スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こういう楽しみ方もありますねー(『聖戦士ダンバイン』リビルド) 

[2009/04/22] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 HIGHLAND VIEW 【ハイランドビュー】のTOMMYさんが、また面白い記事を書いておられました。みんなに読んでほしいので紹介します。

 何故かまだ、あまり注目されていないみたいな。人のことは言えませんが、TOMMYさんも文章長いからなー。(笑)
 結論のほうだけ読んでも話の大筋は分かりますが、前半だけを読んだときにいろいろ自分なりに想像したり考えたりしたのも面白かったので、皆さんもぜひどうぞ。

『ダンバイン』には、本来語られるはずだったプレーンな形の物語が存在していたと想像できます。 しかし、それはさまざまな要因により我々の前には姿を現さなかった。 その「幻の物語」を体験するには、同じ異世界バイストン・ウェルを舞台にした小説、『オーラバトラー戦記』や『リーンの翼』を読むのが一番てっとりばやいだろう。

・・・と言いつつ、「読んでしまえば全てが終わる。読むと妄想力(ちから)が弱まる。だからあえて、これらは読まずに『聖戦士ダンバイン』の物語を自分なりに考え直してみようと思います。」っていうのが凄いです。

 これは前の記事でもちょっと書いてた、資料を駆使する研究とか、批評とかとは一線を画したアニメの楽しみ方ですね。考えてみれば、昔のアニメ鑑賞は、けっこうこういう「妄想力(ちから)」を駆使した視聴のほうがスタンダードだったような気もします。
 ちょっとしたアニメ感想を書こうというのでも、研究者のように資料を積み上げこそしませんが、ささっとググってみたり、過去のブクマを漁ってみたりというのは、今では無意識な習慣のようにやってしまうことが多いです。こういうのって、アニメの技術的な製作水準が(いちおう外見的には)高くなって、「普通にウェルメイドだ」っていう感想があまり褒め言葉じゃなくなったのと同様に、オリジナルな感想を生み出す力を弱くしちゃっている面もあるのかもしれませんよね。

物語とちゃんと向かい合うには拙くてもいいから自分自身でぶつかる方がいいよね

 ここ重要!(笑)
 私なんかは、つい「富野監督が本当にやりたかったダンバイン」として、『オーラバトラー戦記』ほかの小説作品や、OVA『リーンの翼』の話を“答え合せ”のように持ち出さずにいられないんですけど、『ガーゼィの翼』なんてわりと入手困難だし。
 そういう参考資料の量に頼った話しかできないようでは、「なぜこれほどまでにアニメについて語ることが重くなっているのか。もっとアニメについて軽やかに語る方法というものはないのか」(metamorphosis - 来るべきアニメ批評について――津堅信之さんの記事を読んで)という問いかけに向き合うことができません。

 私は「批評」とかがやりたいわけではないので、製作側の人たちに自分の駄文を読んでもらって自分の思う方向で作品作りをして欲しいなどと思ったりはしていません。
 また、褒めるにしてもけなすにしても、読者にはその作品のファンもいればアンチもいるだろうということを無視はできない。できないけど、そうそう八方納得の行くような感想なんか書けないし、だいたいからして自分で結論があって書いていることはほとんどなくて、知識も見識も乏しい私が思い惑った過程を恥ずかしながら見ていただいて、幸いにして何かリアクションがいただければ、考えるきっかけが得られたことを喜びとしている、まあそんなところです。

 それが“批評もどき”に見えてしまって、真面目に批評ということをやろうとしている人の邪魔になるかもと言われれば、申し訳ないかな、とは思うんですが。
 やっぱり現在進行形のアニメの話は難しいですね。特に、有象無象のネットでの反応をいちいち意識したようなことを、これもまたネットの上でクリエイターの側の人が公言するような時代を迎えていますから、批評も批評もどきもごた混ぜに、批評的に機能してしまう可能性があるよ、というのは考えなくちゃならないんですかねー。

 TOMMYさんの『ダンバイン』への考察は、とても真面目なスタンスでなされているのに、エンターテイメントな語り口を保ちつつ、何よりも批評めいた肩肘の張り方をしていないところが素晴らしいなぁと。
 これを読みながら、私もいろんなことを考えました。例えば、小説『ガーゼィの翼』やOVA『リーンの翼』の主人公に与えられた“ハーフ”という属性は、なるほど「境界線上の人間」という意味で考えると凄く分かりやすいですね。

 前回、ガンダムシリーズというのは「オリジナルではなく原作つきの作品」だと言うことができ、「なるほど原作つきアニメというのは、原作への批評性というものから逃れられないのかな」などと書いたんですけど、そういえば“バイストン・ウェル”ものというのも『聖戦士ダンバイン』の世界観を下敷きにした「原作つき」作品のようなもので、元になった作品への批評性からは逃れられないのかもしれません。
 しかし、だからこそ同じグループ内の作品ではなく、むしろ『伝説巨神イデオン』や『ターンAガンダム』との対照が有意義だというのも激しく納得。特に、何とかして『イデオン』とは違うアプローチを模索しようという視座は、ああ富野由悠季も同じように思索したのではなかったかなーと思いました。

 『ダンバイン』からもう何十年も時代は流れているのに、こんなふうに何度でも咀嚼し直せるというのは、これはやはり(製作途中でグダグダがあったにせよ)物語に力があったからなんだろうなと、それは言っておきたいと思いますが、TOMMYさんが見せてくれたような、こういう作品との接し方というのは、受け手側の感受性を豊かにしようとする、いい試みなんじゃないかと思います。

 当たり前のようなつまらない結語ですが、やっぱり世間の評価が定まってるかどうかはともかく、自分が見て「面白い」と思った作品の感想を書くことのほうが、絶対にいいですね。(笑)

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(1)

[tag] ダンバイン fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> ご紹介ありがとうございました。

手法に着目してくださったのが何より嬉しいです。そこを最も意識していましたので。
囚人022さんや皆さんが書かれているように「どのように語るか」というのは、私にとってもずっと課題になっています。

>これは前の記事でもちょっと書いてた、資料を駆使する研究とか、批評とかとは一線を画したアニメの楽しみ方ですね。

映画でも予告や雑誌やネットの情報で心魅かれたら、その映画がどんなに素晴らしいか面白いか(映画見ないで)しゃべっておくと楽しいですよね。
見てない人には見てない景色があって、見てない時の感想と今まさにリアルタイムで見た感想の両方が書けるのでお得です。
それはすでに作品を見た人や資料をたくさん持っている人には絶対にできない芸当ですから。
大事なのは「面白く誤解」して、知らないことを利点にして書く、でしょうか。

>とても真面目なスタンスでなされているのに、エンターテイメントな語り口を保ちつつ、何よりも批評めいた肩肘の張り方をしていないところ

考えたことを元に整理して、結論から書いて、問題点の批判、作品の類似性などを指摘すれば、相当少ない分量になると思います。
でも思考の流れが大事だったのでそのままお伝えしました。だからこそ小説の既読者には笑える内容でしたでしょうし、「ダンバイン」だけ分かるという人には同じ立場で考えてもらえたかもと思っています。
まあ今回は結論が富野監督がすでに着地してた所と同じだったので、どのみち結論から書いても仕方なかったんですけどね。

欲張りなので、考察と読み物とおふざけ等をごちゃまぜに入れてしまいます。そういう意味でノイズが多くて、文章が長くて毎度すみません。
今回はさすがに反省しました(笑)。今後は記事を分けたり工夫します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1441-e9979e0c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。