スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉城真一郎を笑うものは玉城真一郎に泣くのだ 

[2008/10/02] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 いや、泣きはしないけど。(笑)

 「富野さんの作品の魅力はその世界観でいつまでも遊んでいたくなるところなのかも」とたんおさんもおっしゃっていたけど、『コードギアス』の物語も、まだしばらくは反芻したくなると言うか、私はそんな感じです。

 オレンジ君ことジェレミア・ゴッドバルトなどは、思いがけず人気が出てしまったのを受けて、話の勢いで物語の重要な部分を担っていったキャラクターのほうだろうと思います。第1期のラストで「なればこそ!オォォル、ハイル、ブリタァニアァァ♪」とか叫びながら戦い続け、ついには大事なヒロインの一人C.C.を道連れに深海へ没していった人が、物語の最後には美少女と一緒にオレンジ園で幸せに暮らすことになるとはね。(笑)
 同じような意味で、この玉城真一郎というキャラクターも、視聴者の反応を見ながら決まっていったキャラクターだと思います。オレンジ君以上に、物語を駆動していく重要な役割を果たすことは全然ないままで終わった人ですけど。

「何でみんなオレを馬鹿にするんだよー!」

 物語の重要なテーマをなぞりなおした最終回の緊迫した場面の中で、そんな彼が発した叫びが、どうも私には、後から後から気になってきてなりません。超人的な能力を持って物語の中を縦横無尽に活躍するキャラクターたちの間に放り込まれた、まるきり普通の人である玉城真一郎。
 作中で語られた彼の夢は、たしか公務員になることではなかったでしたっけ?まったく!何と凡庸な!
 身の程知らずに「俺はゼロの友だちなんだからよ」などと言い続け、いいところ見せようとはりきっては主役級の面々に鮮やかに瞬殺される最高の三枚目として、オーディエンスの嘲笑を集めまくった彼。物語の語り手からすれば、もともとは想定していなかったとっさのアドリブもこなすコメディリリーフ役を見事に演じきったと言えるでしょう。

 『コードギアス』は面白おかしくネタアニメとして見た人と、ベタに見た人の落差が大きい、ということをのりのりさんも言っておられましたけど、たぶんその通りなんでしょう。私なんかはベタに見たほうなのだと思います。ただ程度の問題で、ネタはネタとして楽しんだ面は当然のようにあるんで、私もまた玉城真一郎のイタさを嘲笑していた一人です。
 ただ、ねー・・・。(笑)

 ルルーシュは“ギアス”を抜きにしても、やっぱりすごい頭の持ち主。それを自分と同一視して友だち気取りでゼロの考えをあれこれと勝手に語ってみていた玉城の姿は、モニターのこちら側で、ゼロの物語の成り行きをあれやこれやと当て推量し、一喜一憂していたオーディエンスのうつし鏡でもあったわけで。
 そのことを、最終回で彼が発した叫びはいきなり突きつけてきた。

 玉城のセリフが発せられた、あの、次から次へセリフを語り継ぎながら、物語のテーマをなぞりなおして見せた場面の手法は、『エヴァンゲリオン』TV版のラストで言ったら、体育館のシーンみたいな感じかな、ということを前に書きました。そして、そういう意味で言うと、「何でみんなオレを馬鹿にするんだよー!」という玉城のセリフは、劇場版エヴァの中で、映画を見ているオーディエンスの姿自体をスクリーンに映してみせた、あのちゃぶ台返しに似ていると言えるでしょう。

 物語の枠組みをすっ飛ばしてしまって、物語の作り手がオーディエンスに対し、生なメッセージをぶつけてきた。あそこで重要視されたのは、そういうちゃぶ台返しという身振りの派手さ、大きさのほうだったのか?それともメッセージの内容のほうだったのか?

 ともかく、ああいうことは、いちいちちゃぶ台をひっくり返さなくてもまっとうな表現の一部としてやれるということが、玉城のおかげで私にも分かった気がします。ただ、物議をかもすような派手な身振りで見せ付けられないと、何を言ってみてもネタとして消費されるだけなのか、とか。いやエヴァンゲリオンだって、(リアルタイムで体験した人には受け入れがたいかもしれないけど)結局今にしてみれば、“ちゃぶ台返しというネタ”という目線を向けられるだけじゃないのか、とか。
 だけど、そんなことは百も承知で、芸は芸としてやり抜くことに意味があるのか、などとも。

 たかが「玉城真一郎」なんですが、けっこう彼のこと一つで考えさせられるものがあります。物語の主軸からずれたところ、物語の作り手と、オーディエンスをつなぐ位置にいた人物だから、なおさらそうなのでしょうね。うん。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(0)

[tag] コードギアス fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1342-0eda5d76

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。