スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤバ面白い! 富野由悠季 『アベニールをさがして』 読了 

[2009/02/10] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 1995~1996年に富野御大将がお書きになった小説らしいです。アニメ作品のノベライズではなく、全くのオリジナルストーリー。それゆえファンの認知度も低いのでしょうか、既に絶版だそうで、ネットで古書を買い求めて読ませていただきました。善良な市民さんによれば、「古本屋ではそれなりに見かけます」とのことだったので、そのうち出会いもあるかと思っていたのですが、kaito2198さんのブログでアベニール特集を開始されたので、時流(笑)に乗り遅れてはならないと、あわてて入手。さっそく読了させていただきました。

アベニールをさがして(1) アベニールをさがして(2) アベニールをさがして(3)

 御大が“ビョーキ”な時期の作品ということで、もっと無茶無茶読みにくいものを想像していたのですが、そんなことはありませんでした。(このへんに波長が合ってしまうのは、私もちょっと“ビョーキ”なのかしら?)
 特に第一巻なんかは、かなりテンポも良くて、ずいずいと物語の世界に引き込んでいく語り口は見事なもの。たしかに第二巻以降は、少し読むペースが落ちました。というのは、はたして主人公たちの行動はそれで正しいのかと、思わず考え込んでしまうような展開になってきたせいもあるかもしれません。
 そこは最後までそれで突っ走る感じですけど、でも語り口が重くはならないので、決していやな感じではありませんでした。ずっと問題意識を持ちながら読み終わって、私としては結末の後味も悪くはなかったですよ。そんなばっちりハッピーエンドとか、なるわけがないんだ。そんな簡単な話だったら、こんなに繰り返し書いたりしないですよ。

 kaitoさんは「アイデア集合体」という言い方をしておられましたけど、『∀ガンダム』に連なっていくような部分があるのはもとより、他のもろもろの富野作品に通じるいくつものアイデアが惜しみなく盛り込まれているのにはビックリ。片っ端から引き出しを開けたっていう感じさえあって、ちょっと惜しみなさ過ぎじゃないかと思うぐらいです。(笑)
 そこは難しいところで、地球の上にウィルスのように繁殖している人類という種が、これからどうあるべきなのかということ。それが頭からどうしても離れないということになると、これを突破するためのアイデアなどというのは、そうそう何通りも出てくるわけがない。・・・愚直に悩み続けていることを微笑ましく思うのが富野信者なのかもしれませんが、突き放した視点からは「またか」という印象もあるのかもしれないですね。

 そういう設定的な部分だけではなく、作中登場する何人もの女性に主人公の日向オノレ君(高校生)がいろいろと(むらむらと?)惹かれたりする描写やら、年上のセクシーお姉さんのピアスの話なんかは、富野小説の愛読者ならニヤニヤせずにはいられない微妙な表現満載。これをジュブナイルにするつもりだったとか言われると、もう言葉を失うわけですが。(笑)

 けっこう入手困難な本だからネタバレで感想を書いてもいいのかもしれないんですけど、(ネットにもそういうところがけっこうありますけど、)「アベニールって、・・・なんだ?」っていう大きな「?」が作品を駆動していく重要な軸だから、関心がある人には、ぜひ実際に読んでみて欲しいとも思うんですよね。

 やはり終盤に向かうにつれて、多くの人が死んでゆく内容ではあるんですけど、それは納得がいく展開だったと私は思います。むしろ具合が悪いところがあるとすれば、他の作品にはない独自の設定の部分で、あらかじめ地球の人口や環境の問題を、何とかかんとか解決をつけてしまったところなのかもしれません。
 そのことについて作中人物がぶつぶつと言い合っていて、この作品で一番ヤバ面白い過激な部分(彼らの意見の合意可能なポイントは、かなり危険ゾーン 笑)でもあるんですが、しかし作為として創作した部分でそういう不満を残すのは、やっぱり気まずいものがあったんじゃないでしょうか。

 「しかし、よく言われるように富野語の文章が読みにくいとは感じなかったなあ」とグダちんさんも言ってましたけど、全く同感。このレベルは富野小説では序の口。要は、ちょっと精神世界に入っていっちゃうような表現に抵抗感があるかどうかだと思います。
 いろいろ縛りがあるガンダム的なものよりも、奔放に展開していったこの作品。私はかなり好きでした。

参照: アベニールをさがして - だからtominoは・・・

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(0)

[tag] 富野由悠季 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1420-9613f15d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。