スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野監督の「影響」というのでは格別なくってですね・・・ 

[2008/10/07] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 日経ビジネスオンラインでの谷口悟朗監督のインタビューについて、まとまらない感想を書いたところ、いろいろコメントをいただきまして、ありがとうございました。

 谷口悟朗という人に関心を持ったときに、私の貧しい知識の中では、富野由悠季という先人と比較対照してみるやり方しか知らないので、このようになってしまいました。私は職業評論家ではありませんし、読者の皆さんに自分の考え方、感じ方への共感を強いるつもりもありません。書くことを通じて考えているだけですので、異論反論、大歓迎であります。

 このブログの読者には多いであろう富野アニメ好きな人の中には、谷口作品に“近親憎悪”のようなものを感じると言っている人もいます。ですが私は少なくとも『コードギアス』は面白かったので、二人の共通するところ、違うところ、いろいろ考えてみたいと思っているところなのです。

 ご指摘のとおり、インタビューの中で谷口監督は、あまり富野アニメを見ていないと言ってます。私が書いたのも、作品の内容面の話ではなくて、「アニメーター出身ではない監督」という立ち位置の話をしたつもりだったんですが、わかりにくくてすみません。

「当時の演出家はほとんどがアニメーター出身なの。テレビシリーズのスピードに合わせて絵コンテを切っていくには絵が描けねえと結構しんどくて、当時日大の映画科出身者なんかが演出を目指したが、そのあたりで躓(つまづ)いてアニメーター以外の演出は虫プロではなかなか育たなかった。例外が富野さんね。彼だけが負けん気と才能と努力でその壁を越えて行った。」

 これは高橋良輔監督の「新・小説VOTOMS いちぶんの一」という連載の中の言葉です。そこで言われていた、かつての「アニメーター至上主義」という言葉と、谷口インタビューの中にあった「クリエイター至上主義」という言葉はよく似ていますよね。

 たぶん谷口監督は、富野監督を特別リスペクトなどしてないのだろうと私は思います。
 ただ「是非の両面」と私が書いたのは、同じサンライズで同じくアニメーター出身でない監督が仕事をするのに、先人の業績の功と罪は当然思慮に入っているんだろうと私が思ったからに過ぎません。「罪」のほうで言えば、反面教師ということにもなるでしょうね。

「歌舞伎や落語も生き残るために権威を必要とした。アニメも同じです。なら、今考えねばならないのは、その権威を護るのか、壊すのか。」

 恣意的な妄想で何が言いたいんだろうかと問われると、その当然のことをいちおう書いてみて、自分で呑み込みたかっただけのことで、格別それ以上の趣旨もない自分用のメモです。
 ただ、この辺の話は、富野監督が近ごろよく言っておられる「芸能」とか「エンターテイメント」とかの話に引きつけて読むことはできますよね。(言い回しが違う分だけ、かえって分かりやすい部分もある。ただ、富野監督が言ってさえ「・・・?」と思ってしまいがちな、なかなか難しい話ではあります。)
 影響を受けるといった関係でないなら、なおさら、異口同音に同じような問題点を指摘しているのかどうか。そうしたあたり、ごく個人的な感想ですけれども、とにかく興味が尽きないのです。

関連記事

コメント

> 一アニメファンからの現状報告

アニメーター出身ではないアニメ監督は現状ではたくさんおられます。たとえば、佐藤順一さん、大地丙太郎さん、水島努さん、米たにヨシトモさん(ryです。引用されている高橋良輔さんの文中の「当時」というのは、あくまで「当時」であって、むしろ90年代はアニメーター出身ではないアニメ監督こそ注目されていたように記憶しています。ちなみに、いま、代々木アニメーション学院のカリキュラムを確かめたのですが、アニメーター科とアニメ制作科は別なのですね。したがって、ある特定のアニメ監督を、アニメーター出身でない、という理由だけから見ても、現状にはそぐわないのです。

しかし、それではなぜ、谷口悟朗さんは自身がアニメーター出身ではないことに言及されたのか。わたしなりの理解を書きます。まず、最近の動向として、スターアニメーターによるアニメ作品が増えています。たんにアニメーターを経験した人ではなくて、アニメーターとして大成したスターです。湯浅政明さん、磯光雄さん、今石洋之さん(ryです。とくに昨年に『電脳コイル』と『グレンラガン』が注目されたことも記憶に新しいです。そのようなアニメにおける流行を意識された上での発言なのではないでしょうか。

> ご指摘ありがとうございます

私などは、谷口監督が言うところの「オールド・アニメファン」だと思うので、「もともと自分たちも若いころ、大人からの価値観でアニメはだめだと押さえつけられたことに対して反発していた。その気持ちはわかる。ただ、その価値観を押しつけないようにして欲しい。」「ある一線以上、彼らの声を重視するのはよくない。」という発言を聞くと、反発も覚えるのです。
けれど、富野監督が言っていたのも似たような趣旨だったのかなぁ、と。高橋良輔監督が富野監督と似たようなことをモゴモゴ言っているなら分かるんですけどね。

90年代以降のアニメの潮流を私はほとんど理解していませんので、見当違いのことをしばしば言うかもしれません。またいろいろとご教示ください。

> 「オールド・アニメファン」

がってん、がってん、です。むしろ、私の方が富野神話にとらわれているのかもしれません。といいますのは、富野御大は、谷口悟朗さんのおっしゃるような「オールド・アニメファン」なんて、はなから眼中にないのだろう、と考えていたからです。

ちなみに、アニメーター湯浅政明さんは、「大人」という言葉をもちいてつぎのようなコメントをされています。「子どもたちがアニメから離れ、視聴層が大人に移ってきているのも、作品が画一化されてきているからではないか」(http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/20080428et04.htm)富野監督にせよ谷口監督にせよ、アニメーター出身である湯浅監督にせよ、自作を一部の好事家だけではなくて、多くの人たちに見てもらいたい、という思いはつよいのですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1344-374652c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。