スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中変わっていくから、変わらない本質についてポジショントークしよう! 

[2009/05/29] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 グダちんさんが世代語りをしているのを読んで、ふっと気が付いたら自分もいつの間にか、アムロ・レイって言うよりもテム・レイのほうに近い年齢になっちゃってるんだよなぁ(笑)とか、つくづく思っちゃったので、書きかけで持て余してる記事がいっぱいあるんだけど、すっ飛ばして中年オッサンのポジショントークをしてみる。w

 「ポジショントーク」って自分の立場をはっきりさせて言うって意味と、自分に有利なように言うってニュアンスと両方あるらしい。(ポジショントークとは - はてなキーワード

昔は良かったというのは結局は年長者の自我を慰撫するポジショントークにすぎないのだろう。

 これは、ほぼ正しいと思います。だけど、この手の「最近の若いもんは」話への反発というのも、若者の立場からのポジショントークだよね。っていうか、私が胸を張って若者ですと言えた頃にも、当然のようにこんな感じの世代間の断絶みたいな話はありふれてて、そういう意味では延々とループしてる話だよね・・・って言い出しちゃったら、そこで終わっちゃうから、もう少し続けてみます。

しかし、世代論になると互いに想像で話すから齟齬が在りますね。

 まあ結局そこだよねー。「想像で話す」しかないってこと。

 そこで何で「想像で話す」しかなくなっちゃったかって言うと、世の中の変わってく勢いが凄いから、オッサンの若いときの経験からは、今の若者の置かれてる環境がかけ離れちゃってる部分があまりに多いんで、想像力が及ばないことになっちゃっているんだろうと。
 逆に、今の若者だっていつかは歳をとるわけなんだけど、今のオッサンたちの置かれている立場そのままの姿に自分たちの将来像を思い描くことが、ナンセンスにしか見えないんだろうというのもあります。こう世の中が変わっていくんじゃねぇ、そうなるのも仕方ないでしょうね。

 今の老人世代が年金もらってるみたいに、自分たちが歳をとったときに年金もらえるかって言ったらたぶん無理だよね、とか。まったくそのとおり。
 だけどさぁ。中学生とか高校生ぐらいからケータイ与えてもらってたり、まだ学生さんのはずなのに凄い高価なアニメのDVDボックス買っちゃっていたり、そんなような豊かな子ども時代は、私がティーンエージャーだったときには絶対に考えられなかったですよ・・・みたいな裏返しのこともあるので、そのへんは一概には言えない気もするんですよ。

 何世代ぐらい前のことになるのか、よく分かんないけど、人々の多くが生まれた家でそのまま育っていって、ほとんどの場合、親の仕事をそのまま受け継いで、そこで再び人の親になって子育てをして、そして生まれたその土地で死んでいくのが当たり前っていう、そういうループを繰り返していた時代であれば、若者の気持ちを年長者は(自分の経験から)理解できたし、若者は年長者の姿に自分の将来像を重ねて見ることができたんだろうと思います。

 「昔は良かった」っていうんなら、そういう時代にまでさかのぼって語りたいところだけど、残念ながらそんな記憶を持っている世代はもうほとんど残ってないんじゃないでしょうか。だいたい、それこそ「時代が違うんだよ!」で一蹴されてしまうのがオチ。

 だから時代は変わっちゃったんだよ(そしてこれからも変わり続けていくだろう)っていうのをお互いに直視するっていうのは、これは世代間で語り合う場合の最低限のお約束なんでしょう。その上でポジショントークしたいもんです。・・・あれ、でもそれだと何も共通の基盤がないから、よっぽど工夫しないと不毛な話にしかならないですね?うーん・・・。

つまり、僕らの世代は大人にほっとかれ慣れてるし、大人の気まぐれで好き勝手に言われるのに慣れて生きて来た。
叱責や体罰はないけど、人格を否定されることには慣れてる。
自分の意見を出したら怒られるものだと。もちろん、意見や個性が変だからしかたない。

 私なんかの世代でも、「新人類」(新人類 - Wikipedia 今や死語なのね?)って言われて、大人からはめちゃくちゃ気持ち悪がられました。叱責や体罰は当たり前に横行。人格否定っていうのはああいうのだと思って、ちょこちょこと反発してはべしゃっと潰されてましたねー。なんせ「同調圧力」はしばしばリアル暴力を伴ってました。その意味では「昔は良かった」なんて冗談じゃないですよ。「個性」が云々なんていうのは、そのへんの反動もあるんでしょう。反動行き過ぎなのかもしれないけど。
 っていうか、子どもとの関わり方が大人のほうで分かんなくなっちゃったから、放っておくか、でなければ、口にすると(今の子どもはナイーブだし)言葉の暴力になっちゃうかっていうところがあるのかも。

 ・・・世の中の変わってく勢いが、世代の交代していくスピードをはるかに追い抜かしていってしまって以来、こういうテーマは延々とループしちゃうというのは避けがたいような気がします。
 だけどループしちゃうだけだから何を言っても意味がない、っていうんじゃなくって、不毛なポジション争いに終わらないようにお互い気をつけながら、ガシガシと自分の世代の立場を発言していけばいいんじゃないかと思うんですよ。

 私はこのブログで、私よりも若い皆さんといろいろ話をさせてもらって、もの凄くいろんなことを教わって、本当にありがたいと思っています。例えば、富野監督がハンナ・アレントのことをしばしば口にするのを知る前から『人間の条件 』(ちくま学芸文庫)を読もうと思ったり。監督が言ってるのを読んで、うんうん、そうだよねって思える。
 この間も書きましたけど、アレント先生の何が凄いって、最初の人工衛星(スプートニク1号)が飛んだときに、これは人間の考え方を根本的に変える出来事だよって洞察しちゃう。それで、もっと凄いのは急激に変わって行っちゃうから、だから「人間の条件」を再検討するんだっていう姿勢。(その再検討の内容は私には難しいんだけど。w)
 ヴィヴィッドに時代の先端を捉える身振りのほうが、世間からは注目されると思うんですけど、そうじゃなくて、だからこそ変わらない本質は何かって考えることのほうが、結局目の前で起きていることに誠実に向き合うためには有効なんじゃないのかってことなんですよね。

 で、こういうものは時代を超える力があると思うんです。(富野監督の仕事で言うと、そこはやっぱり『Zガンダム』よりも『∀ガンダム』ですよね。)
 長くなっちゃいましたが、そういう変わらないものは何かという話を世代を超えてしていかなくちゃならないんじゃないかということと、上手く言えないけどもうひとつは、それをできるだけ自分の身に引きつけたところで自分の頭で考えなくちゃいけないんじゃないかってことですね。
 自分の置かれてる立場からしか本当の思いは出てこないと思うから、それはそうあるべきなんだけど、自分の立場をある「世代」だけに結び付けて安心するんじゃなくて、ある組織だったり、ある地域だったり、属性はさまざまに存在するわけで、そして最後は「人間」であることからは絶対に逃れられないんだし。

 「分かり合えない」ことは前提なんだけど、結局みんな異なる人間だからこそ、話し合っていくことは大事なんだと思うんですよ。(『ガンダムエース』7月号の「教えてください。富野です」のアレント話は素晴らしいです。皆さん、ぜひ読みましょう。w)

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(3)

[tag] 世代論 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 昔読んでもそう思ったことないけど

富野思考に則って読めば、アーレントの主張はもう富野監督が描きたかったそのものですな。現実を厳しく指摘つつ、どこかロマンチストな一面を持ってるところを含めてね。

>

私の愚痴でしかないようなところから、うまく富野話にしてくださいまして、ありがとうございます。
昔を知ってる人でも、昔も体罰がひどくて、よかったなんて言えないわけなんですね。
30代くらいの人でも、人によっては「体罰をされたおかげで強くなった」とか本気で言う人もいますけど。
いろいろですね。
たぶん、体罰というものでスキンシップになっていた人もいるんでしょうな。人とかかわってもらえたという感覚というか。
でも、そういう体験のない人とは関わりにくいって決めちゃうのはやっぱりやだなあー。
アレントやもっと難しい本も読みませんとね。

> 暴力での支配は人格の否定です

10歳以下の子どもなんて、半分けもののような部分はあるから、やっちゃいけないことは痛さで教えるほうが早いのは現実でしょう。でも、それをスキンシップというのは間違いだと思います。深くかかわりあうのが面倒だから、手早い方法に行ってしまってるだけですよね。

ただ、これも一概には言えないのは、大人と子どもの置かれている状況によっては、例えば、その子どものあやまちが放置すれば、その子ども自身の生命にかかわるような危機を招くとき、十分な時間を取ってそれを分からせてやることがどうしても不可能な場合には、緊急措置としてまず子どもの行動を止めるということは、これは大人はしなくてはならないでしょう。(この場合には、そのことの理由について、あとで時間を取って相手の子どもにしっかりと分からせてやらなくてはいけないはずです。)

暴力での支配は人格の否定です。そういう体験は、容易に暴力の連鎖を生むと思います。
効率性で言ってしまうと、暴力による支配は(短期的に)非常に効率がいいので、この論理に抗う考え方というのは、常に自分の中に養うようにしておかないといけないんじゃないかと思います。

ナイーブ過ぎるより、多少がさつなほうが、生きやすいというライフハックは、実際あると思うんですよ。
カミーユは巷で言われているような乱暴者ではなくて、ナイーブ過ぎる子でした。「大人には期待できないから、子ども自身がそういうタフさを自分で身に付けなさい」というのもありだと思います。

アレント先生は(完成された思想っていうよりも、常に進行形の思索体って感じで)本当に難しいけど、さいわい私たちには富野アニメという優れたサブテキストがあるから(笑)、そういうのに照らしながらでも、少しずつ理解できればいいなぁと思っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1454-a5e1a90e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。