スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60万ヒットありがとうございます & キングゲイナーの話を少しだけ 

[2009/03/08] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 えーと。(汗

 このブログに設置してありますカウンターのアクセス数が、60万ヒットを超えました。このところの低調ぶりにもかかわらず、それでも日々カウンターは回っていっているのだなーと。ちょっとプレッシャーを感じたりもします。w

 つい先日、“2月の月間エントリー数が「9」というのは、このブログを書き始めて以来最小、初めての一桁”でした、ゴメンなさいという記事(3/1)で、そのへんのたまってるものを吐き出したばっかりなので、今日はあんまりそういう話で書けることもなかったり。

 ちょっとぼやぼやしていましたら、いつからかなぁ?はてなにユーザーの「プロフィール」みたいなページができてました。

自分ではブックマーカーのつもりではないのですよ。w

 放置状態のはてダの自己紹介のままではいかにもまずかったので、あわてて書き直しましたが、さて何を書こうかと考えて、・・・自嘲の言葉ぐらいしか出てきませんでした。orz

 しかし、こうやってみると、はてなのサービスいろいろ手を出してますねー。ちょっとやり過ぎかも。ブックマーカーじゃないやい、と強がってみましたが、囚人022のはてブのブクマ数は既に9,000以上。やがて10,000の大台に乗っちゃうじゃないですか、この勢いでは。w
 以前にはときどきメンテナンス(整理)していたんですけど、最近は増えすぎて手に負えなくなってるし。RSSリーダーのほうはLivedoorリーダーに乗り換えちゃったので、はてなのほうは放置になってますけど、そっちもちょっと購読数が増えすぎ。インプットが多いわりにアウトプットが増えるわけではないっていうのは、考える時間が足りていないんでしょうねぇ・・・。

 この間、子犬さんが自分ははてなが好きじゃないと言っておられましたが、耳が痛かったです。
 はてなって、はてブもそうだし、はてスタもそうだけど、アクセス数やコメントだけじゃなくて読者のリアクションが可視化されやすくて、それはもう素朴に「嬉しい」と感じてしまうんですよね。
 特にたくさんブクマされると、アクセス数も目に見えて増えるし、そうするとはてな界隈で注目されている話題に食いつく記事を書きたくなるんだと思います。普通にブログやってても、時事ネタのほうが受けがいいなんてのは、みんな何となく意識するでもなく意識しちゃうことだと思うんですけど、はてなの場合はそこがすごく顕著で。ちょっとたちが悪いのは、それが誰でも見れるネット空間の中の出来事なんだけど、はてなユーザーの間だけで閉じたコミュニケーション(くねくね)になっていっちゃうところがあるもんだから、外部から見ていると「なんのこっちゃ」になっていても全然気が付かない。

 ただ、こういうのは例えば、富野監督の熱烈なファンの間でばかりコミュニケーションしていると、はたから見れば同様に「なんのこっちゃ」だったりもするから、気をつけなければならないんですけど、考え込みすぎちゃうと何も言葉が出てこなくなっちゃうし。難しいですよね。

 はてブの話に戻すと、それを個人的な“ネタ帖”的なものと考えている限りでは、ブログ本体のほうではなくて、ブックマークのほうが人気があり、ブロガーというよりブックマーカーとして認知されているというのは、不本意なことだと思います。で、正直、ちょっとは不本意なんですが(笑)、でもまあ、何も人気ないよりこれはこれでいいかなーと。
 はてなブックマークは、かなり機能化された個人ニュースサイトのようなものだという考え方に馴染んできたというか、ネタの備忘録というだけじゃなく、自分が「これは」と思った記事を皆さんに紹介したいという気持ちも近ごろはあるような気がしています。

 今、イチオシの記事はこれですね。『キングゲイナー』という作品に感じた違和感について、考え直す重要な新知見が多数あると思いました。“富野信者”の外からの真面目な視点って(それが貴重なものになってしまっているのが残念ですが、)たいへんありがたいです。
 ただ、ブログ的には即時タイムリーに反応すべきなのかもしれないけど、もう一度見直してじっくり考えてみたいという、最近はそういう感じです。

 この記事の中で、グダちんさんが『∀ガンダム』について、富野監督がシナリオを絵コンテ段階で軌道修正しているということを書いておられますけど、『キングゲイナー』は『∀ガンダム』以上に、ストーリーラインで追っていくのと、アニメとして表現されたものの印象が乖離していたのではないかという、今思い出して考えてみると、そういう仮説のようなものが今の私にはあるんですが、それはもう一回見直してみないとハッキリしたことは言えません。
 それと、「事態は今なお進行中」と言っておられるとおりだと思うんで、実社会の話と重ねて考察するのは、非常に興味深いんですが、どうもなかなか難しい。歴史化された過去ではなくて、まさに現在進行形の問題だからなんでしょうかね。

 話があっち行ったりこっち行ったりしますが、はてなの「くねくね」したところについて、厭だなと思うことを書いたわけなんですけど、でも私はやっぱりはてなが提供してくれるコミュニケーションもありがたいなと思うほうです。
 先日の「更新が少なくてスミマセン」という記事に、全く思ってもみなかったことでしたが、いくつか“はてなスター”をもらったのは、ちょっと驚いて涙が出そうになっちゃいました。
 それにつけてもpsb1981さんの言われた「身の丈に合わない物語」というのは至言だなぁと。作品の解釈の話だけでなく、自分の身にひきつけて考えることができる問題提起というものは、読み応えがあるものです。『Z』のテレビ版を見てるから今の私はこんななのかもしれませんけど(笑)、あまり思いつめずにやっていきたいと思いますので、皆様よろしくお付き合いくださいませ。

関連記事

コメント

>

取り上げて頂きありがとうございます。囚人022さんにエントリを紹介してもらっているのに、私の方はコメントもTBもブクマあまりしないので、なんだか申し訳ないな、もう少しいろんな人と積極的に交流した方がいいのかな、と思ってはいるのですが、どうも私はそういうのはあまり得意ではないようです(SNSは、まだいいんですが)。

あと、言われているとおり、こうなること↓は、なるべく避けたかった、というのもありました。
>ファンの間でばかりコミュニケーションしていると、はたから見れば同様に「なんのこっちゃ」
個人的に「富野は神だが、SEEDや00はダメ」の不毛なリフレインがネットで広がるのだけは避けたかったんですよね。ファンがキモがられるのはいいんですが、結局はアンチを増やすだけになりそうですし…。

でも、こちらの避難所は活気があっていいなー、と思いながらいつも見ています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1431-04f9a2c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。