スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士Zガンダム』 第27話「シャアの帰還」 

[2009/02/16] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 ブレックス亡き今、エゥーゴにとって格別に重要人物になってしまったシャア。まあカミーユの地球からの帰還でもブライトは苦心していましたけど、今回はさらに一生懸命にならざるを得ない感じです。毎度毎度こんなに大変なら、重要スタッフを地上に降ろすのはなるべくやめておいたらよさそうなものなんですが、エゥーゴってば本当に人材難。

機動戦士Zガンダム 8 [DVD]

 そういうわけで、シャアによけいな心配をかけるわけにはいかないんだとまで言われ、カミーユは背伸びせざるを得ない状況。ファには「急に私の面倒見てくれなくていいのよ」とか言われてますけど。w
 「私には、とてもカミーユの父親は務まりそうにないなぁ」と言うブライトは、カミーユの背伸びぶりを察しているほうなんでしょう。
 それとは別の場面で「カミーユにはもう、父親役は要らないでしょう」と言うクワトロのほうは、カミーユの様子を見てそう言ってるんではなくて、状況的にそんなことやってられないと切っている感じがしました。

 あと、この切迫したはずの状況の中でクワトロは、シンタとクムを地球から連れてくるんですけど、物語の中でこの子たちの存在意義というのが、私にはよく分からなかったんです。『機動戦士ガンダム』で言ったらカツ、レツ、キッカに相当するポジションが不足している、という軌道修正なのかな、と思いますが。

ただ今のピノコの件に関しては、眞君はそう言っているけれども、ちょっと違うと思っている部分があります。これは科学の問題ではなくて、作劇です。劇を構成するための人物配置の問題として考えなければいけないことがあるので、これは本当に面倒くさい話になるので、細かくは説明しません。手塚治虫という人が『ブラック・ジャック』を描くに当たって、ほとんど役に立たないピノコを置いているということで、基本的に人間の目指しているもの、触るべき技術論というものがどういうところにあるかということを、表すために、ピノコみたいなものを置かないとやっていけなかったという辛さのようなものがあったのではないかと思います。僕はピノコというのは、手塚先生にとってだまし絵のような存在になっていると思うんです。こういうキャラクターを置かなければいけない手塚先生というのは、本能的に、科学と技術の問題を感じていることがあって、それでいて自分はマンガ家としてしか表現できない部分があるために、人の問題というのはこういうふうに、おちゃらけるしかないのではないか。だけど、ブラック・ジャックは実際に執刀するわけです。そして、ある人生に関与していくということをやって、その繰り返しをやっていかなければいけないという物語を作っていると思えるんです。あれはおちゃらかしのキャラクターだけれども、手塚先生の中では「ピノコがいなければ私は窒息してしまいます」という位置付けになっていると思うんです。アトムの成長でもないし、単純にカウンターとしてのセクシャリティを持った、アイドルでもないという意味で、心の中にある澱みたいなものではないのかという気が、僕はします。だからそういうマンガを描いた手塚というのはすごいということです。

 カツ、レツ、キッカに関しては、キャラクターの存在を物語の中で上手く使ったけど、基本的にはスポンサー向けに「子ども向けにも配慮してますよ」という大人の事情込みで置かれているキャラクターなのかな、とも思ったりしてたんです。シンタとクムは、そういう意味で上手く生きてないキャラだという気がしていたんですが、上で引用した手塚治虫にとってのピノコのような「必要」を、物語作者として感じていたのかなー、と。
 「ハロ」というのも似たような役割を持った存在だと思いますが、それに加えてこの二人の投入にもかかわらず、というか、この二人の存在が上手く機能しなかったからなのか、この先『Zガンダム』は「窒息してしまいます」という物語にどんどん進んでいってしまうわけですけど。

 他方、ティターンズのほうに投入されたヤザンというキャラクターのほうは、ジェリドへのプレッシャーにもなって、(基本的にはいやなやつなんですけど)物語の活性化に果たしている役割は大きいですね。
 焦るジェリドを気遣うマウアー。彼女って、男の理想みたいな母性愛の人で、ジェリドにはもったいないような存在。どうせメガランチャーで狙うんなら、Zガンダムよりもアーガマ狙えばいいじゃんと思いますけど、ヤザンごと狙うのに一切ためないなしっていうのは、笑いました。w

 シャアが携えてきたミライからの手紙を目にして涙を流すブライト。こういう芝居がいいんだなぁ。(ハサウェイ・・・。)

 何か長くなったので、今回は一話分だけで。w

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(0)

[tag] Zガンダム fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1423-d5d2ed01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。