが、たしか「神なら死んだはずだ」と言っていたキリコが、限りなく「神」に近い存在とされるものを殺すというストーリーこそが、些細な描写のあれこれよりなによりも、究極の“リアリズム”を問うスケール感でナイスでした。

 あとがきの中で続編のことをむにゃむにゃと言っているのは、高橋監督にしては富野監督みたいだぞと思ったり。(笑)
 ただ、この時点では『ペールゼン・ファイルズ』は、まだ監督の頭の中にはなかったはずなんでねぇ。『ボトムズ』の、それ以外の続編はあんまり見たことがないんで、何とも言えませんが、人気シリーズの続編っていうのは本当に難しい!

 それはともかく。この小説、塩山紀生さんの本文イラストも良かったです(特にフィアナ! 笑)。いろいろ書きましたが、十分楽しく読ませていただきました。面白かったです。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(5)

[tag] ボトムズ fc2ファビコン 高橋良輔 fc2ファビコン 読書 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> SFハードボイルドって

いつもトミノ関連以外の話題にばかりコメントして済みません(..;)
「「サンサ編」で「私を置いていって」というフィアナに、「冗談はなしだ。俺はくそ真面目な男だ」というキリコのシーンが一番好きですけどね。(笑)」

ここ、いいです。よくわかりませんが、フィリップ・マーロウの女とのやりとりを想起させる名台詞ですね。
そういえばSFハードボイルドってジャンルありましたっけ?あったとしたら、ボトムズはまさにそうした物語でした。

> 愛する人を背負って砂漠へ・・・

男子たるもの、こういうのに憧れるというのはあるんですよねー。
ぜんぜんテイストは違いますが、『未来少年コナン』でも、「ラナは軽いなぁー!」と言いながらコナンが走っていたのを思い出します。(次の回の冒頭には、もうしゃれにならなくなってましたけど。w)

しかし、キリコが冗談の通じない男だってことぐらい、みんなとっくに分かってますよねー。
まー、不器用っぷりが本当にいとおしい主人公(&ヒロイン)です。

>

と、上のように書いたら、アニメ様も「唯一のハードボイルドロボットアニメ」と評されてました。

> 「キリコが異能者であったのは残念だった」

アニメ様、最初は「少し残念だった」なのが二度目に出てきたら「残念だった」になってるところが気持ちが出ていてナイスです。w
その記事では「吉川惣司はキリコに『マモー編』のルパンを投影させて、キャラクターを膨らませていた」というところも、なるほどなーと感心しました。

> 異能者までは許せたが

ボトムズ本編の異能者までは許せたんですが、殺しても死なない異能生存体という設定(そしてキリコが自覚している)というのは、話が違うだろうという感じでしょうか。
不死身のキリコ、とてつもなく強いキリコが、後だしで出てきて、本編のこつこつ努力してサバイバルしているキリコの魅力がなくなってしまいました。皆さんが望んでいるのは、人間キリコか、異能生存体キリコか…意見が分かれるのでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1456-b68066a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。