スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善良な市民さんは、なぜタコツボを見つけては急降下爆撃するのか 

[2008/11/20] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

宇野さんあたりはタコツボを見つけては急降下爆撃してるような気がするけど、アレは何なんだろう?

 「アニメ批評のタコツボ化」という話をしていた前のエントリー(「批評はうざい、面倒くさい」・・・とは私は言いたくありません。)で、ちょっとこういうことを書いたんですけど、頭の中でぐるぐるしてるので、とりあえずメモ。

 タコツボというのは、もう少しスマートな表現に直せば「島宇宙」という言い方もありますが。

  1. そもそも、なぜタコツボが生まれるのか、なぜタコツボに安住しようとするのか、なぜタコツボ批判はここまで反発をくらうのか?が彼の批評にはある。
  2. やはり宇野さんは世代的に90年代チルドレンで、オウム事件を見て、つくづくタコツボはまずい、と思ったクチ・・・である。
  3. このタコツボ化こそが、今の時代の文化的なクリティカルポイントだ・・・と彼は判断している。

 正直言うと、私にはそこまで『ゼロ年代の想像力』が読解できていませんが、こういうようなアドバイスをいただいたので、そういう理解の下に、ダメな富野アニメファンらしい連想ゲームを。

  • 地球の重力=いわゆる「大きな物語」
  • ユニバーサル・センチュリー=「大きな物語」の失われた中に人々が暮らす時代
  • 重力に魂を引かれた者たち=「大きな物語」の夢を忘れられない人々
  • ニュータイプ=「大きな物語」の失われた過酷な環境をサヴァイブするために適応した人々

 まあ、めちゃくちゃ荒いですが、概略こんなような話だとして。(笑)

 たぶん宇野さんは、“人類みんなをニュータイプに進化させなきゃならない”と、けっこう本気で思っている・・・のかも。

 で、意識としては、重力に魂を引かれた者たちを粛清するために、アクシズを頭上から落っことしている・・・のであったりするのかも。

 ただ、この例えだとどっちかと言えば、それぞれが引きこもっているタコツボは、“地球”というよりは、宇宙に投げ出された人類が、そこで子を産み、育て、そして死んでゆくほかはない、“スペースコロニー”のほうなんではなかろうか、と私などは思ったり。
 そこにはいくつかのラグランジュポイント(サイド1・文学、サイド2・美術、サイド3・音楽、サイド4・映画・・・そして一番新しい建設途上のサイドにコミックやらアニメやら・・・)があって、ポイントの周りをぐるぐるとしながら、その各サイドの中でまた喧々諤々とやりあいつつ、それぞれのバンチ(コロニー)ごとに引きこもっている、・・・みたいな。(笑)

 で、もちろん地球上でぬくぬくと既得権益にぶら下がっている「エリート官僚」みたいなのがいるのもたしかだと思うんですよ。よく分かんないけど文壇とか画壇とかの偉い人とか、たぶんそんなの。人類のほとんどが今やスペースコロニーで子を産み、育て、そして死んでゆく時代なのに、そういうのに全然関係なく、のほほんとしていられる一部の人たち。その価値観こそが、永遠不滅の権威だよっていうスタンス。
 そういうものたちは「私、善良な市民が粛清しようというのだよ!」っていう思想なのであれば、それは分からないでもないのでした。

 でも、なんか違う印象が一方ではあるみたいなのね。

 タコツボへの引きこもりを見つけては攻撃するスタンスは、ニュータイプには覚醒してないスペースノイドにとっては、これは“コロニー潰し”にしか見えないわけですよ。
 かつてサイドの覇権を争ってコロニー同士で争うことはあっても、コロニーに穴を開けることは互いに暗黙のタブーだったのが宇宙世紀のスペースノイドだったはずなんだけど、そういうのも馴れ合いだとして否定しちゃってる感じとでもいうか。

 穏やかに人類全体のニュータイプへの覚醒を待つ・・・どころじゃなくて、スペースコロニーからさえ人々を追い立てて、虚空の戦場に身を置くことで、性急にニュータイプへの覚醒を促そうという姿勢に見えてしまう。

 あるいはスペースノイドたちをコロニーに安住させていると、彼らは決まってマリア思想みたいな怪しいものにひたり始め、しまいにはエンジェル・ハィロゥみたいなものを作って人類全体を精神退行へと誘っちゃうのだとおっしゃるのか?(笑)

 スペースコロニーにはたしかに害があって、すべてが人工物でできた環境の中は、むしろ地上より清潔で快適ではあるのだけど、そうした中で人は健やかではいられないだろう、という問題意識の持ち方はあると思います。

 んー・・・。あんまりたとえ話にこだわって考えてしまうのでは、よくないのでありますが。どうも、その辺で私レベルの想像力は、袋小路に入っていってしまうのでありました。

 そもそも、人々が母なる大地を離れて宇宙暮らしをはじめなくてはならなかったのは、肥大する一方の各個人のエゴを抑えるすべを見つけることが出来ず、このままでは地球そのものが人間のエゴで潰れてしまうところまで来てしまったことが理由でありました。
 ここでは地球の環境を、本来の健やかなものに戻すことが大事なのであります。・・・で、その大事な地球の環境というのは、このたとえ話の構造で言ったら何に当たるのでしょうかねー?(はて?)

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(3)

[tag] サブカルチャー fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 災害資本主義

ナオミ・クラインさんの災害資本主義かもしれません。
ようつべで検索するとヒットするインタビューはおすすめです。

> はじめまして

はじめまして。かれこれ一年くらい前からブログ読ませてもらってます。

「大事な地球の環境」ってのは、健やかなひととひとの繋がりみたいなもんでしょぅか?w

これからも囚人さんのブログ楽しみにしています。
がんばってくださいねv-298

> アニメじゃない

囚人022さんは地球環境問題に関心を深められているのですね。『ナウシカ』もそうだけれど、まさにアニメじゃないという状況なのでしょう。

ナオミ・クラインさんのインタヴューを見て思い出したのはエンジェル・ハイロゥのことです。支配する対象を幼児退行させる研究が現実にされていたというのです。そいうわけで言及しました。

付け足し:
あとスペースコロニーは「島宇宙」と訳すこともあるけれど、直訳すると宇宙植民地です。宇野さんの攻撃している対象が、もし、スペースコロニーなら、攻撃は地球からで、つまり、囚人022さんの比喩を一貫させると、宇野さんは地球連邦軍なのではないですか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1376-4888dfea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。