スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『雪の女王』(三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー) 

[2009/05/09] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 差し引きだいぶ損している気はしますけど、いちおうゴールデンウィークの代休を少しはもらえたので、ちょっとリフレッシュ。何となく気分を変えてみたいところでもあり、ちょっと古典的な名作アニメーションを借りてきました。この『雪の女王』は若い頃の宮崎駿監督が強い影響を受けた作品ってことで、何年か前にスタジオジブリのプロモーションで上映もされたんじゃなかったっけ?

雪の女王 ≪新訳版≫ [DVD]

 検索してみたら立派な公式サイトがまだありましたんで、内容紹介なんかはそっちを読んでもらえれば。
 アンデルセン童話が原作。今の日本のアニメに慣れちゃってると、導入部なんかは少したるい感じもあるんですが、1957年に製作されたと言われれば、当時ならば観客を物語の世界に導きいれるのに、こういうやたらに丁寧な語り口が必要だったのかなぁとも。

 それでついつい、宮崎駿監督のいろんな作品のことを思い浮かべながら見ちゃうのは仕方がないって感じですが、絵の感じなんかを見ていると以前に見た『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年)なんかは、『雪の女王』の強い影響下で作られたんだろうなぁと大いに納得。作劇のテンポなんかでも(これまた時代性なのかもしれないけど)似たような緩やかさを感じました。

 少年カイと少女ゲルダは幼馴染で大の仲良し。童話ですからねー。これがもう、この子たちがむちゃくちゃイノセントなんです。(私なんかは少し首を傾げたくなっちゃうぐらい・・・。)
 それがふっとした一言で、雪の女王の思わぬ怒りを受けてしまう。それで心を氷にされてしまった少年カイ(関係ないんだろうけど富野アニメ好きなら、ここは『キングゲイナー』終盤の“コールドゲイナー”なんかを連想しちゃうところ)。ってわけで、その後、氷の女王に連れ去られてしまったカイを探して、冒険の旅に出る主人公は少女のゲルダのほうなんですよ。アンデルセンの原作からそうらしいんですけど、少女のほうが活躍する物語というのが、なかなか面白いですねー。

 ところが彼女の武器は・・・「一途な心」、もうひたすらに、それただひとつ。

 主人公が飛んだり跳ねたり走ったりっていうアニメ的なエンタメ要素がほとんどない点では宮崎アニメとは全く異質な作品でした。でも、「主人公が何かを一心に想う気持ちでどんな苦難にもめげずに前進し続ける」という性質は、たぶん『未来少年コナン』(1978年)以来の宮崎アニメにも一貫しているものです。そういうところで『雪の女王』から受けている影響というのが強いんでしょうね。

 それともうひとつ、そういう主人公の前に立ちふさがる悪い心の持ち主たち(ここで非常に印象に残るのは、「山賊の娘」)が、彼女のひたむきさに接するうちに「浄化」されて協力者になっていくというパターンも同様に宮崎アニメに継承されていくもののような気がしました。私にとってはこの山賊の娘が、この作品の中で一番いい芝居をした、印象深いキャラクターで好きですね。

 ラスボスは最強無敵の雪の女王になるんですが、か弱いゲルダがどう立ち向かうのか、あるいは目が覚めたカイが大活劇を見せてくれるのか・・・などと思いながら見ていれば、うーん、そうか、こりゃまた不思議な・・・。(考えさせられます。)

 宮崎駿がこの作品を見たのは1964年ごろでしょうか(宮崎駿 - Wikipedia)。テレビで手塚治虫の『鉄腕アトム』がはじまったのが1963年。「テレビまんが」的なものの対極にある本当の「アニメーション」という感じで、大きな影響を与えたのかも。
 映像特典でけっこう長い宮崎監督のインタビューが入っていて、一部は公式サイトにも再録されています。ロシア語原版の音声が素晴らしかったって言っているんですけど、うーん、そうか?って正直思いました。(笑)
 「若い頃に見たり聞いたりしたものは、すべてビビッドだった」的なものが少しあるような気もします。もちろん、時代を考えれば、素晴らしい名作であることは疑いようもないですが。

 個人的には、やはり映像特典の中に入っていた、(劇場では同時上映されたらしい)短編の『鉛の兵隊』のほうが、実はビビッと来ました。20分ぐらいあるのかな。これは切ない話です。クライマックスは悲劇と言うべきでしょう。まあ、趣味の問題ですかね・・・。
 せっかくレンタルしてきても、「映像特典」の中に入ってるだけですからうっかりしていたら気が付かないかもしれません。これも名作だと思いますよ。どうかお見逃しなく。

関連記事

コメント

>

ボクは「花の子ルンルン」の岡本茉利さんのファンなので、昔の吹き替え版を持っています。

山賊の娘が改心の涙を流すとき、スカートの裾でその涙を拭う仕草に、宮崎監督はビビビとイマジネーションをかき立てられたようですね。

上手くいえないんですけど、そういった余人がスルーするような動きを丹念にスクラップしていった結果、今のジブリアニメがあるのかと思うと、なんだか格別の思いが湧いてきますです。

> 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1447-831e7160

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。