スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説『機動戦士Vガンダム』 読み終わっちゃいました 

[2008/11/05] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 第一巻の感想を書いたときは、一巻ずつ感想を書くつもりだったんですが、あれよあれよと全部読み終えてしまいました。うん。大変面白かったです。なんて言えばいいんだろう?TVアニメ版が嘘のように、ちゃんと物語になっていました。ストーリーを追っていくもう一方で、だから、こういうものをアニメの製作と同時進行で書いていながら、なんでアニメはああいうふうになっちゃったんだろうかと、もうそればっかりが頭の中ではぐるんぐるんと渦巻いちゃいましたけど。

 出だしで調子が狂ったのと、あとは・・・アニメにあって小説にはない大きなものといえば、・・・“バイク戦艦”ですか?バンダイの介入で出さざるを得なくなったアレが、けっこう致命傷だったんですかねぇ。

 アニメと比べて、舞台まわし役として、クロノクル・アシャーの役割が大きかったというか、その視点が重要でした。・・・けど、やっぱり彼の最期はあっけなくて。あと、カテジナさんの狂いっぷりがアニメの毒電波な感じではなくて。強化人間にされてしまった存在として、普通にかわいそうだったのは意外でした。

 エンジェル・ハイロゥが、『逆襲のシャア』のラストみたいに地球を取り巻くリングにでもなるのかとハラハラ(?)しながら読んでいましたら、あにはからんや、一部とはいえ『発動篇』に吹っ飛んでいったのにもびっくり。

 しかしそれにしてもだれることなくラストアクションまで一気に物語が走っていて、テンポは良かったです。小説としては、だからよく出来ていた、まとまっていたというべきなんでしょうか。アニメを見ていて「?」だったことの多くがきちんと説明がついていて、なんだそうだったのか、そういう意図だったのね、と納得したところも数知れず。
 そう思いながらもう一度アニメを見返したら違って見えてくるのかもしれないですけど・・・。でも、あのフィルムだけを見て、こういうドラマとして理解することは、・・・私には無理だった気がします。正直な話。

 それと同時に、あのアニメ版の、特に終盤の、もうむんむんとするほどの狂気が。あれほどのものは、この小説の行間からは伝わってこなかったような気がするという、まったく矛盾しきった思いも一方ではあって。いくらなんでも贅沢なことを言ってるような気も自分でしますけど。
 逆に、まったくアニメを見たことがなくて、この小説だけを読んでいたら、どういう感想を持っていたんだろうかと考え込んでみたりもしますが。してみると、あのアニメがひどく自分の中に強烈な印象として残っていたことを、改めて認識してみたりもします。

 思いがけず、ラストが一気に筆をおいたという感じでまとまってしまって。いや、なんか、それでかえって。激しく混乱しています。何ていうか、それが正直な感想ですね。

関連記事

コメント

> 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1361-c57463b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。