スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説『ガーゼィの翼』 ただ今4巻。ここまで、とても面白いですよー 

[2009/02/25] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 ブログの更新をずっとサボっちゃっておりますが、『ガーゼィの翼』を読みふけっちゃっております。『映像の原則』を読み終わってからにしようかと思っていたんですけど、ちょっとだけ目を通してみるつもりが、面白くて面白くて。

 富野由悠季御大将が鬱な時期の作品ということで、「ビョーキ三部作」のひとつなどとも聞かされていて、相当ひどいものを思い浮かべていたのですが、いやいやどうしてどうして。

 今、4巻の途中まで来てますけど、これはとても面白い小説だと思いますよ。あまりアニメ向きのストーリーではないかもしれないけど。あと、ところどころ脱字があったりして、この文庫には校正マンはいないのかよ、という気分はありますけど、内容は意外や意外、なかなか快活な物語ではないですか。
 もしかして最後が凄いことにでもなっちゃうのですか?今の感じだと流浪の民が伝説の世界樹の下にたどり着くあたりでクライマックスが来るのかなという予感はありますけど。

 今まで読んだバイストン・ウェルもののパターンと違うのは、オーラロードを抜けてっちゃった主人公の分身が現代日本にももう一人残っていて、あっちのクリスとこっちのクリスで霊界通信(笑)みたいな会話をときどきしていたりするのが、これがでも、別に電波な感じでもなく、文明批評的なことが嫌味でなくさらっとやられていて、なかなか楽しいんですけど。

 これまで読んだ主人公の中でも、一番現代っ子らしいというか、少し精神的にひ弱っぽいところを残している千秋クリストファという彼が、私には思い入れがしやすくってけっこう好きなんですけど。
 うーん、最後がどうなっちゃうんだろう。すごく気になります。このところあまり体調も良くないので、本当は早く寝なきゃいけないんですけど、これは気になっちゃうので早く読み終わりたい。

 というわけで、とにかく読みます。読み終わったあとの感想が「ぎゃー」と言うものではないことを皆さんも祈っててください。(笑)
 ではでは・・・

にほんブログ村 トラコミュ 富野由悠季を真面目に語るへ
富野由悠季を真面目に語る
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(2)

[tag] ガーゼィの翼 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> ついに『ガーゼィ』ですね

どうか、お体を大切にしてください。

> ・・・私そういえば

富野由悠季の小説って、あまり読了した記憶が無いっす。
読んだのは
「機動戦士ガンダム」(読了)
「伝説巨神イデオン」(読了)
「機動戦士Ζガンダム」(読了)
「ファウファウストーリー」(読了)
「ガイア・ギア」(未了)
「オーラバトラー戦記」(未了)
「リーンの翼」(未了)
「ガーゼィの翼」(未了)
「機動戦士Vガンダム」(未了)
・・・この読了率の低さは何なのでしょうか・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1426-7ab5d0a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。