スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秒速5センチメートル」(新海誠) 

[2008/11/07] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 初恋の思い出。・・・これって、アベックで見たら、さぞ気まずい映画なのでしょうね。(笑)

 初恋の人と、そのまま生涯パートナーでいられる人ってどのぐらいいるんだろう? もちろん皆無ではないのでしょうけど。それと、今これを見ている時点で、そういうパートナーが傍らにいる人と、そういう人を探し続けている人とで、また見えかたがぜんぜん違ってくる映画なんだろうか、とか。あるいは、女の人から見たらどうなんでしょう? とか。

秒速5センチメートル 通常版

 私は自分の初恋のひとのことを痛切に思い出しながらしか、この作品を見ることは出来なかったです。切なかったなぁ・・・。
 私もふるさとを遠く離れて暮らしていますので、たまに帰郷すると、高校時代に乗降していた駅などでは、思わず目があちこちしてしまいます。偶然の出会いなんてそうそうあるわけがないし、会ってもいったい何を・・・ねぇ?

 ・・・などと書き始めてしまったら恥ずかしくなってきたので、それはまあ置いておいて(苦笑)。いや、いい作品でした!(ああ。そういえば、忘れていましたけど、同じ新海監督の『雲の向こう、約束の場所』の感想でも、個人的な思い出話を始めてしまったんだった! どうも、この人の作品を見ると、そういうほうのスイッチが入っちゃうみたいです。私の場合。)

 私は『ほしのこえ』は自分で驚くぐらい拒否反応だったんですけど、前の二作にあったSF的な部分は、この『秒速5センチメートル』にはありません。描写もまったくのリアリズムで、(不要ではと思うほど)現実感のある舞台の設定。
 はて、アニメでこれをやる意味はどうなんだろうかと思ったりもしたのですが、アニメだからこそいいんだろうなと思い直し。
 この作品で素晴らしく美しいのは背景美術と音楽なのだと思います。キャラクターの印象は薄い。ストーリーも短編小説というより、むしろ散文詩のような感じかも。三つの短編からなる構成は、新海監督のそういう性質によくあってる感じでした。

 押井守と比べてみたりしたらいいんだろうか? 『スカイ・クロラ』も美術と音楽が美しい映画でした。押井さんの場合は都市風景の美しさの印象が強いけど、『スカイ・クロラ』の空はとても美しかった。

 すごくシンプルな『源氏物語』の人物造形のことを富野監督が何て言ってたのか忘れちゃいましたけど、あっさりとしているから感情移入できるというのはあるような気がします。生身の役者など見せられたのでは自分の思い出が投影できない。そういう意味では、第二話あたりでの主人公は、若干カッコよく描かれすぎている気がして遺憾でした。(笑)

 いろんな人が指摘してたと思いますが、新海監督の作品は、過去に囚われて後ろ向きな物語ばかりだと私も思います。「5センチっていうより、オセンチだろっ!」って言いたいぐらい。(笑)

だから、セカイ系以上に「駄目な匂い」のするこの『秒速5センチメートル』は、まず間違いなく現代人、特に「つい過去ばかりに囚われてしまう人」や「今が幸せだとは感じられない人」、言ってしまえば「俺のモテ期はとっくにすべて終わったぜ!」とか思っている童貞少年たちには実によいリハビリテーションになるだろう。『秒速5センチメートル』は本当に最高のエンタテインメントなのだ。アニメーションの美麗さとかそういう点ではなく、ひたすらストレート過ぎていくらなんでも病みすぎているだろうと思われるくらいのその内容ゆえに。

 「つい過去ばかりに囚われてしまう人」、「今が幸せだとは感じられない人」・・・いやぁ、見事に言い当てられている(笑)。意外に耳が痛いと思わないのは、たぶん『ほしのこえ』を見た時点でさすがに後ろ向きの私も「これをよしとしてしまったら・・・たぶん私はダメだろう」と自覚されたから、ある程度は承知で作品に接しているからなのかも。

 ただ、新海監督の作品はたしかに『ほしのこえ』以来の痛さを引きずり続けているけど、一作ごとにその痛さを煮詰めてきているというか。むしろ明確にその痛みに焦点を絞ってきているように思えるところは、注視していてもいいのかなぁと。

過剰に美しい映像によって何か純愛ドラマであるかのように思えるけど、情けない男の情けない話を描いた作品である。よって私としてはこの作品は断固支持。

 これが正しい見方だと思います。美しい映像なんて、正直言えば私にはわりとどうでもよかったりするのかも。
 それでも私のような人間には、この情けない男の情けない物語が本当に最高のエンターテイメントになってしまう。それだけに、この甘美なおセンチに浸りきってしまったらヤバいわけなんですけど、新海監督もそこのギリギリの縁を直視しようとしているんじゃないかと思うので。いや、面白かったです。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1365-7f80b5c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。