スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士Zガンダム』 第23話「ムーン・アタック」/第24話「反撃」  

[2009/02/08] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

ファとカミーユの心の揺らぎがファの独走を生んだ。シロッコもまたジェリドの独走を見守るだけだった。そこにはそれぞれの人々が道を求める姿があった。

 冒頭ナレーションは見てる中で頼りにする部分なんですけど、前回(第22話「シロッコの眼」)がそんな風に総括されるんだなーって感じです。うーん、「道を求める」かぁ。何だかよく分からんなぁ。

機動戦士Zガンダム 7 [DVD]

 経験を重ねてきて、既にルーキーではないカミーユでありまして、今や新たなルーキーであるファや、さらにはカツを、先輩としてリードしてやらなくちゃいけない立場です。大先輩のクワトロも久々にチラッと出てきましたけど「戦争などは所詮はその前後の戦術の優劣によって決します」とかカッコいいこと言ったぐらいで、若いもんどもにはあんまりかまうこともなく地球へ降りていっちゃうし。

 ティターンズはフォン・ブラウン市を制圧するアポロ作戦を実施。ナレーションではここが戦略上重要だと言っているんですけど、シロッコの想定外の突出があったにせよ、グラナダからの増援の展開が遅れたエゥーゴは、あっけなくティターンズによる占領を許してしまうし。逆にティターンズも、エゥーゴの反撃にあうとあっさり撤退するし。シロッコとジャマイカンの確執はあるにしても、何となく解せない感じ。

 で、そういう大事なはずのときにまた、エースパイロットであるクワトロを、何もブレックスの護衛にしなくてもいいじゃないかとも思うんですが。それだけカミーユも戦力としてあてにされてきたということもあるかな。それから、徐々にクワトロに政治向きの仕事もさせようという思惑もあったのかも。

 連邦議会はティターンズに牛耳られているようですが、ブレックスさんって政治力はあったんでしょうか。正直よく分かりません。暗殺しなきゃならない程度にはティターンズにとって邪魔な存在だった、と思うべきなのか。
 マークII強奪のときみたいに非合法なテロ行為にも参加している一方で、合法的な政治活動もやっているというのがブレックスさん(&エゥーゴという組織)の不思議なところ。いちおう『逆襲のシャア』に向かっていく“シャア・アズナブルのドラマ”のドラマとして見れば、ハヤトに「何年かかっても地球連邦の首相に・・・」と言われていたような、もうひとつの可能性というものを示してくれているのでしょうがね。もうちょっとブレックスの下で政治活動の修行をしていればどうだったのか。

 それで、クワトロ不在のアーガマで、ティターンズ占領下のフォン・ブラウンへの潜入スパイをカミーユがやってますけど、うーん。適任者だったのかなぁ?柄にもなく、ちょっとクワトロの戦争マニアに似てきてないか?大丈夫かこいつ。
 で、案の定、見つかっちゃったところで、たまたま来合わせたジェリドとばったり。おかげでかえって助かっちゃうという少し強引な展開。未熟者筆頭のカツが乱入してきてしまうあたりを考えれば、カミーユもジェリドも、やっぱりまだまだ未熟者って感じ。ほとんど覚えていなかったんですが、アムロがカツにやった拳銃って、けっこうアイテムとして、いろいろ活躍してたんですね。

 このへんで初登場してきたヤザンっていうのは、ジェリドには足りないライバルの要素を担って出てきたような気がします。
 24話からオープニングが『水の星へ愛をこめて』に替わり、後半戦本格化という感じですが、作品スタート時に思い描いていたストーリーラインから変更になっていった部分というのはあるはずだと思うので、そのへんも含めて軌道修正的なポイントがどこかに見つからないだろうかと、気にしながら見ているんですが、なかなかポイントがつかめません。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(1)

[tag] Zガンダム fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> アズナブル議員

初めまして、囚人さんのレビューを楽しく拝見させて頂いております。
シャアがブレックスのとこでもっと政治をやってたらというお話で、少し考えてみました。
ハヤトの何年かかっても、という意見は「民主主義の市民」として理解できるし、アムロやブライトも同意見だったわけですが、いかんせん肝心のシャアは民主主義なんぞ毛ほども信用してなかったんだろうなと推測してしまう訳で。
なんせシャアが育った環境はジオン生前はいわばロナ家のような立派な跡継ぎ扱い、青年期は復讐しか頭にない毎日。ガルマとはやや異なれど、シャアも充分お坊ちゃん育ち。とこの辺はオリジンで安彦先生も描いてました。
まー視野が狭くなるのは当然なんですが、社会的にザビ家を告発することも出来ない連邦の民主制に、とことん失望して育ってきたシャアには連邦を構成する市民は愚民にしか見えなかったのかな、と。銀河英雄伝説のラインハルトもある意味似ています。
人類のニュータイプへの目覚めを待つと言いながら、他人、ことにオールドタイプとみなす人間は全然信用してない、矛盾です(笑)。
もしブレックスが健在でエゥーゴが勝ったとしたら。またはアクシズが無事地球に落ちていたら。アムロが逆襲で指摘したように、シャアは世捨て人になるしかない、「ララァ誰も私を理解しようとしない」とか鬱々としている老後のシャアなんて絵が想像できてしまう。富野御大もその辺仮定した上で物語を構成してたんでしょう。
シャアに限らず、富野御大が描く指導者はみんな偏った人ばかりですが、そのせいでアムロたち下っ端が常識人に見えてくるのは富野マジックなんでしょうか。クワトロに比べるとカツさえ筋が通った物言いな気がしてくるのが不思議です(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1418-7195a639

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。