スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『無限のリヴァイアス』 最終話まで 意外にすっきりしたラストでした 

[2008/10/20] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 いろいろかまけておりまして、全部見終わっての感想をまだ書いていませんでしたね。

 「しかし、あと一巻で完結・・・するのか、この話は?」と前回には書いていたんですけど、こういう終わり方でしたか!なんだか「えぇーっ?」って感じもなくはないんだけど、でも、ここにたどり着くためにここまでのしんどい話があったっていうのは、何となくだけど納得できて、印象が悪くないのは不思議な感じです。

無限のリヴァイアス Vol.9

 あの場面で、コウジが「おおっ!?」っていうぐらいがんばったんだけど、でも無理やり(物語の都合上)っていう感じではなくて、ここまでこう来ていれば、彼はそうできるかもしれないという描き方をされてきていたような。
 ・・・というのも私に確信があって言ってるわけじゃあなくて、妙に「そうか・・・そうだよな。」と納得をしてしまったので、たぶんそういうことだったんだろうと逆向きに思い返してるような気もします。(笑)

 なんでしょうかね?自分の無力さをつくづく味わいつくして、そのときに傍に女の子がいてくれて、そんなお互い同士をそれでも認め合うことができたなら・・・みたいなことなんでしょうかね。ダメなやつっぷりに親近感が持てるのか、それとも近親憎悪を感じるのか、微妙な主人公ではありましたけど、あんだけひどい目にあったから、最後にそのぐらいがんばらせてやっても「まあ、いいか」、っていうようなところですかねー。これも一つの成長譚だったということでしょうか。
 状況に流される主人公のつらさが視聴者にもしんどいドラマをずっと見てきて、最後に主人公がようやく意を決して立ち上がったところ(普通はここからがドラマだ!)で唐突にドラマが終わる。なつかしの『中学生日記』のパターンにも似てますね。これは決して悪口ではないですけど。(笑)

 第一話の構成をなぞってみせた最終回では、主人公らの成長ぶりがよく分かり、その方面ではいろいろ丁寧な作品でした。その分、SF的な物語(っていうか背景の世界観)のオチは、最後にチラッと暗示的に見せておしまい。ま、そんなもんか。

 谷口悟朗、やはり曲者だったな(笑)という作品でした。

関連記事

コメント

> 個人的な印象を言えば

主人公周りは
常に「危ういバランス」で維持されている関係性で
クライマックスでは、
それが一旦完全に崩壊する→その再生
いう話が多かったように記憶しています。

スタジオオルフェの得意とするパターンなのではないかと感じています。
全部が全部そんなのじゃないですし、一般的なストーリー構築のパターンのひとつとして十分ありうるものとも考えられます。

リヴァイアスだと、能力的には最弱の主人公にとって重要かつ最後のよすがである親友との関係がぶっ壊れてます。弟との断絶がおまけにしか見えないあたり、物語のキーは前者にあったのでしょう。

「プリティサミー」だと20話あたりで互いの正体ばれが来て、友情の再生が行われますし(その後、ギャグのような最終章が…)。
「大運動会」だと5,6話の初期段階でヘタレ主人公と親友との大喧嘩が来て、友情回復後に主人公覚醒しますし(その後、2クール目は主人公周りのキャラがまったく変わった第2部、ギャグに近い最終章)

「MAICO2010」のも勝手人間ぞろいの主役ラジオスタッフ間の不和が起こってますし、
「エクセルサーガ」も盲目的忠誠の相手であるイルパラに置いてけぼりにされるあたりは、それっぽい

「ROD・TV」も3姉妹の関係が一旦崩壊してますな

OOだと主人公周りの関係(友情とか信頼)が、あって無いような状態からスタートして1期終盤でこうちくされるという逆パターンで来ていますが、
第2期で一度ぶっ壊す予定なのでしょうかね?
「危うさ」となる火種をわざとらしく見せてますけど。

> パターンの快楽

>スタジオオルフェの得意とするパターンなのではないかと感じています。

ストーリーの楽しみって、煎じ詰めれば、パターンの快楽ですよね。フロイトの言葉を引けば反復強迫あるいは「死の欲動」ですか。ネタバレもなにも、スタジオオルフェと聞けば、あのパターンだ、ストーリーの先の先まで読めてしまう。あとはそれを確かめるために放送を追いかける、という、これはもうアニメファンの宿命です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1353-cb869230

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。