スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[これはひどい]今月二回目の更新(近況報告やら) 

[2009/04/18] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 はたと気が付いて、ビックリしました。いえ、4月ももう、17日なんですね。今月なんと二回目の更新ぢゃないですか。この勢いで行ったら、今月の更新は二回?三回?(笑)

 仕事の忙しいのは、半分ぐらいは一息ついてきました。もうひとふんばりっす!ここを何とか乗り切らねば・・・。
 で、やっと自分のブログが今月まだ一回しか更新されていないことに気づく程度には、余裕ができてきたというわけです。いやはや。

 かれこれ、どれだけTSUTAYAにも行っていないんでしょう?そろそろ『Zガンダム』も再開したいですね。インプットがないと、アウトプットしたいという意欲もわかないとか、そんな感じです。
 ネットで配信されているアニメは、それでもけっこう見ていましたけどね。

  • 鉄のラインバレル
  • 機動戦士ガンダムOO
  • キャシャーンSins
  • 鉄腕バーディDECODE:02

 昨季、見ていて最終回を迎えた作品は、こんな感じ。
 ラインバレルについては、前にも「言葉にならない」という最終回近辺の感想を書きました。私としてはそれで精一杯だったんですが、ネットを眺めていたら、“あれは堂々の王道でそれなりに感動した”というような感想を散見して。えぇーっ!?そうなんだぁーっ!?って感じです。世代の差なんですかねぇ。

 Sinsについては、前半で凄く期待が盛り上がっていただけに、後半(特に最終回)は正直、残念でした。元祖『新造人間キャシャーン』は打ち切りだったけど、それでも何とか話を締めようと、もう少し前のめりに終わってました。いい味出していても、ただの「味」で終わってしまっては、記憶に残る作品にはならないのではないかと。

 バーディ第二期は、第一期もそうだったけど、普通に面白くてウェルメイドな作品でした。ただ個人的にはそれだけで、それ以上突き抜けるようなボルテージが上がらなかったというのが、これも正直な印象です。作画で騒がれたりもしたけど、私はバランスがいい作品だと思いました。挑戦的な部分があるのなら、もっと思い切って全体的にバランスを崩した表現というのもあってよかったんじゃないかな、と。

 ダブルオーに関しては、皆さんの感想を読んで、“うん、うん♪”と思ったので、自分の中では終わってしまいました。紹介だけしておきます。

最終回はあからさまなオマージュもいくつか見受けられたし、完全に過去のガンダムを意識していた作りになっていた。ほとんどの方はわかっていると思うけど、今までのガンダムシリーズからの「脱・ガンダム」というメッセージを強烈に打ち出した回で間違いないと思う(一期の頃からメッセージを残していたけど)。わざわざ刹那とアムロ(0ガンダムにまで乗せて)を対峙させてアムロを倒したんだから明白だろう。
それで、僕が思ったのは、今までのガンダムを捨てて一体どこへいくのか? という事。 新しい未来へ行こうと提示されているだけで、明確な答えも何も一切提示されてない。はっきり言うと、「口だけじゃねえか!」と僕は感じた。

これさあ、作り手は大真面目に善意でもって「いい作品を作ろう」と思ってやってると思うんだよ。 なのに、こんなふうにしか作れない、こんなふうにしか人間とか魂を描けないっていうのは、 やっぱり時代の病なんだろうなあ。 「ガンダム00=世界の歪み」説を、ますます確信せざるを得ない。

富野台詞の背後には「戦争」があったのに対し、黒田台詞には「戦争アニメ」しかない。「戦い」をメタ的な言説で捉えるのではなく、「戦いのアニメ」をメタ的に表現している(私はこれがオタクへの媚に近いと思うのだけれど)ことが、どうしても作品を盛り下げているように思えてならなかった。たぶん、一連の台詞を恥ずかしいと感じず、面白いと受け取れるのは、台詞を台詞として楽しむオタクだけだと思う。

もはや、最低限の型以外は無視できる(であろう)富野由悠季が作る以外のガンダムがガンダムに追いつくことはなく、また超えることも不可能なんだと思う。30年という時間を経てもなお残るブランドである以上、それは仕方がないのかもしれないけれど、でもだからこそ、かつて富野由悠季が言った「目があって角があればみんなガンダム」という発言を、制作者には忘れてほしくない。要は、それこそがガンダムの縛りであり、逆にそれを守れば何でも作れる、ということなのだから。

例えば富野なんかは自分の作った作品をボロクソに貶したりして、それを好きなファンとかスタッフが、いくら何でもそういう言い方はちょっと失礼なのでは?みたいに気分を害したりするとか、昔からよくあるじゃないですか。
あれって富野は意識してやってんですよね。ホントは自分の作ったものとか大好きな人なんだし。
そこで下手に褒めちゃったりするとさ、狭い世界だけで傷をなめあってる恥ずかしい状態にしかならないってのを知ってるから、こんなもので満足してはいけないんですよって、あえて言ってんだよ。たかがガンダム程度ってのはそういう事です。
「ガンダムで戦争を知りました」とか言うのは、ものすご~~~~~~~~~~~~く恥ずかしい事なんだって知らなきゃダメだ。

最後には面白くなるから映画に来てと言われるより、最初から最後まで面白い方がいいです。

問題提起が過激ぶった描写の癖に「みんな努力しましょう」で終りだし。

結局、「分かり合うという題目」は唱えるけど「分かり合いたいと願う叫び」の熱量が足りなかったんだよなあ。

「続きは劇場版で」(CMの「続きはWebで」風に)
と、『鋼の錬金術師』に続いてこの方法は2回目の水島監督でした。

 「続きは劇場版で」も二度目になると、水島監督という人はこうなんだろうな、と思わざるを得ないわけで。時間もないのにネガティブな感想を書く時間はさらに惜しいわけですけど。
 とにかく見ていて、元気の出るアニメを、どうも見ることが出来なかった今日この頃だったのでした。TV版『Zガンダム』がそれかというと、それもかなり疑問符なわけですが、現在進行形のアニメの感想を書くことに、以後は少し構えて臨まずにはいられないと思ってしまった昨今です。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(0)

[tag] 日常雑記 fc2ファビコン 鉄のラインバレル fc2ファビコン ダブルオー fc2ファビコン キャシャーンSins fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1439-7b7ef5a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。