スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野由悠季 小説『ガーゼィの翼』を読了しました 

[2009/03/02] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 富野由悠季御大将の小説『ガーゼィの翼』を読了しました。世評との違いにはいささか戸惑っているのですが、私には、ごく普通に面白い冒険ファンタジーでありました。
 何しろ「ビョーキ三部作」のひとつなどと言われていて、いったい最後にはどんな「ぎゃー」という展開が待ち構えているのかと、戦々恐々としながら最終巻を読み進めましたけど…。
 あえて言えば、ちゃんと落ち着くべきところに落ち着いた、そのまっとうな結末が、むしろ「富野由悠季の小説」では考えられない“意外な展開”で、そのことのほうに私は「ぎゃー」と驚かされましたよ。(笑)

 富野御大将のライフワークとされる、「バイストン・ウェル」を舞台とする一連のファンタジー作品。個人的にその中では、アニメで『聖戦士ダンバイン』、『リーンの翼』は見ましたが、OVA『ガーゼィの翼』はまだ見ておりません。小説では、『オーラバトラー戦記』、『ファウ・ファウ物語』は読みましたが、『リーンの翼』はまだ。
 これらの作品は同じ時間軸上の物語というよりは、互いにパラレルな関係と考えられますが、例えば『ガーゼィの翼』には“オーラバトラー”が登場しないことなどを考えると、小説作品では一番最後に執筆されたこの作品が、時系列的にはもっとも原初的な技術水準の世界観を示しているのは興味深いと思いました。(『ファウ・ファウ物語』は例外としても、小説『リーンの翼』も“オーラバトラー”以前の物語ですけどね。)

 ロボットアニメの巨匠、富野由悠季の作品にして、巨大ロボットにあたる“オーラバトラー”を物語の中で出さないというのは、エンターテイメント的には難しいところを狙ったと言えるんでしょう。それともうひとつ、バイストン・ウェルものではお約束の妖精である“フェラリオ”も登場しないということで、お色気方面でも、それを出しておけば少なくとも固定ファンの受けは手堅いという部分をあえて外しているという言い方はしてもいいのかも。
 第一巻の巻末にある「あとがき」の中でも、そのことを変な感じで読者に断っていて、これについては鬱になりかかっていた時期の富野御大将の弱気ぶりが伺えて、やや見苦しいと感じたことは正直否めません。

 そうしてまでも「新しい形の騎士物語」を書きたかったのだと作者は述べているわけですが、それがどう新しいのかというと、あえて「格好の良い騎士物語にしなかった」ところがたぶんそれなのでしょう。どうもこの作品についての世評に芳しくないものが多いのは、そういうようにファンタジーでありながら娯楽的な要素には乏しいという、そういうことも関係あるのではないかと思ったのでした。
 何しろ主人公の千秋クリストファは「ガーゼィの翼」の聖戦士としてバイストン・ウェルに召喚されても、そんなものにたてまつられることに戸惑い、コンピュータ・ゲームのようにはいかない異世界の強烈な「現実」にクドクドと愚痴ばかりもらす、ひ弱な現代っ子。
 ・・・と言っても、精神面ではそうでも、いちおう剣道はやっており、弓道も門前の小僧程度には知っているなど、極限の異世界で生き抜けるための最低限のことは地上界で学んでいるのが彼。(そこは富野監督らしいエクスキューズでもあり、物語の主人公に対する多少の優しさでもあるかな、と。)そうした知識には実戦的でない部分もあるんですけど、その真の意味を実戦の中で学び取り、少しずつ鍛えられていく部分には、親近感がわきました。(クリスが“二浪”という設定も、私は個人的に好きです。)

 最終巻の「あとがき」には、ノベルスを書き始めてからOVAやゲームソフトと連動する企画が持ち上がったことでの戸惑いが書かれています。ちょっと興味深いのは、ゲームの企画のために第一巻目のノベルスの執筆が終わってから最終章までの下書きになる原稿を書いた、とされていることで、逆にそういうことでもなければ小説のプロットのようなものは書かない手法なのかな、ということがひとつ。『オーラバトラー戦記』のあの長大な物語なんかも、結末までを見越して書きはじめられたものではなかったんだろうなぁというのは、前からそう思ってましたけど、いちおう再確認。
 それはそれとして、書き出しではかなり変わった構想が盛り込まれていた作品ではあるけれど、おそらく例外的に、この『ガーゼィの翼』では走り出して間もない時点で、一度ラストまでを見通して物語が書き進められているという。そのことが作品のまとまりにもたらした影響というのは、たぶんあるんでしょう。
 それと、もうひとつは、同時にOVAのシナリオも書き始めることになり、ノベルスのストーリーのままでは映像作品向けにはならないと理解し、二つのメディアでの表現の狭間で「問題」を感じたという話。映像作品の製作とノベルスの執筆を並行して行うことなど、これまでにもいくらでもあったことだと思われますが、ここで「初めて経験した問題」と意識されていることは、大変興味深いことに感じられました。これまでは「いつも、映像を先行させて企画を考え、ノベルスを書いていました」という再認識は、読者からすると「そりゃそうだよね」って印象もありますが、小説家としての富野由悠季にとっては大事な発見ではなかったかと思うのです。

 この作品の内容で、面白いと思ったことをもうひとつ付け加えると、他の作品とは違って、バイストン・ウェルに行ってしまったクリスの分身が、現代日本にもそのまんま残っていて、ときどきあっち側のクリスと“交感”するという設定です。どっちかの身に何かあったら反対側の自分はどうなるんだろうという不安の中で、あっち側のクリスが必死で潜り抜けてきている試練のことは、こっちのクリスにも何となく伝わり、こっち側のクリスが学んだことは、向こう側のクリスにも何となく知識として身につくので、一生懸命やってるわけなんですが。
 少しユーモラスな文明批評になっていると同時に、考えてみればこっち側のクリスというのは(最初に出てきたときには何事かとビックリしましたけど、慣れてくるにつれ、)読者にも通じる視点のような気がして、これは親しみやすい作品なんじゃないのかと私は感じたのでありました。

 この時期にけっこう集中的に書いて以降、まあビョーキもあってのことでしょうが、富野御大将はあまり小説を多くは執筆されなくなっちゃったんですよね。『アベニールをさがして』もそうでしたけど、アニメ作品のノベライズというのから一皮むけて、小説家・富野由悠季というものがたぶんようやく確立されてきたところで、あまり執筆されないようになってしまったのは、私にはなんだか残念なことに思えます。
 この作品は富野小説独特の“毒気”が薄い作品という言い方もできるかと思います。富野マニア的には、そこが食い足りない印象があるのかも知れず、富野小説の読者といえば、かなり濃い富野信者がほとんどなのかもしれませんから、『ガーゼィの翼』はあまり積極的な支持を受けることのなかった不幸な作品になってしまったのではないかという想像もできます。
 よく訓練された富野信者と言ってもいろいろなわけですが、この作品はむしろ健やかな印象の冒険小説であって、多くの人に読んでもらってもいいんじゃないかと私は思うのは、今の私も少しビョーキっぽく心が疲れているところで、この時期の富野監督の感性に親和性が高いからなのかどうか。(笑)

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(0)

[tag] 富野由悠季 fc2ファビコン ガーゼィの翼 fc2ファビコン 読書 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1428-013a999d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。