スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士Zガンダム』 第1話「黒いガンダム」/第2話「旅立ち」 

[2008/12/02] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 いつも行っているTSUTAYAには、けしからんことに『海のトリトン』も『勇者ライディーン』も『戦闘メカ ザブングル』も置いてないのです。(これでも県下最大のはずなんですが…。)

機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I (Blu-ray Disc) 機動戦士Zガンダム Part I ― メモリアルボックス版 [DVD]

 ごく個人的な話。このブログは3年前から書いているんですけど、はじめは何を書くのかあまりはっきりとは決まってませんでした。というより、(初期から読んでくださってる皆さんはご存知ですが、)ブログを書き始める少し前までは、私はあまりアニメを見てなかったんですよ。
 そんな私の奥底に眠っていた昔々のアニメ大好きっ子の残り火に、見事に燃料を注いでしまったのは、二十年の時代を超えて、あの『Zガンダム』の劇場版を富野監督みずからが製作するという信じられないような事件(私にとってはほとんど事件と言っていいです)だったと思います。いわゆる“新訳Z”ですね。

 前置きが長いんですが、要するにTVアニメ版の『Zガンダム』は、どこか鬼門のような気がして久しく遠ざけてあったのであります。ただ、同じように敬遠してきた富野小説を、最近は楽しく読めるようになったし、それにこのブログを書き始めて以来、簡単に手の届く範囲では、他の富野アニメをひと通り見てしまったし。そろそろ年貢を納めて見直してみようかと。

 そんなことでありまして。構えて見ずにはいられない『機動戦士Zガンダム』なのですが。思い切って見てしまえば、「変哲のない続編か・・・」と思わないでもないです。とりあえずは。
 今になって考えてみると、たぶんオンエア当時も、この「続編」というのに激しい抵抗感(というか拒否反応)があって、はじめから構えて見てしまったのが、この『Zガンダム』だったようです。私はガンダムエイジというよりは、むしろ『ヤマト』世代でありまして、(これは同世代の人にはある程度分かってもらえると思うのですけど、)『完結篇』までヤマトを見せられた身にとっては、「続編」というものにはもうそれだけで苦々しい思いがあったのです。
 アニメ史的にも『Zガンダム』というのは、ひとつのブームの“終わりの始まり”という言い方もされる作品ですが、個人史的にもそのように作用した部分があった作品で、簡単に言ってしまえば、「富野よ、お前もか!」という憤慨やら失望やらですね。

 ゼータ・ガンダムの世界は、前作の7年後、8年後に近い7年後の時代に設定した。
 当然、かつてのレギュラー・メンバーたちは、それだけ歳をとっている。
 そして、サブ・アタック・タイトルは、『逆襲のシャア』である。同時にこれが、本物語のテーマでもある。
 なぜこのようにしたのか?
 パート2物のパターンを変えたいからに他ならない。
 他意はない。

 あの頃、言い訳は聞きたくありませんでしたねー。今にして思えば、いろいろ言っていることは分かるんですけど。
 「機動戦士Zガンダム - だからtominoは・・・」のおかげでさっとこういうテキストが読めるんで嬉しいんですが、スタート時には『逆襲のシャア』の部分まで4クールの中で一気に物語が進む予定だったのですね。
 シャア(というかクワトロというか)とカミーユのファーストコンタクトがなかなか面白いなと思いながら見ていて、はたと気付いたんですが、『逆襲のシャア』でばったり出くわしたクェス・パラヤをうまうまと仲間に引き入れていったやりくちと、展開としてはよく似てるんですね。なかなか不思議な…。

 で、クェスもよく分からん娘だったわけですが、このカミーユという少年も(新訳を経てきても、やっぱり)分かりにくいキレかたをしているなと思います。彼が主人公という常識をはずして見れば、「ああ、この子は少し心を病んでいるところがあるんだろうな」というのが素直な理解です。
 ただ彼がジェリドを殴った瞬間だけを取り出して言うべきでもなくて。エピソード全体を眺めてみたときには、カミーユに限らずちょっとあきれるぐらいに誰も彼もが殴る殴る殴る・・・。(笑)
 ティターンズの連中がブライトを袋叩きにするのなんかは「悪役だから」という分かりやすい理解もあるんですが、カミーユ登場ののっけから、ハイスクールの空手部の先輩に殴られてますし、どうもここまで見ただけで少なくともグリーンノア(グリプス)という物語空間では、ちょっとムカついたら殴っちゃうという社会の空気が蔓延してる感じがあります。病んでいるのはカミーユだけではなく、社会全体がどうやら少し病んでいる。ここはきちんと見ておくべきなのかもしれないですね。

機動戦士Zガンダム 1 [DVD]

 それは物語作者の表現意図でもあるのでしょうが、「一年戦争」でギレン・ザビの大虐殺をまのあたりにしてきた人心が、人間を大事にするよりもむしろ、それでもそもそも人口は多過ぎるんだという荒んだ意識を底流に持つようになっているというのは理解できるような気がします。

 その辺を踏まえて。ぶつぶつと独り言をつぶやきながら危険を冒してグリプスの偵察に乗り出してきたシャア=クワトロの行動を見ていると、もちろんティターンズという存在は許せないのかもしれないけれど、戦いのスリルに憑かれた戦争マニアっぽいところもあるようです。うん。
 民間人だって住んでいるコロニーに平気で穴は開けるし、ミラーを狙ったとはいえアーガマもコロニーに発砲しているし。うわー、エゥーゴって、こんなにテロリストしていたかなぁ、と。今さらながら。
 この時代のモビルスーツは、撃墜されてもあまりひどい爆発をしないんで、まだ助かりますね。(笑)

 物語の冒頭で、リックディアス三機が俗に言う「お肌のふれあい」会話をしていたのが妙に印象に残って、まあミノフスキー粒子があるので、こういう変な絵づらになりますという面白い小芝居なんですけど。そう考えると、作りたくなかった続編を作らされた作者の気分を反映して、物語も荒くなってるというわけでもなさそうです。
 何気ないところでフランクリン・ビダンが“ガンダムMarkII”を「あんなもの」と言っていたり。そういう芝居の組み立ては富野監督らしく、かなり緻密だなぁと。それなのに、やっぱり取っ付きにくく思えるのは、この物語空間に蔓延している“荒れた空気”の説明が、さすがにやや不足しているのかなぁと。

 カミーユの行動のバックボーンとしては、「連邦軍は嫌い、ティターンズはもっと嫌い」といったような部分が、ここから描写されてくるわけで、まあ何だか知っているけど覚えていない物語を見ているような、不思議な按配です。(笑)
 「宇宙は慣れないもんで」とかクワトロに言っていた次の瞬間に「懐かしい感じ」と独り言をつぶやいているあたりは、カミーユも可愛いところがありますね。
 細かいところではリアルタイム当時の気分を思い出しようもないんですが、「うわー、ガンダムが黒いよー」とか、「ガンダムの二号機とか三号機とか言っている!」とか、その辺でけっこう盛り上がったりもしていたんだろうなー・・・。(遠い目・・・。)

 ここからどんどんとのっぴきならないところにカミーユは向かって行っちゃいますから、『逆襲のシャア』まで地続きの物語だったとしたら、どんなストーリーだったんだろうかと空想してみたりできるのも、最初の今のうちかもしれないですね。最後に行き着くべきところにまで、行き着くことができなかった主人公のストーリーなのかなぁ。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(3)

[tag] Zガンダム fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 待ってました

やはり囚人022さんの富野作品レビューは刺激ですね。いろいろ私がどうしても気付けない「世代の目」が含んでいて、本当に面白いです。

>

シャアはNTとしての才能を持った同士(手駒)を常に欲しがってますからね

私の周囲では「Zガンダムのデザインがどうなるか?」で盛り上がってました。
5月発売ごろの講談社のムック本で線画のデザインが初公開されて、それを手書きで写したのを思い出します。
まさか本編登場があそこまで遅くなるとは…

そういや、7年前は部下にやらせた連邦の秘密兵器(ガンダム)の偵察を
今度は自分自身が主導でやってるんですね
人を使うことについて、シャアには自分自身の中でぶれがあるのかもしれません

基本的には、他人の能力を見下している(実際7年前はそれで失敗した)ので自分自身がやったほうが早いと思っているけど、
立場的に部下とか若いのに対して指導する側に立たなきゃ、と思うと上司(先輩)ぶって見せると(人を使う能力も自分はあるよん、と自分自身で思いたいだけ)。

>

いま、「青い」やつでZガンダムを見直しているのですが、
フィルムのゴミがときおり散見されるのは残念ですが、
色彩が非常に鮮やかで、SD画質でもブルーレイは力を発揮しているなあと思いました。

第1、2話の両方で
シャアがカミーユの息遣い(プレッシャー)を感じて
「アムロ=レイ? ララァ=スンか」
と言うシーンがありますが、
1話のは「~、ララァ=スンか」と一旦納得しかけているニュアンスで
2話では「~、ララァ=スン? いや違う~」と本当に誰か分からなくなってる言い方になっていました。

シャア自身も宇宙(そら)にいる限り
ララァの声は聞こえてはいるのだけど、
アムロほどはっきりとは聞こえないのだな、
という
ニュータイプの能力差みたいなものも併せて感じてしまいます。
だから、アムロは宇宙に上がるのを嫌がったし、
だから、シャアはNT能力についてのコンプレックスを感じ続けたのかと

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1384-9de0d107

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。