スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GyaOで放映されていた『あしたのジョー 2』が、ついに「完」! 

[2009/05/01] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 4月の更新の少なさはまったくひどいもんでした。まあ忙しかったり、体調を崩してしまったり、いろいろあるんですが、感想を書きたくなるようなアニメをあまり見ることが出来なかったというのも無きにしも非ず。
 そういう中で、出崎統監督の代表作『あしたのジョー 2』は、毎週GyaOで見るのを楽しみにしてきた貴重な存在だったんですが、「かっけぇー!(驚)」以外の言葉がなかなか出てこないという意味で感想が書きにくい作品でもありました。

あしたのジョー2 サントラ

 ものの見方として、大きく「減点法」と「加点法」という二通りのやり方があるとすると、『あしたのジョー 2』というこの作品は、部分部分で細かく考えていくと、私の好みとは異なる部分が決して少なくありません。でも全体の印象で見てしまったときに、もう有無を言わせず「これはイイ!」という結論以外は出せないというか。もうちょっと「この点が素晴らしかった」というのを上手に書ければいいんですけどねー。

 とにかく久しぶりに涙が出そうになったし、ラストでは鳥肌が立ちました。やっぱり白木葉子のドラマがいいですね。前にも書きましたが、私は原作コミックがけっこう好きで、(といっても、もう何年も読んでいませんが・・・)あっちはもっと淡々としていたのが味があった(気がする)んですけど、このアニメ版はサイドキャラクターのストーリーが手厚く、濃い情趣で描かれていて、違う味わい深さがありました。

 矢吹丈という主人公。少年院からはじまった物語だけど、作中で彼がお酒を飲んでるシーンがあって、あれ、彼って何歳なんだろう、と思ったりしました。もちろん別に、倫理的にどうのこうのと言うんではなくて、林屋の紀ちゃんにせよ、白木葉子にせよ、魅力的な女性だと思うんだけど、彼は女性には興味なさそうに見えるのが不思議で。そういう意味ではとても抽象的なキャラクターなんですよね。

 この作中では比較的に私たち観客の目線に近い現実的な立ち位置にいる紀ちゃんは、ボクシングにのめり込んで「真っ白な灰」になるまで燃え尽きたいと言ったジョーに「ついていけない」と思い、優しい働き者の西と結婚する。ジャンルで言えばこの作品、ボクシングというスポーツもののアニメなんだけど、そのへんを漠然とほのめかすんじゃなくて、劇中でしっかり結婚式まで描いてるのが、考えてみると凄いんじゃないでしょうか。

 これに対してもう一人のヒロイン白木葉子は、お金で解決できることなら、どんなわがままな望みでもかなえることができる究極の財閥令嬢。もちろん美人なんですけど、ツンツンとした印象で描かれていて、普通じゃ観客が感情移入できる存在じゃないんですよね。
 その彼女が、ホセ・メンドーサとの最後の死闘を目の前にして、たまらずに逃げ出すのがいいんですよ。そこで試合前に誇りをかなぐり捨ててジョーと交わした会話がよみがえってきて、再び武道館に戻ってきて。そしてジョーに「頑張って、矢吹君!あと少しじゃない!」と。決してお涙頂戴な場面じゃないんだけど、その瞬間に張り詰めきった表情の葉子の目からボロボロと涙があふれ出ているのが、これがもうたまりません。
 「真っ白な灰」に燃え尽きるまでを見届けようと逡巡の末に決意した葉子だからこそ、ラストでジョーは「あんたにもらって欲しいんだ」とグローブを渡すんでしょう。

 原作のコミックは、力石との「クロスカウンター」の応酬とか、意外にテクニカルな面白みが物語の根幹なんですよね。このへんは『巨人の星』の「大リーグボール」の謎解きの話なんかとも似てます。コミックとアニメのメディアとしての性格の違いとか、いろいろ考えていくと面白いかもしれませんけど、とにかく抑制気味な表現だった原作に比べてアニメはリミッターを振り切る「これでもか」の勢いで情感を盛り込んでいて、本当に凄いです。

 有名すぎるぐらい有名なラストシーンですけど、最後の最後に画面いっぱいに力強く「完」という文字が示されたのを見て、もう一度鳥肌が立ちました。
 そうなんですよ、こういうのが見たかったんですよ!
 なんか、ブスブスと燃えカスみたいなものが残りまくって、続編だ劇場版だとか、そういうまだるっこしいのじゃなくて、文字通りやれることはすべてやり尽くしての完全燃焼!

 いつまでも記憶に残る作品っていうのは、やっぱりこういうものなんじゃないのかと改めて強く思った久しぶりの体験でした。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1443-4d1099d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。